« お昼休みを使って | トップページ | ANA株が約定 »

2006年9月 7日 (木)

米株安を受けて、全面安の展開

日経平均株価は、前日比271円安の1万6012円。TOPIXは同29・36ポイント低い1613・46。第1部の出来高は約17億2300万株。

前日の米株安を受けて、輸出関連株を中心に幅広い銘柄が売られ全面安の展開に。
3日の記事で書きましたとおり、やはり16100円を挟んだボックス圏内にあるとみるのが間違いがなさそうです。
 
買い注文中銘柄の今日の動き。
惜しい動きを示したのは三洋電機と三菱自動車。三洋は始値マイナス3円、三菱自は始値マイナス2円の動きなので、あと1円下がれば共に約定でした。

手持ち株の含み損
またまた増えてマイナス875,000円。

税理士バッキー注文中の銘柄
買い①長谷工コーポ 始値マイナス10円②三洋電機 始値マイナス4円③新生銀行 始値マイナス18円④三菱自動車 始値マイナス3円
売り①ANA 指値480円②三菱自動車 指値215円

読み終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

|

« お昼休みを使って | トップページ | ANA株が約定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721358

この記事へのトラックバック一覧です: 米株安を受けて、全面安の展開:

« お昼休みを使って | トップページ | ANA株が約定 »