« 躾が必要なのは、どっちだ | トップページ | 改革のスピードは、政治の世界とイイ勝負 »

2007年6月13日 (水)

スクールウォーズのような展開だ

山下真司の出ていた、昔懐かしいドラマ「スクールウォーズ」を思い出すような、ちょっとイイ話。京都の小学校で、体罰が原因で辞表を出した男性教諭が、辞職の撤回を求める保護者の署名で復職したらしい。

少し補足の説明をしておこう。

この先生のクラスで1人の男児が、外見を理由にからかいの対象にされ、他の児童は黙認する状態に。この先生、この状態を見過ごせずに、「(次にからかったら)みんなをたたいて教師を辞める」と生徒に注意していたらしい。熱い男だ。

しかし、クラスで再びからかいがあったため、「ここで放置すると、いじめに発展しかねない」と判断。自身の職を賭けて、からかわれた男児を除く全員に平手で頬を打った。(ドラマの中ではロッカーの前。セリフは確か、今からおまえ達を殴るだった)

学校は報告を受け保護者らに謝罪、自宅謹慎を命じられた先生は有限実行で辞表を。ここからがドラマだ

ところが、この先生の熱い思いが伝わったのか、寛大な処分を求める署名運動が保護者間で始まり、多くの署名が集まる。先生も二度と体罰をしない意思を示したため、校長は辞表を返却、先生の首も無事に繋がったとの流れに。

往年の大映作品を彷彿させるような展開は、まさにドラマのよう。

口先だけの先生が多い中、本当に自身の首を賭けてまで正面から問題に向き合ったこの先生、格好いいじゃありませんか。久しぶりに何だかいいニュース。

追記 ドラマ「スクールウォーズ」といえば、やっぱりイソップが一番記憶に深い。

 

              最新のランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋 税理士 柳和弘税理士事務所 一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

             

|

« 躾が必要なのは、どっちだ | トップページ | 改革のスピードは、政治の世界とイイ勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721784

この記事へのトラックバック一覧です: スクールウォーズのような展開だ:

» 体罰で辞表を出した小学校教諭が保護者の嘆願で復職 [独 言 工 房]
京都府は京丹後市の出来事。児童に体罰をしたとして辞表を出した教諭が、教諭を信頼する保護者と児童の嘆願により復職したそうです。 詳しくは、Sankei Webから引用した記事を読んでいただくのが良いですが、殺伐とした感のある昨今の教育事情の中で、先生と児童、保護者の..... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 12時41分

» 伝家の宝刀 [お坊さんの戯言(たわごと)]
週末と打って変わって今日は雨 空梅雨が騒がれる中、 ここ奈良は、昨日夜半からの雨 降る時にはしっかりと降って 梅雨の頃になると有名になる四国早明浦ダム またもや、水位低下で湖底が現れた 早明浦ダムの満水って見た事ないんですけど・・・... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 09時01分

« 躾が必要なのは、どっちだ | トップページ | 改革のスピードは、政治の世界とイイ勝負 »