« ミッドランドスクエアのお店は | トップページ | そろそろ逮捕か宮崎県知事 »

2006年12月 8日 (金)

野菜の生産調整とトラクター

最近ニュースでよく見かけるのが、収穫直前のレタスや大根をトラクターでギューッと踏んづける映像。

あっ、モッタイナイなと強く思いながらも、他の県で起きている話かと大して関心を持たずにおりましたが、地元愛知でも、キャベツが取れすぎで廃棄処分になるとの話。

豊作で価格が低迷しているキャベツを生産調整するため、全国一の産地・愛知県で7日、キャベツの廃棄処分が始まった。トラクターが畑のキャベツを踏みつける方法で処分を行い、同県豊橋市などで10日まで続けられる。約8500トンを廃棄する。同県内の生産調整は03年12月に約4400トンを行って以来3年ぶり。by毎日新聞社

愛知県が全国一のキャベツの生産地だったとは。全くの予想外でした。

そう言われてみれば、学生時代の親友宅の周り一面、思い出したらキャベツ畑が結構あったという記憶が。確か、大府市だった筈

安値での出荷も限界らしい。出荷すればするほど赤字が膨らんでしまう現状では、農家の人達を責める訳にもいきません。でも、やっぱりモッタイナイ話ですね。処分してしまうくらいなら、欲しい人が貰いに行けば良いのではとも思いますが。何か問題ありますかね?

マスコミもトラクタで踏んづける映像だけを流すのではなく、「取りに来てくれる人達がいればタダであげますよ」、ぐらいの報道をすれば良いのに。

分かっちゃいるけど、あ~モッタイナイ。

終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

名古屋税理士会  税理士バッキー

|

« ミッドランドスクエアのお店は | トップページ | そろそろ逮捕か宮崎県知事 »

コメント

バッキーさま

私もバッキーさまの案に賛成・・・せめて近隣の人に破棄するなら現地に行った人には、タダで差し上げたら,その農家と貰った人との関係は感謝で結び付き、今流行の産地直送のお客様になってもらえるものに・・・と思ったりしていまいます・・

価格維持の立場からか破棄するより何か工夫がないものかしら??・・・モッタイナイ・・

投稿: 容子 | 2006年12月 8日 (金) 10時44分

こんにちは。
せっかく作ったのに勿体無いですね。
大府市は、デンパークのある辺り?

ガソリン代と高速代を考えると、ご近所で買った方が安いですね。

投稿: たいちママ | 2006年12月 8日 (金) 16時06分

容子さん、こんばんは。

捨てるくらいなら、「タダであげる」、「タダで貰う」の方が有難味がありますよね。

「今流行の産地直送のお客様になってもらえるものに・・・」
容子さんのコメントを読んで、ピーンとひとつアイデアが。農家が窓口になって、欲しい人、消費者に代引きで送るとか・・・。
でも、個人の消費量では郵送代の方が高くつくか?

畜産業者に、安値で引き取ってもらうのが一番か。

投稿: バッキー | 2006年12月 8日 (金) 17時20分

たいちママさん、こんばんは。

「デンパークのある辺り?」
デンパークは安城市です。

新聞の記事は豊橋市の農家の記事になっていましたが、大府市の辺りにもキャベツ畑が多かったと記憶しています。
親友宅に行ったのも、かれこれ10年以上も前の話。まわりがキャベツ畑ばっかりだった記憶ですけど。今は知りません。

投稿: バッキー | 2006年12月 8日 (金) 17時24分

私は最初に働いたのが大手スーパーの農産課(つまり野菜売り場)だったので、この手のニュースは超気になります。

当時、一番の思い出ですが、売り場のチーフを集めた全体会議で、農産課の課長が「予算達成するために、何をしなくちゃいけないか考えろ」とゲキを飛ばしたところ、あるチーフが
「天変地異でも起こってくれないかなぁ」とつぶやきました。

天変地異・気象不良で野菜が不作になれば、野菜の値段が上がる→売り場の売上もあがる→予算達成

↑こういうことなんだそうです。

「おいおい。なんか、違うだろ!?人の不幸や気象不良を願うって、なんてこと!?」

と、いうわけで、私はこの会社を2年足らずで辞めましたけどね。

すみません。長文、かつ、ちょっとズレた話題で。。。

投稿: kimutax@税金まにあ | 2006年12月 9日 (土) 09時26分

税金まにあさん、おはようございます。

「超気になります」
僕は税金まにあさんが、大手スーパーにお勤めだった事の方が、超気になりました。

「人の不幸や気象不良を願うって、なんてこと!?」
そう思える人だと思っていましたので、同業では唯一、お気に入りにいれていますよ。

この国に生まれて生きていく以上、業績の向上はついて回る。でも
人の道からズレた儲け方は、お互いにしたくありませんね。

投稿: バッキー | 2006年12月 9日 (土) 10時21分

こんばんは!

遅ればせながら、ちょこっとだけこの話題にふれました。

仕方ないとはいえ、なんとかしていかなければですよね。

たしかにタダで配ればいいんですよね。

なにかイベントをひらくとかできそうなんですけどね~!

投稿: 「感動創造」 | 2006年12月 9日 (土) 23時06分

>同業では唯一、お気に入りにいれていますよ。

もったいないお言葉です。なんだか表彰状をもらったくらい嬉しいです。

税金のことは書かない税理士ブロガー
税金まにあな税理士ブロガー

と、対極にあるはずなのに、なぜだかバッキーさんにはシンパシーを感じております。来年お会いできるのが、心から楽しみです♪

投稿: kimutax@税金まにあ | 2006年12月10日 (日) 01時30分

感動創造さん、おはようございます。

生産調整の補助金の交付があるので、タダで配れないんですよね。要は、お上にお買い上げ頂くので、下々にはタダではあげないよとの話なのですが。

事業者として農家の立場には理解も・・・・・・。
でも、やっぱりギューッと踏んじゃうのは心が痛みますね。

異常気象が続く中、今後もこのような事態は起こりうる話。そうならば、政府の保証ではなく、民間保険でリスク管理をするべきだと思いますが。民間なら、捨てる以外に、何か知恵がきっと出ます。

投稿: バッキー | 2006年12月10日 (日) 08時43分

税金まにあさん、おはようございます。

「税金のことは書かない税理士ブロガー」
書かないではなくて、正しくは書けないの方です。だから、よく毎日まにあさん、税金ネタで書き続けられるなと、感心するばかりですよ。

「税金まにあな税理士ブロガー」
税金まにあのキャッチ自体が、すばらしい。好きこそ上達の早道だとよく言われますが、まにあさんの場合も、まさにその通りですね。

僕のブログの「税金ネタではつまらない」も、単なるキャッチです。

「対極にあるはずなのに」
いやいや、ブログの表現がそう見えるだけ。
来年、元気なナゴヤでお待ちしております。

投稿: バッキー | 2006年12月10日 (日) 08時57分

破棄すれば補償金が受け取れますが、人に与えても銭にはなりません。
国の保護により行われる破棄、投棄です。
以前にある地区の農協と商談した友人が簡単に断られましたよ。
運送会社も復路貨物であれば採算は関係ない場合がありますからね。
農協は価格調整のために販売はできないとの回答。
結果的には生産者は痛くも痒くもないということです。

投稿: ひとり | 2006年12月11日 (月) 18時37分

ひとりさん、こんばんは。

「人に与えても銭にはなりません」
確かに。でも、正直寂しい話ですね。売れるもの、口にするものを自ら廃棄するとは・・・・
昔、ご飯粒を粗末にすると「目がつぶれる」と聞かされていましたが。僕だけかな?ひとりさんは、言われませんでしたか?

この何とも悪い制度を改めていく方法、ちょっとブログで皆で考えてみたいとも思います。

投稿: バツキー | 2006年12月11日 (月) 20時48分

もったいないから、もらっちゃおう。と言う気持ちはよくわかります。
しかし、売り上げにはなりませんからね。

保存ができませんから、来年になったら品不足になりますよ。
なにか、加工できたらいいんですけどね。

日本は自給自足ができない国なんですけれど、こんなに廃棄して、どうして出来ないんでしょうね。。。

東京生まれの東京育ち。農業に憧れてベランダ農園をしています。
ブログで経過報告をしていますので、たまに見に来てください。
http://soushoku.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: あお虫 | 2006年12月13日 (水) 01時06分

あお虫さん、おはようございます。

「売り上げにはなりませんからね」
廃棄処分にしないと、補助金は支給されませんから。
農家の人達にしてみれば生活がかかっていますからね。簡単に勿体無いと切り捨てるのも酷とはおもいますが。

何とか上手く加工出来ませんかね?

「東京生まれの東京育ち。」
生粋の東京人ですね。私は生粋のナゴヤ人です。私は、野菜は作りませんが、屋上でセダムとカシノキで緑化しています。

投稿: バッキー | 2006年12月13日 (水) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721544

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の生産調整とトラクター:

» キャベツ廃棄とキャベリーナの思い出 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
キャベツが可哀相ですね・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 23時05分

» 今度はキャベツを廃棄処分 [しっとう?岩田亜矢那]
先日の白菜・ピーマンに続いて今度はキャベツである。 トラクターでぐしゃぐしゃ踏み潰していった農家はインタビューにこう答えていた。 「我々も切ないですよ。折角作ったんだから、売りたいですよ、買ってもらいたいですよ」 そう、彼らは「買ってもらいたい」のであって 「食べてもらいたい」のではないのだ。 このブログでも指摘した通り、 彼らは生産者ではなく、商売人なのである。 だから彼らは余ったキャベ�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 23時09分

» キャベツとサプリ [サプリのトリビア-サプリ検索-]
キャベツは胃腸病にとてもいい。キャベツの歴史はとても古く、ギリシャ時代には薬として用いられ、ローマ時代には健康維持食として食べられていました。日本への渡来は江戸時代にオランダ人によって伝えられたそうです。日本では野菜として本格的に食されるようになった...... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 19時22分

« ミッドランドスクエアのお店は | トップページ | そろそろ逮捕か宮崎県知事 »