« 炎のチャレンジャーが参院選に | トップページ | 巨大鏡で陽の光を »

2006年12月19日 (火)

少年法で無期懲役に、金沢地裁

改正されても少年法の壁とは。今回の判決、少年法に照らせば確かに正しい。

しかし、冷酷だ。

この男は、車の免許代を手に入れようとの勝手な動機で犯行にいたり、老夫婦を殺害。

奪った金は僅か3700円、3700円ですよ。この金額を奪う為に、老夫婦をナイフと鉄製のくいでメッタ刺しにした。男が18歳の誕生日になる11日前の犯行。この事実だけで、最高刑は死刑から無期懲役に減刑される。

少年法の決まりとはいえ、なんともやりきれない。たかだか11日早く生まれていたというだけで、こんな男が生き延びるとは。法は冷酷だ。

もし、この男が少年法での18歳の意味合いを知っていたとしたら・・・・・

ただ、そうは言ってもやはり法治国家、法には従わざるを得ない。
こうなったら、仕方がない「必殺仕事人」の中村主水に頼むしかないか。

個人的には、中条きよし演ずるが「勇次」が好きだった。

金沢市内の民家に押し入り、夫婦を刺殺したとして、強盗殺人などの罪に問われた石川県白山市内の無職の男(20)(犯行時17歳)の判決が18日、金沢地裁であった。堀内満裁判長は「犯行時17歳だったことを最大限考慮しても、犯行が重大で極刑はやむを得ない」と述べ、犯行時、18歳未満だった被告が、死刑に相当する場合は無期刑を科すと定めた少年法51条1項を適用し、求刑通り無期懲役を言い渡した。by読売新聞社

書き忘れました。もうひとつ、責任能力の有無を公判材料にした弁護人、あなた達の使命は「何人の弁護でも引き受けるのが仕事」、それは理解します。でも、本当に責任能力が無いと思って公判にあげたのですか?

私は税理士、弁護士ではない。でも、私ならこんな男の弁護はしない

終わりましたら是非一押しお願いいたします。人気blogランキング

名古屋税理士会  税理士バッキー

|

« 炎のチャレンジャーが参院選に | トップページ | 巨大鏡で陽の光を »

コメント

弁護士は仕事ですから仕方がないでしょう。国選となればなおさらです。
それにしても少年法はやりきれませんね。
同じ凶悪な犯罪であっても少年法で保護される。一時期、暴力団も少年法を利用し、少年を鉄砲玉に仕立てていました。
今日はホームレス殺人に中学生らが関与していたことが報道されています。これも軽い罪になるのでしょうね。

投稿: ひとり | 2006年12月19日 (火) 11時53分

名古屋で一番元気な街大須の第2アメ横ビルでメガネ屋を自営してます。
隣接の「手作りメガネ工房」にて「メガネ手作り教室」も常時開催
自分でデザインしたメガネを自分で作る事が出来ます。

HP
http://home.att.ne.jp/red/3X3infinity/

若者が多い街でお店をしていますので、このような事件は本当に
いたたまれませんね・・・。
私達が彼らと同世代だった頃にも事件はありました。
けど、こんなにも非道で残虐な事件は少なかったはず。
最近の若いモンは・・・と言いたくないが、一時の欲求に流されて
安易に道を踏み外すケースが多く感じる・・・
社会?家庭?何が原因だろう・・・・

投稿: 大須のメガネ屋 | 2006年12月19日 (火) 14時30分

ども!
まったく納得のできない判決ですね。
しかも無期懲役ということは、「模範囚」なら、いつかはシャバに出てくることを約束しているわけで・・・。
惨殺された者と加害者の側にはかくも大きな溝があるかと思うと、ゾッとします。
死刑が無理なら、せめて日本にもアメリカのように懲役300年とか、そんな刑期があってもいいようなものですが・・・。

投稿: コレバナ | 2006年12月19日 (火) 16時19分

ひとりさん、こんばんは。

「今日はホームレス殺人に中学生らが関与していたことが報道されています」

地元なので、朝刊記事に大きく出ていました。ひとりは13歳。

「これも軽い罪になるのでしょうね」
13歳ですのであくまでも補導、逮捕では決してありません。
そういう事は・・・・・・・恐ろしい。

投稿: バッキー | 2006年12月19日 (火) 17時22分

大須のメガネ屋さん、こんばんは。

コメント欄でのCMはNGでお願いします。

「私達が彼らと同世代だった頃にも事件はありました」
確かに極悪事件は、昔からありましたね。でも、集団で寄ってたかって老人やホームレスを、金取り目的で何件も遊び感覚で襲う事件は、今よりは聞かなかったような気もします。

「社会?家庭?何が原因だろう・・・・」
そろそろ真剣に考える時期かもしれません。大人も子供も、みんな変ですよ。

投稿: バッキー | 2006年12月19日 (火) 17時28分

コレバナさん、こんばんは。

「いつかはシャバに出てくることを約束しているわけで・・・」

その通りですね。ついでに、国家が住居と被服と仕事の面倒を保証したともいえます。

「死刑が無理なら、・・・・・懲役300年とか」
全く同感です。模範囚で10年、仮出獄なんていうのは奪った命と比べて、軽すぎる量刑だと思います。

投稿: バッキー | 2006年12月19日 (火) 17時34分

 人の命をお金で例えるのは気が引けますが、3,700円のために殺したということに対しては言葉がありません。 

 今言えることは、「被告が2度と社会に出てこないことを祈りましょう。」それしかないですね。
 

投稿: くりむ翔 | 2006年12月19日 (火) 20時49分

くりむ翔さん、こんばんは。

今、食事してPCをチェックしたら、ちょうど、くりむさんからコメント。

「3,700円のために殺したということ」

僕も自分で記事に書きながら、腹が立って腹が立って仕方がありませんでした。
この老夫婦にとって、3700円で命が奪われたとは、それまでの生き様全てを一瞬に消されてしまったようで、哀れでなりません。

「被告が2度と社会に出てこないことを祈りましょう」

そうですね。僕も強くそう願っております。

投稿: バツキー | 2006年12月19日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721566

この記事へのトラックバック一覧です: 少年法で無期懲役に、金沢地裁:

» 少年法と「目には目を…」 [猫画像ブログ「オッドアイ」]
(関連する記事を書いたので、「少年法」つながりでトラックバックさせてくださいね。)最近、人間の世の中(日本)では、少年の犯罪が多いみたい。 何年か前に長崎で小さい子供が駐車場から突き落とされて・・・ [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 00時36分

» 少年法の問題点 [少年法について]
少年法が今問題となっています。 1997年の神戸連続殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)で 少年法がクローズアップされました。 その後、2004年に長崎県で発生した 十一歳の少女による同級生殺害事件も少年法改正論議に拍車をかけています。 [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 19時36分

« 炎のチャレンジャーが参院選に | トップページ | 巨大鏡で陽の光を »