« 昭和電工は5日続伸 | トップページ | 今月申告分が終了 »

2006年6月20日 (火)

光市の母子殺害事件について3

山口県光市の母子殺害事件で、1、2審で無期懲役の判決を受けた元会社員(25)(犯行時18歳)に対する上告審判決で、裁判長は、「計画性のなさや少年だったことを理由に死刑を回避した2審判決の量刑は甚だしく不当で、破棄しなければ著しく正義に反する」と述べ、広島高裁判決を破棄し、審理を差し戻した。同高裁で改めて審理されるが、元会社員に死刑判決が言い渡される可能性が極めて高くなった。   by 読売新聞

とりあえず、今日の判決には一先ずホットしました。願わくば、一歩進んで最高裁の自判で極刑が下される事を願っていましたが。やはりそこまでは難しかったみたいですね。

しかし、今回示された、犯行時に未成年か否かは死刑回避の決定的な理由にならないとの判断は、画期的な司法判断を示した事は大きな成果なのでは。
これまでは極悪事件でも未成年の犯行の場合、極刑を避け最初から無期懲役ありきの判決が、まかり通ってきて、命の保証のある無期懲役を逃げ場として犯行を行う卑怯な
輩すらもいたのである。今日を境に今後、少年事件での量刑判断に大きな影響を与えるのは必至ですね。 

最高裁で、あそこまで踏み込んだ判断を示した以上、下級審では被害者感情に沿った、まともな判決が下される可能性が高いと素人ながらに思っています。私も極刑が下る事を
支持します。今回の判断が、ああいった許せない犯行を踏み止まらせる抑止に、少しでもつながればと。

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« 昭和電工は5日続伸 | トップページ | 今月申告分が終了 »

コメント

本村さんにとって、どんな七年だったでしょうね。
長く苦しい七年だった事には違いないはずです。
最高裁差し戻し・・・
また闘いが始まりますね。
本村さんはもとより、この事件から社会は、そして私たちは何を学ぶか?
大きな課題を与えられた気がします。

投稿: 葉山晶一 | 2006年6月21日 (水) 19時38分

コメント有難うございます。
葉山さんのご意見と全く同様です。
あそこまで判断基準を明確にするのであれば
何とか自判してほしかったと思います。
被害者家族にすれば、一刻も早い刑の執行を
望むのは当然の事ですから。

大きな事は出来きませんが、せめて私達も社会
の理不尽な問題にだけは、関心を持ち続けて
いきたいですね。

投稿: バッキー | 2006年6月21日 (水) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721144

この記事へのトラックバック一覧です: 光市の母子殺害事件について3:

» 光市母子殺害事件。無期懲役の破棄・差し戻し・・・最高裁。 [Document_Not_Bound...]
これだけ重大な関心を持ちながら、全く勉強不足なワタシは、今日、この日に「死刑判... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 22時24分

» 光市母子殺害事件、最高裁は二審の無期判決を破棄、裁判の迅速化って?本村洋さんの苦悩の日々はまだまだ続くの? [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『山口県光市で99年、主婦(当時23)と長女(同11カ月)を殺害したとして殺人罪などに問われた元少年(25)に対し、最高裁第三小法廷(浜田邦夫裁判長)は20日、無期懲役とした二審・広島高裁判決を破棄し、差し戻す判決を言い渡した。 上告した検察側は「残虐....... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 22時53分

» ≪光市の母子殺害≫最高裁、無期懲役を破棄・差し戻し [局の独り言。]
光市の母子殺害、無期懲役を破棄・差し戻し…最高裁?  山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けた元会社員(25)(犯行時18歳)に対する上告審判決が20日、最高裁第3小法廷であった。  浜田邦... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 22時58分

» 光市事件。法律の壁を突き崩せ [かきなぐりプレス]
残虐な犯行を犯しながら当時が18歳だった。未成年者については極刑に処せないなんて現行法律が壁になっているようだ。 未成年者で計画性がなければ、更生の可能性を性善説は唱えていたが、ついに最高裁は以下の判決文を言い渡した。 事実上、無期懲役から死刑に変更されることが確定的となった。 山口県光市で99年、主婦(当時23)を強姦(ごうかん)しようとして死なせ、長女(同11カ月)も殺害したとして殺人と強姦致死、窃盗の各罪に問われた元少年(25)に対し、最高裁第三小法廷(浜田邦夫裁判長)は20... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 23時21分

» 山口母子殺害事件・最高裁判決「破棄差し戻し」(付記:判決文引用) [時評親爺]
20日付エキサイトニュース(毎日配信)と20日付朝日新聞が速報で伝えている。山口母子殺害事件の上告審判決で、最高裁第3小法廷は原審破棄・「差し戻し」となった。以下朝日新聞報道から重要部分を以下に抜粋・引用する(文中の太字・下線は筆者による)。 > 光市母子殺害事件、最高裁は二審の無期判決を破棄    2006年06月20日15時18分 > 山口県光市で99年、主婦(当時23)と長女(同11カ月)を殺害したとして殺人罪などに問われた元少年(25)に対し、 > 最高裁第三小法廷(浜田邦夫裁判長... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 00時26分

» ■山口光市母子殺害事件、最高裁が無期懲役を差し戻し [コレバナ〜裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト]
■山口光市母子殺害事件、最高裁が無期懲役を差し戻し山口県光市で、99年に母子が殺害された事件で、高裁で無期懲役の判決が下っていた当時18歳の元少年の上告審で、最高裁はこれを破棄し、高裁に差し戻した。これにより元少年の死刑の公算が大きくなった。当然と言えば....... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 09時14分

» 光市母子殺害 無期破棄 [王様の耳はロバの耳]
無期破棄、死刑の公算 山口母子殺害事件 (共同通信) - goo ニュース 事件の概要は3月15日の記事にまとめてあるし各社の報道に詳しい 簡単に触れると1999年4月山口県光市の団地の一室に当時18歳になったばかりの被告が強姦を目的に入り込み必死で抵抗する主婦(当時23)を絞殺の後欲情を遂げ母親の異状に気が付き這い寄ると長女(同11カ月)を床に投げつけそれでも泣きながら這い寄る子を再度投げつけそれでも泣き止まぬので絞殺するという残忍卑劣... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 10時19分

» 母子殺人事件の犯人のドキュン性と法の不備の露呈 [斬りまくり★プチセレブ日記No.9(裏)]
母子殺人事件犯人の手紙だって。関連記事もいろいろあるね。>誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そんな人物はこの世にはいないのだ。・・・こいつ、そんなに死ぬのが(殺されるのが)怖いのか。他人の命の重さとか、まったく考えた事なく、考えもせずに軽がると殺してた...... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 17時27分

» 暇つぶしのキモ☆ [VIVA!!!副収入♪]
みなさん、こんばんは♪ネットでどんどん稼いでいますかッ~???!ネットはお金のなる木!暇つぶししながら、ガンガン稼ごうじゃありませんか( [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 19時45分

« 昭和電工は5日続伸 | トップページ | 今月申告分が終了 »