« 先週の投資成績 | トップページ | なんだか疲れた一日 »

2007年1月29日 (月)

崖っぷち犬、改めリンリンに。でも・・・

昨年話題となった「崖っぷち犬」、あの断崖絶壁のコンクリート壁から助け出されたワンちゃん。昨日、その飼い主を探す会が動物愛護護管理センターであって、抽選で徳島県の主婦に引き取られたとの事。

とにかく、飼い主さんが見つかったことで、このワンちゃんは生きていけるということに。よかった。まずは命の確保は出来たわけで、ひとまず、めでたしめでたしと言える。

飼い主さん、「崖っぷち犬」では気の毒だと考えたのか、孫娘と相談して、「リンリン」と命名。その際、上野動物園のパンダ、「リンリン・ランラン」から名付けたのかは不明である。

気になったのは、同時期に保護されていた、姉妹犬のもう片方のワンちゃん、このワンちゃんについては、引き取りの飼い主がいなかったということ。

保護された犬がどの期間まで、センターで保護されるかは知らないが、引き取りで現れない以上は、いずれは悲しいが処分をされてしまう運命に。

マスコミに登場し人気者になったリンリンちゃんは救われ、不人気の血を分けたもう一頭の姉妹犬には関心なし・・・・・世は無情です。

姉妹犬、他の保護犬にもいい里親が出てきてほしいと願うばかりです。

読み終わったついでに順位も確認してくださいね。カチッと人気blogランキング

名古屋税理士会  税理士バッキー

|

« 先週の投資成績 | トップページ | なんだか疲れた一日 »

コメント

うーん、この話、以前自分のとこでも書いたのですが・・・。
マスコミも、こういうのって、大好きなんですよね。
で、話題になった動物はかわいそうと騒ぐけど、方や、見向きもされないのもいるわけで(焼却処分される犬猫、年に何万頭・・・?)。
おっしゃるとおり、無情というか、釈然としないものを感じてしまいますよね。

投稿: コレバナ | 2007年1月29日 (月) 12時00分

コレバナさん、こんばんは。

ただ今、講師の仕事より事務所に戻ってきたところ。初日、ムチャクチャ疲れました。

「崖っぷち犬」の抽選に外れた、他の飼い主希望の人達、犬が好きなら他の保護された犬ではダメなんでしょうかね?何かそのへんが、このニュースをきいてやりきれないところです。

投稿: バッキー | 2007年1月29日 (月) 17時43分

 管理人様

結局、この救助された犬を欲しがった人は、あくまでも動物愛護的な視点から欲しがったのではなくて、「この犬」だから欲しがったんでしょうね。

「ブランド品」を買いあさって、自分自身の虚栄心を満足させようとする考えと、極めて酷似しています。もう、今回の飼い主の言葉まで頭に浮かびそうです。「ホラ、これあの崖で助けられた犬なのよ」ということです。自分の子供を自慢したがるような親に似て醜悪きわまりないですね。

投稿: tenjin95 | 2007年1月29日 (月) 20時11分

tenjin95さん、こんばんは。

「ホラ、これあの崖で助けられた犬なのよ」ということです

書きたかったことを簡潔に代弁して頂き、ありがとうございました。
昨日、このニュースを聞いて、なんとなくそう感じていたので、今日の記事に書きました。
姉妹の犬には引き取り手が無かったとのこと。もし、マスコミの報道が反対であったとしたなら、反対の結果が出たのではないかと
思っています。まあ、一頭でも命が救われただけでも、良かったのかと考えたいと思います。

投稿: バッキー | 2007年1月29日 (月) 20時58分

お世話になります。だんなです。

こういう話って、私にとっては非常に腹立たしい限りです。

姉妹犬のもう片方のワンちゃんの里親になろうとする人がいないこと、
これは他の方々が指摘されているとおり醜いブランド志向の何者でもありません。
こういう人たちのことを、私は断じて動物好きとは言いません。

こういう人たちは、恐らく飽きたらすぐにポイッと捨てるんでしょうね。

投稿: だんな | 2007年1月29日 (月) 22時43分

こういうことがテレビや新聞のニュースになるって、
日本ってほんと平和ですねぇ。。。
昨年の救出劇騒動の時も思いましが。

飼ってはみたものの「言うことを聞かない」とか「かわいくない」とか
言われて再び捨て犬にならないことを祈ります。

投稿: らび | 2007年1月29日 (月) 23時16分

コンニチワ(σ・∀・)σ

実はこの犬の記事も前に取り上げようかと思ったんですけど、
猛毒を吐いてしまいそうなのでやめたんです(^ー^;A
全くこちらにコメントされてる方と同じ意見です。
「可哀想だから引き取る」じゃなくて「ブランド」なんですよね。
それに対して保健所で処分されてる犬達の多いこと。。
言葉にならないです・・・・・・_φ(-ω-` )

投稿: ゼシカ | 2007年1月29日 (月) 23時17分

だんなさん、おはようございます。

「私は断じて動物好きとは言いません」

だんなさんらしい。バッサリですね。
昨年の救出劇が報道されなければ、まちがいなくリンリンちゃんの里親は現れなかった筈。

電話での応募と当日、足を運んだ人数の大きな差にも現れていますね。
せめて、この新たな飼い主さんには、ちゃんと躾て可愛がってほしいと願っています。

投稿: バッキー | 2007年1月30日 (火) 08時40分

らびさん、おはようございます。

「日本ってほんと平和ですねぇ。。。」

実際は平和ではないのですが、平和ボケなのでしょうか?
凶悪事件と、軽いニュースとのギャップが大きすぎますよね。

年明けから続く、バラバラ殺人とか中高年の心中とかのニュースをきくと、とても平和な世の中とは思いませんが。重~いニュースの反動なのかもしれませんね。

投稿: バッキー | 2007年1月30日 (火) 08時47分

ゼシカさん、おはようございます。

「猛毒を吐いてしまいそうなのでやめたんです(^ー^;A」

了解しました。ゼシカさんのブログは人気なので、猛毒は影響が大きすぎるかも知れませんね。

「保健所で処分されてる犬達の多いこと。。」

すごい数みたいですね。飼い主のモラルも、飼えなくなったらポイっと捨てちゃうみたいだし。うちは自信がないので、メダカと金魚だけにしています。

投稿: バッキー | 2007年1月30日 (火) 08時55分

バッキーさま

この犬リンリンちゃんはやっと飼い主が見つかり引き取られていったようですが、いままできっと過酷な生活や人間にもいじめれらたのか・・・まだまだ警戒心が強そうでした・・・

私もこの報道見てましたが、姉妹犬はどうなったのかしら?
世の中の人は、崖っぷち犬にはあれだけ興味を示すのに、姉妹犬も野良犬で容貌も似ているし誰か引き取ってあげればいいのに・・・と思いました。

投稿: 容子 | 2007年1月30日 (火) 14時53分

容子さん、こんばんは。

「姉妹犬はどうなったのかしら?」

里親が見つからないので、今は施設で保護されています。が・・・

姉妹犬も、ネットで盛り上がると助かるかもしれませんね。でも、
それもまた変。野良犬、放っておくだけでは解決にもなりませんし。難しいところです。結局、飼い主にきっちり責任をもって飼ってもらうしか、仕方がないのでは。

投稿: バッキー | 2007年1月30日 (火) 16時50分

初めまして。書き込み有難うございました。そして部門別でのアクセス・ランキングの1位になられたとの事、本当におめでとうございました。

動物好き、特に犬好きの自分ですので、”あの犬”の引き取り先が決まった事自体は本当に良かったと思っています。しかし、こちらでも書かれておられます様に、見た目が全く同じの姉妹と思われる犬の引き取り手が全く無かった事に違和感と寂しさを覚えました。そりゃあ人間ですから、犬が好きと言っても「こういう犬は好きだけど、ああいう犬は一寸・・・。」という好き嫌いは在っても仕方ないと思うんです。でも、見た目が全く同じなのに引き取り手が一人も居なかったというのは、他の方も書かれている様に結局は「ブランド品を買い漁る様な感覚」だったのかなあという気がしました。あの犬に関しても、当初の引き取りたいとする数からすれば、実際に抽選に来た人間の数は激減しており、こういった所にも熱し易く冷め易い我が国の国民性が現れている様にも。

マスメディアの過剰報道にも疑問。殺伐とした世の中ですから、こういったホッとするニュースはそれなりに必要だとは思うのですが、それにしても騒ぎ過ぎ。1匹の犬が助かった一方でどれだけ多くの犬が人間のエゴで捨てられて殺されているのか。そういった部分を報じている所も在りますが、あれだけ騒いだ割には掘り下げが甘いし、もっと法整備の面で論じても良いのではなかったかと。

書き込み戴いた件ですが、20年間無戸籍のまま良くぞばれなかったという驚きが先ず在りますよね。続報によると、当該する男性には姉が居り、彼女はちゃんと戸籍を取得していたとか。と言う事はきちんと学校にも通っていたと思われるのですが、それならば何故彼だけが?という疑問が湧きます。両親が彼に対して虐待していたという事も無い様ですし、本当に不思議な話です。彼には罪は罪としてきっちり償って貰った上で、人間らしい生活を送れる日々が来る事を願って已みません。

今後とも何卒宜しく御願い致します。

投稿: giants-55 | 2007年1月31日 (水) 23時54分

giants-55さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。
リンリンちゃんの件については、ホントそうですよね。騒いだ割にはあとの取材もないようだし。ましてや、姉妹犬の話や、他の多くの処分されていくワンちゃんの話についても、マスコミではスルーされているみたいだし。
多くの問題はありますが、私はとりあえず、一頭が救われただけでも良かったのかなと考えています。できれば、他の命も多く救われてほしいと思いますが。最近の目を背けたくなるような事件事故と、このニュース、落差がありすぎですね。何だか、日本人古来の、中途半端な気質がなくなっていくみたいです。

それと、戸籍無の件、これには驚きましたね。知らないだけであるんですね。ご近所さん、誰も変にも感じなかったんですかね?学校にも行かずにプラプラしてたら、目に付くとも思いますが・・・・。不思議な事件です。
今後ともよろしくお願いします。またお寄り下さい。

投稿: バッキー | 2007年2月 1日 (木) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721622

この記事へのトラックバック一覧です: 崖っぷち犬、改めリンリンに。でも・・・:

» 崖っぷち犬・・・ [CHOCOCO CAFE]
「崖っぷち犬」66歳主婦のもとに 徳島で譲渡会(朝日新聞) - goo ニュース  今日は、ニュースの記事から思ったことを書いてみようと思います。  エライところにはまりこんですっかり有名になったこのわんこ。その続編ですが・・・ 読んでとてもショックでした。 この犬は飼い主が見つかったわけですから、とにかく幸せになってくれることを願うばかり。ただ、同時に開催された、他の犬の引き取り手がゼロだ... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 22時44分

« 先週の投資成績 | トップページ | なんだか疲れた一日 »