« パロマの湯沸かし器 | トップページ | 秋田県の豪憲君事件、理解不能 »

2006年7月15日 (土)

腰抜け外交を払拭か

北朝鮮のミサイル発射をめぐる安保理協議は14日、日米が中露の要求を踏まえた修正案を提示したことで、中国が拒否権にこだわるか、それとも最終段階で日米が妥協するかが焦点になる。by毎日新聞社

消極的かつ外交下手の日本にしては、今回の安保理協議では積極的で毅然とした態度を示している事に、嬉しく思っています。
これまでの腰抜け外交のイメージを払拭する為にも、是非とも最後まで押しの外交姿勢を貫いてもらいたいものです。

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« パロマの湯沸かし器 | トップページ | 秋田県の豪憲君事件、理解不能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721206

この記事へのトラックバック一覧です: 腰抜け外交を払拭か:

« パロマの湯沸かし器 | トップページ | 秋田県の豪憲君事件、理解不能 »