« これが噂のトヨタビル | トップページ | ノスタルジックカーショ »

2006年6月16日 (金)

光市の母子殺害事件について

山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われ一、二審で無期懲役(求刑死刑)を言い渡された男性被告(25)=事件当時(18)=が20日の最高裁判決を前に「罪は重く極刑以外ないが、生きたい。悪人のまま終わりたくない」と話していることが15日、
関係者の話で分かった。被害者の遺族に謝罪の手紙を書き続けているという。

by中日新聞

この記事を読んでまず感じたのは、何を今頃になって反省の気持ちを表しているんだと。どうしても、本心から発した心境の吐露とは思えません。当初想定していた有期刑が取消され、極刑の可能性が高まってきた為に慌てて公表したようにしか感じられません。人権派弁護士の指示なのか?

たとえ、もし、本心から出た言葉であっても、やはり被告が起こした行為と被害者家族に与えた罪の重さとを秤にかければ、どれ程反省しようが、取り返しのつかない許しがたい罪であると思います。そう考えると、人の命を殺めた以上、命をもって反省の償いをするより方法が無いのでは。

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« これが噂のトヨタビル | トップページ | ノスタルジックカーショ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721136

この記事へのトラックバック一覧です: 光市の母子殺害事件について:

» 生きるも地獄・・・ [ピア 徒然見聞録]
光市母子殺害事件の被告が訴えているようです →goo共同:罪重いが生きたい 山口母子殺害の元少年被告 このエントリは非常に感情的になっています。また、不適切な表現や決め付けがあります。 ご注意ください。 罪重いが生きたい 山口母子殺害の元少... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 22時11分

» 山口母子殺害被告人のあるべき贖罪 [時評親爺]
15日付エキサイトニュース(共同配信)が、20日の最高裁判決を前にした、あの山口母子殺害事件の被告人の状況を伝えている。前掲ニュースから記事を引用する(引用文中の太字・下線は筆者による) > 罪重いが生きたい 山口母子殺害の元少年被告 [ 06月15日 19時36分 ]共同通信> 山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われ1、2審で無期懲役(求刑死刑)を言い渡された > 男性被告(25)=事件当時(18)=が20日の最高裁判決を前に「罪は重く極刑以外ないが、生きたい。 > 悪人のまま... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 00時14分

» [山口母子殺害事件]何かが変わるものなのでしょうか [BBRの雑記帳]
多くの方が注目している判決が明後日に迫っています。 ただ、弁護団はむしろ、この判決以後のことを重く見ているのではないでしょうか。 罪重いが生きたい 山口母子殺害の元少年被告(山陽新聞) (元ニュースはこちら) (記事引用)  山口県光市の母子殺...... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 23時09分

» 光市母子殺害事件 弁護側主張 -侍金融コラム- [侍金融道・金融世界を斬る! ]
-光市母子殺害事件-この事件の凄惨さに驚いた。それ以上に驚いたのが被告人である少年が一審の無期懲役判決後に知人へ宛てた手紙の内容・・・-加害者(福田孝行)の獄中書簡より-すべて日テレ「ニュース・プラス1」より引用。『誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 08時46分

« これが噂のトヨタビル | トップページ | ノスタルジックカーショ »