« スクールウォーズのような展開だ | トップページ | 訴訟社会とこんにゃくゼリー »

2007年6月15日 (金)

改革のスピードは、政治の世界とイイ勝負

ここ3日連続で同業団体の会合が続いている。5月は年度末で、6月は新年度の会務で何かと時間をとられる。昨晩の歓迎会は良しとして、会員相互の公平負担とはいうものの、本当に必要なのかと疑ってしまう会務も多い。

あと効率の悪さは、登録して13年にもなるのに、昔と大きく変わったという印象には無い。業務改革のスピードは亀並みか、牛歩程度。

政治の世界とイイ勝負だ。決してほめている訳ではない。

社会の流れは、組織のコンパクト化の流れに傾いているというのに。どうも逆の流れに進んでいる様子。

個人的には、もっと効率的な、ザックリとした組織体であっても良いのではと思う。あまりに枝葉の議論も多すぎ、無くても一向に問題の無いことにまで、税理士会の影響が及んでいる。

やはりスピードという概念には関心が無いのか?それとも、よほど会務が好きなのか?

巨体が致命傷になって絶滅したのは恐竜だったか・・・・・同じようにならなければ良いが。

今日も昼から名古屋税理士会政治連盟の総会、時間は3時から。この時間からでは・・・・・・・・。週末の残業は無理のようす。早めに仕事を片付けなくては。

  

            最新のランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋 税理士 柳和弘税理士事務所 一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

|

« スクールウォーズのような展開だ | トップページ | 訴訟社会とこんにゃくゼリー »

コメント

バッキーさま

日本の組織はきっとバッキーさまの税理士会に限らず問題がない事がいい事で、下手に改革しようとすると、仲間はずれにする・・・

この日本だけでなく世界が様々な変化を大胆に実行する時代に・・・組織が大きくなればなるほど、その動きはゆっくりなんですね。

早くバッキーさまの時代が来る事を願います。

投稿: 容子 | 2007年6月15日 (金) 19時56分

容子さん、こんばんは。

「下手に改革しようとすると、・・・・」
そんな立場にはありませんので、ちょっと愚痴ぽく書いてみただけです。でも、もの凄く当たっているような気がしますね。

歴史を重ねるごとに、組織が大きくなるごとに、小回りが利かなくなっていくのは仕方がないことなんでしょうか?

投稿: バッキー | 2007年6月15日 (金) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721785

この記事へのトラックバック一覧です: 改革のスピードは、政治の世界とイイ勝負:

« スクールウォーズのような展開だ | トップページ | 訴訟社会とこんにゃくゼリー »