« NTN株の買い注文が成立 | トップページ | ANA株の買い注文が成立 »

2006年2月 9日 (木)

免訴とは?

夕刊記事に、先の大戦中に雑誌編集者ら約60人が治安維持法違反で逮捕された「横浜事件」で、有罪判決を受けた元被告の再審判決で免訴が言い渡されたとの記事。名誉回復の為に白黒を争っている訴訟に免訴とは?これでは何の為の裁きなのか残念に思いました。私には難しい法解釈は出来ませんが、司法が判断を逃げてしまったと云う事だけは良く分かりました。

逃げると云えば私もひとつ、今日伺った顧問先先代社長の奥様は私が株取引をしているのをお知りでその手の話で盛り上がってしまいました。帰り際には、「富士通」株の売り時を教えてほしいとのおまけ付き。人に教える程のレベルじゃ到底ないし、株はあくまで自己責任の世界。上手に逃げてきました。

手持ち株の前日比 愛媛銀行株+5円 東邦ガス株+6円 クラリオン株+0円 NTN株-9円 手持ち株の損益-210,820円。

税理士バッキーの明日の注文銘柄 

買い①ANA株 始値-13円③大阪ガス株 始値-6円 

売り①クラリオン株 指値252円②NTN株 指値957円③東邦ガス株 指値480円

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« NTN株の買い注文が成立 | トップページ | ANA株の買い注文が成立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40720930

この記事へのトラックバック一覧です: 免訴とは?:

» 横浜事件再審は免訴 無罪の訴えかなわず [こんな本を読んだ。(漫画小説エッセイエログロ悪趣味芸術文学歴史思想学術雑学時事評論)]
判決理由「治安維持法の廃止と大赦により検察官の公訴権が消滅しており、元被告らには免訴を言い渡すべきだ」  同法違反罪での有罪判決から60年余り経過し、裁判記録のほとんどが失われた異例の再審。 横浜事件―言論弾圧の構図 横浜事件(よこはまじけん)とは、第... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 06時21分

« NTN株の買い注文が成立 | トップページ | ANA株の買い注文が成立 »