« 特急内で暴行、選挙と同じで関心なしか | トップページ | 一糸乱れぬあの動きにシンクロをみた »

2007年4月25日 (水)

何だかね~長崎市長選と娘さんと横尾さん

先日の長崎市長選、あんな惨劇の後だけに誰が当選を決めるのか、外野ながらに少し興味を持って見ていました。結果は元市役所課長の田上さんが、伊藤一長前市長の娘婿、横尾さんを僅差でかわして当選に。

市長が世襲で決まるとの前評判もあったが、情と政治、遺恨と行政とは別のモノだとの判断を、長崎市民は正しく判断したように思います。

前市長を慕う気持ちと、犯人を許さないという市民感情は相当に強いもの。しかし、即それを選挙への同情票と見込むのは余りにも早合点。

余計なことだが、敗れた横尾さん、最初のインタビューでの印象が悪すぎ。人相なのか、黒縁の眼鏡がそう見せたのか定かではないが、何だかニヤけた印象。

マスコミがよく使う「弔い合戦」っていう呼び名も、政治とは無縁のもの。情で白黒つけさせるなんていうのも、何だか市民を小馬鹿にしている。

「父伊藤一長はその程度の存在でしたか?? 伊藤一長、浮かばれないと思います。父が愛する長崎でこのような仕打ちを受けるとは本当に思いませんでした」

上のカッコ書き、前伊藤市長の娘さんが残した敗戦の弁。エッ~そうなの。

これを聞いて、何だか勘違いしていると思うのは私だけか。。。。。。。。

 

               最新のランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋 税理士事務所  税理士バッキー   一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

|

« 特急内で暴行、選挙と同じで関心なしか | トップページ | 一糸乱れぬあの動きにシンクロをみた »

コメント

バッキーさま

私もこの長崎市長選の結果に満足です。この亡くなられた市長の家族の思い違いに気が付いたかしら??

地方における首長を決するのは市民の選択であり、娘婿氏が義父の意思を継ぎ・・と言う日本的同情票を当て込んだのでしょうが・・・長崎市民は次期市長には市役所の内情に明るい人を選択したようです・・・

なんか、九州には新しい風が吹いているようで・・・宮崎県も県議に4人の知事後援組織として生まれたようですし・・・長崎市もいつまでも原爆投下された町としての一面だけではなく、いまはこの区役所も、市民も自冶体として活性化するために、新市長を先頭に財政改革を進めて欲しいです。

投稿: 容子 | 2007年4月25日 (水) 14時40分

容子さん、こんばんは。

コメントの返信で息抜きしていますよ。
朝の8時から夜の8時まで、事務所。俗にいうセブンイレブン、朝7~夜11時に比べればまだマシですが。

以下本題
行政に穴を空ける訳にはいきませんが、本当なら市長選の時期を遅らせるのが筋でしょうか?期日前に投票で前市長への投票もかなりあったようですし。
選挙期間がたった3日間で当落が決まるというのも、何だか外野からみているとヘンな話ですね。

九州、確かに容子さんの言われるとおり風が吹き始めた感じですね。以前に記事に書きましたが、夏の参議院選には、長崎選挙区から親友が立候補しますし。

当選された田上新市長の手腕、お手並み拝見ですか。

投稿: バッキー | 2007年4月25日 (水) 18時02分

ども!
まったく長崎は関係ないので、ヤジウマ意見にすぎないのですが。
娘婿さん、きっと勝つんだろうな、と思ってました。
世襲制も批判されることも多いですが、必ずしも、私は子が親の後を引き継ぐ、親の基盤を受け継ぐってのはけっして悪いことだとは思わないのですが、長崎市民はそれにノーを突きつけたわけですね。

ちょっと別の観点から見ますと。
この僅差を考えると、期日前投票など、無効になった票がもし「投票し直し」が効いたとしたら、結果はどうなっただろう、と、つい思ってしまいます。
前市長の名前を書いた人も相当いたようですから。
選挙当日にも前市長の名前を書いた人はだいぶいたようですし。
無効票の多さでも話題になりましたよね。
仕方がないとはいえ、こrだけの無効票が出るのって、果たして民主的と言えるのかどうか。

また、新市長になった田上さんも、娘婿が出馬したから自分も出た、ということのようですし、最初から出なかったくせに、なんで今さら? ってツッコミも入れたい気もします。
また、この二人の争い、ってことに急遽なってしまって、もともと志をもって、伊藤市長に対抗して出馬した人たちは、完全に足をすくわれる形になってしまいました。
この人たちこそ、哀れに感じます。

娘婿さん、確かにちょっと暗いイメージですよね。
選挙ではそこらへんのイメージ対策も重要ですからね。
それに取り乱してたとはいえ、奥さんのあの弁はまずいですよ。
言ってみれば、「負けたのはあんたらのせいだ」と長崎市民に逆ギレしてるわけですから・・・。
そういった意味では、この人も、市長になる資質は持ち合わせていなかったのかな、とも思います。

投稿: コレバナ | 2007年4月26日 (木) 01時26分

コレバナさん、おはようございます。

あの選挙、どうせ世襲の批判がされるぐらいなら、いっそのこと、前市長の娘さん本人が出れば、また違った結果になったのかもしれませんね。

娘婿というポジション、何となく中途半端な感じもしますが。
陣営の取り巻きが、娘さんでは世襲の批判が強いと婿さんを担いだのでしょうか?それとも隠された秘密でもあって、娘さんが立候補出来なかったのでしょうか? この辺の事、よく分りませんね。

法的にも、実務的にも政治の中断は無理かもしれませんが、期日前の投票、当日の票の中にも多くの無効票が出た現実。
これは大きく受け止める意味がありそうですね。

やっぱり、仕切り直して投票の時期をずらすのが筋なのではと思いましたが。二人以外の候補、みんな泡沫になってしまいました。

投稿: バッキー | 2007年4月26日 (木) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721731

この記事へのトラックバック一覧です: 何だかね~長崎市長選と娘さんと横尾さん:

» 「こんな仕打ち受けるとは」 長崎市長選 妻の「捨てゼリフ」 [局の独り言。]
「こんな仕打ち受けるとは」 長崎市長選 妻の「捨てゼリフ」 J-CAST ニュース? 2007/4/23 ???選挙活動中に現職市長が暴力団幹部に射殺され、混戦模様となった長崎市長選だったが、市長の娘婿である横尾誠候補(40)を、長崎市統計課長だった田上富久候補(50)が僅差で破った。... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 09時08分

» 退路を断った田上氏の勝利 [かきなぐりプレス]
「市民力を見せていただいた」と当選後のインタビューで田上氏がいうように、やはり長崎市民は世襲制にNOを突きつけた。 その差わずかに953票。市長選では稀に見る僅差での勝敗が決まることになった長崎市長選。このわずか900票あまりの差はどこの出たのか? ズバリ、退路を断っているかどうか。立候補にどこまで本気だったか。どっちが長崎市のことを本気で考えているか。その熱意が僅差になったというより、大逆転での勝利だと思う。 当選した田上氏が出馬を決意したのは18日夜。選挙期間は両陣営ともわずか... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 10時27分

» 長崎市長選、田上氏が当選 [あれこれ随想記 ]
長崎市長に田上氏 「後継」横尾氏破る 世襲批判受け皿 統一地方選後半戦(西日本新聞) - goo ニュース 長崎市長選 情より手腕を選択 世襲に逆風、揺れた3日間(産経新聞) - goo ニュース 長崎市長選、元市課長の田上氏が当選(朝日新聞) - goo ニュース 選挙期間中の現職が銃撃されて死亡するという異例の事件が起きた長崎市長選は、元市統計課長の田上富久氏(50)が、死亡した伊藤一長市長の長女の夫で西日本新聞記者の横尾誠... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 20時52分

» こんな仕打ち受けるとはby横尾優子 動画あり [zara's voice recorder]
「これでは父は浮かばれません」落選の横尾氏妻 ■長崎市長選・田上氏が初当選 控えめな笑顔、万歳三唱もない勝利宣言だった。現職の伊藤一長市長(61)が選挙期間中に射殺される異例の事態となった22日の長崎市長選を制した元市統計課長の田上富久氏(50)。「まち..... [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 22時52分

« 特急内で暴行、選挙と同じで関心なしか | トップページ | 一糸乱れぬあの動きにシンクロをみた »