« 今晩の夕刊はニュースがてんこ盛り | トップページ | 「400万円以上焼いた」に怒り »

2006年8月 2日 (水)

あぶ刑事と柴田恭兵

俳優の柴田恭兵さんが肺がんの手術を受けていたらしい。

先日、大好きな「あぶ刑事」シリーズの最新作をDVDで見た際、ユージ役の恭平さんが、やけに頬がこけていて、えらく老けた印象がしていたので体調でも悪いのかと、勝手に勘ぐっていましたが、やっぱり体調が悪かったみたいですね。

恭平さんがスタッフに当てた手紙によれば、初期のがんが肺に見つかって先月入院、手術を受けて経過は順調との内容。

まだまだ、「あぶ刑事」シリーズの続きも見たいので、完全に治療して元気なユージ役が戻ってくるように願っています。

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« 今晩の夕刊はニュースがてんこ盛り | トップページ | 「400万円以上焼いた」に怒り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721263

この記事へのトラックバック一覧です: あぶ刑事と柴田恭兵:

» ≪柴田恭兵≫肺がんで手術 経過は順調 [局の独り言。]
柴田恭兵さん:肺がんで手術 経過は順調  俳優の柴田恭兵さん(54)が肺がんの手術を受けていたことが2日、分かった。手術は成功し、経過も順調だという。柴田さんがNHKにあてた手紙などによると、7月末に入院し、肺がんは初期だったという。  柴田さんはNHKド... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 17時27分

« 今晩の夕刊はニュースがてんこ盛り | トップページ | 「400万円以上焼いた」に怒り »