« 石川能登での地震と飯島愛 | トップページ | 地震関連株なるものが人気とは »

2007年3月26日 (月)

能登沖地震と事務所の危機管理

毎回、大きな災害の際にスタートが遅いと、批判をあびている政府の「危機管理対策」、今回の地震では、かなり早い時間での対応をみせた様子。

地震の発生から3分後には、官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置するなど、迅速な対応。安倍首相の耳には、発生1分後には伝わったようで、すぐに「被害状況の確認と住民の安全確保」を指示。

既に防災担当大臣も現地に入っているようだし、政府の対応、今回はまずまずの合格点か。

危機管理といえば、私達の仕事も例外ではない。税理士の仕事、メシの種は数字の羅列。長年コツコツと作り上げたデータの蓄積は、事務所にとっても生命線。業務の大半をキカイに頼っている今の業界を考えれば、災害でデータが消失した場合の影響を考えると恐ろしいばかり。

最低限、日頃からデータのこまめなバックアップと、紙の資料での保存で対応するより方法はないか。

大ナタに政府の対応を評価している場合ではない、まずは、自分の足元から危機管理を考えてみる必要がありそうです。

読み終わったついでに順位も確認してくださいね。→人気blogランキング

名古屋税理士会  税理士バッキー     一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

|

« 石川能登での地震と飯島愛 | トップページ | 地震関連株なるものが人気とは »

コメント

アメリカでは、このリスクマネイジメントの研究がめちゃくちゃ進んでいます。日本ではまだまだのようですね。平和な国日本を象徴しているのでしょうか。

投稿: 起業支援税理士 伊藤 | 2007年3月26日 (月) 13時05分

起業支援税理士 伊藤さん、こんばんは。

「このリスクマネイジメントの研究がめちゃくちゃ進んでいます」
たしかに、この手の研究、日本ではあまり進んでいる気配は無いですね。と、言うことは、今からやってもまだ間に合う可能性もありか?究極は、リスクの「マッチポンプ」。あ~美味しいところを出してしまつた。

投稿: バッキー | 2007年3月26日 (月) 20時05分

 こんばんは、税理士のお仕事も大変ですね。
企業にとっては、どういう資料でどう提案してくれる税理士さんが良いかなんて評価もありますが、
 要は経営者がどこまで分析して実態と方向性を把握しているかで経営は大きな差がでますしね。

 立場立場でお仕事は楽なものはないということでしょうか。

 

 

投稿: らぷぽ | 2007年3月26日 (月) 20時56分

バッキー さん

こんばんは。

このような災害から、自分達の身の回りに置き換えて
しっかりと備えていくことって大切ですね。


私どももデータのバックアップ、その他ヤルべきこと沢山あります。


おっしゃるとおりですね。

投稿: 「感動創造」 | 2007年3月26日 (月) 22時53分

今まで台帳に手書きで在庫管理していたのをパソコンに切り替えた時、先輩は故障でもあったら大変だと手書きの台帳をつけていました。
バッキーさんの危機管理を聞いていて思い出しました。
パソコンが完全に壊れてしまえば別ですが、ある程度は復元できるでしょう。
バックアップしていても、事務所が壊滅的な状況になれば同じだと思いますよ。
備えることは大事ですが、あまり神経質になるのはどうかな。

投稿: ひとり | 2007年3月27日 (火) 00時08分

らぷぽさん、おはようございます。

「立場立場でお仕事は楽なものはないということでしょうか」
そうですね。隣の芝は青くみえるではありませんが、他人の持っているモノでも、仕事でも、よ~くみえる時がありますよね。

反対に人から見れば、自分の仕事が良くみえたりも。
楽チンな仕事はないですね。あったら、コッソリ僕だけに教えてください。お願いします。

投稿: バッキー | 2007年3月27日 (火) 08時35分

感動さん、おはようございます。

私の地元でも何年か前に、大雨の被害が。「東海豪雨です」。
うちの事務所は全く被害は無しでしたが、同業の仲間内には何人か被害が。

あの時は身近なところで被害が出たので、慌てて危機管理を確認しましたが、あれから何年か経って気も緩みがちです。

災害は忘れた頃にやってくる。忘れてはいけませんね。

投稿: バッキー | 2007年3月27日 (火) 08時39分

ひとりさん、おはようございます。

とりあえず、「危機管理」、無理のない範囲でやっています。
東海大地震では、ナゴヤの揺れは震度6にもなるとの予想ですので、少しばかり神経質になってしまいます。

阪神淡路大震災の被害に関しても、人や建物の倒壊の数字しか目にした憶えがありませんが、この手kソフト面での被害報告は調査したのでしょうかね?

関西地区の同業にでも、一度、あの時の被害状況を聞いてみたいものです。

投稿: バッキー | 2007年3月27日 (火) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721701

この記事へのトラックバック一覧です: 能登沖地震と事務所の危機管理:

» 石川県で震度6強 [虎哲徒然日記]
朝9時42分に起こった地震は、近畿においても強く感じられた。若干時間が長かったように感じられた。 震源が北陸、と聞いて驚いたものである。こういう地震は規模が大きくなる。石川県の能登地方では震度6強を記録。輪島市で1人が死亡し、150人以上の負傷者を出した....... [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 11時55分

» 石川県で震度6強 [虎哲徒然日記]
朝9時42分に起こった地震は、近畿においても強く感じられた。若干時間が長かったように感じられた。 震源が北陸、と聞いて驚いたものである。こういう地震は規模が大きくなる。石川県の能登地方では震度6強を記録。輪島市で1人が死亡し、150人以上の負傷者を出した....... [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 11時57分

« 石川能登での地震と飯島愛 | トップページ | 地震関連株なるものが人気とは »