« 見たくなかった、中国動物園でのアノ映像 | トップページ | ニホンザリガニか? »

2007年5月27日 (日)

続・こんにゃくゼリー、自ら食べてみる

木曜日に書いた記事の続き。こんにゃくゼリー、実際に食べてみた。最初に断っておくが、有名な○○畑とは違う商品。

過去記事 こんにゃくゼリー、自ら食べてみるhttp://backy.blog.ocn.ne.jp/kazu/2007/05/post_d5bb.html

こんにゃくゼリー初挑戦、どんなものかと一口噛んでみたが、想像していた堅さとはずいぶん違い、意外なほどスパッと噛み切れた印象

あれっ、「こんなんなの」というのが率直な感想か。ちょっと拍子抜け。

隣にいた女房に、他のもこんな感じなのと?、確認してみると「大差ないよとの返事」。そうなの。喉に詰まるぐらいだから、相当に堅いイメージを頭に浮かべていたが・・・・・・間違っていたようだ。

試食した商品の上フタには、「よくかんでお召し上がりください」との注意書き。普段なら見過ごしてしまう表示でも、ニュースな話題なので妙に目につく。

食べてみて個人的な感想としては、ゆっくりよく噛んで飲み込めば、とりわけ大変危険な食品だとは思わなかった。ただ、それでも実際に事故は起きている。

慌てて食べて喉に詰まったのか、商品に問題があったのかは定かではないが、不運であった事にはかわりがない。身近な食品、塩でも砂糖でも醤油でも、量や食べ方を間違えれば命を落とす。こんにゃくゼリー、これも同じか。

            最新のランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋 税理士事務所  税理士バッキー   一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

|

« 見たくなかった、中国動物園でのアノ映像 | トップページ | ニホンザリガニか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721765

この記事へのトラックバック一覧です: 続・こんにゃくゼリー、自ら食べてみる:

« 見たくなかった、中国動物園でのアノ映像 | トップページ | ニホンザリガニか? »