« 先週の投資成績 | トップページ | 昭和電工が約定 »

2006年5月21日 (日)

明日の日経平均は?

 明日の東証日経平均の動きを占う、先週末19日のNY各市場の指標動向では、外為市場の円相場は、前日比87銭円安・ドル高の111円64~74銭での取引。

原油先物相場は下落し、指標である米国産標準油種(WTI)の6月渡しは前日終値比0.92ドル安の1バレル=68.53ドルで取引。終値では約1カ月半ぶりの安値。

一番影響の大きい株式市場のダウ平均株価は4営業日ぶりに小幅反発し、前日比15・77ドル高の1万1144・06ドルでした。

単純に各指標だけで予想をすれば、明日の東証は値を上げるとの乱暴な予想となりますが、そんな簡単に進まないのが株式の世界ですよね。
先週の調整原因は、インフレ懸念で米国の株式市場が動揺した事に足を引っ張られ、下落の不安から投資家の売りマインドが高まったのが主因なのではと思います。
その意味では、非科学的ですが株価は上がる上がると思い込む事が必要ですね。

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« 先週の投資成績 | トップページ | 昭和電工が約定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721074

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の日経平均は?:

» 日経225 408円高♪ [ビジネスマンの投資]
今日はダウの上昇を受けて日経平均も大幅上昇の+408円↑ 世界の株価も軒並み上昇で、ボロボロになりかけていた私のポートフォリオもだいぶ回復しました。 この調子でトレンドが上向きになるとよいのですが、今のところマイナスですね今日のダウは。 来週から...... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 01時23分

« 先週の投資成績 | トップページ | 昭和電工が約定 »