« 体調不良 | トップページ | 広島市の女児殺害事件での求刑について »

2006年6月 9日 (金)

日経平均株価は激しく乱高下

宇部興産が少しだけ反発して7円高の323円。ここ最近の地合いの悪さが好転すれば、PER18倍は評価が高いと思います。PERの低さと云えば、今年の高値から2割近くも値を下げている、あの世界のトヨタ自動車もPER14倍とこれまた低い水準。私には真似出来ませんが、本来の株式投資のスタイルである長期保有に徹すれば、将来的には大きなリターンが期待出来るのではないかと思います。

日経平均株価は激しく乱高下。前日比192円高から243円安まで動いたみたいで、1日の値動きは何と400円超え。まだまだ先行きの不透明感が強まる中、投資家の不安定な心理状態を見事に表しているみたいです。

終値は前日比117円高の1万4750円と、やっと1週間ぶりに反発。何はともあれ、帰宅後にチェックしたガブボートの殆どが赤色(上昇)だったのでホットしました。ここ一週間、毎日毎日、真っ青(下げ)だったので日々のチェックも気乗りせず億劫でした。

手持ち株の前日比
新生銀行+19円  宇部興産+5円  ANA+8円  コスモ証券+11円  大阪ガス+1円  昭和電工+14円 愛媛銀行-1円 いすず+10円

手持ち株の含み損額  

ワースト記録を更新中。刺激が強いので少し回復するまでお待ち下さい   

税理士バッキー注文中の銘柄

売り①新生銀行 指値757円②宇部興産 指値343円③いすず 指値396円④昭和電工 指値502円

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« 体調不良 | トップページ | 広島市の女児殺害事件での求刑について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721119

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均株価は激しく乱高下:

« 体調不良 | トップページ | 広島市の女児殺害事件での求刑について »