« 第4の男と闇の職安、千種区の拉致事件 | トップページ | 企業の時価総額、中国に抜かれました »

2007年8月30日 (木)

騒動は秋のモンゴル場所へ朝青龍

引きこもっていた横綱朝青龍、本人の願いが叶い治療のために母国モンゴルへ帰国。
ここ一ヶ月近くに渡るドタバタ騒動も、夏のニッポン場所から、秋のモンゴル場所へと移動、主役の帰国で新たな展開に。

朝青龍、多数のマスコミを引き連れて母国での一人巡業。場所は変わっても、相変わらずのパパラッチに変わりはない。

心配なのは師匠の高砂親方。

朝青龍の帰国に際し全責任を負うと公言、24時間の監視体制を敷くといっていたが、モンゴル帰国後すぐに朝青龍と別行動と伝えられている。見失ったのか?

高砂親方の進退も、朝青龍と同様に大荒れの様相を呈してきた。仲良く揃ってK1入りなら、受ける可能性も十分だ。

今回の騒動、事の発端は巡業を休んだ際の仮病疑惑から始まった。それが、いつの間にか横綱の精神面での問題にすれ違ってしまった感。

さすがは横綱朝青龍、並いるマスコミと協会相手に、技アリのうっちゃり。次はちゃんと心も体も直して、土俵に戻ってきてもらいたい。

個人的には、最初に相撲協会に提出されたとされる、「左ひじ内側側副じん帯損傷、左尺骨神経障害、急性腰痛症、第5腰椎疲労骨折で約6週間の休養、加療を要する」
との診断書、この診断書とソレを書いた医者が一番気になっていたのだが・・・・・・・・

過去記事 「診断書を書いた医者と朝青龍」http://backy.blog.ocn.ne.jp/kazu/2007/08/post_0e0e.html

 

               最新のランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋 税理士 柳和弘税理士事務所 一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

|

« 第4の男と闇の職安、千種区の拉致事件 | トップページ | 企業の時価総額、中国に抜かれました »

コメント

バッキーさま

朝青龍を巡る一連の騒動も横綱が母国に入った途端、彼の身柄はモンゴル警察・軍までも日本から来たこのパパラッチとしか思われない人達から朝青龍を完全に遮断して、ゆっくり静養させようとしているようです。

モンゴル国にとっては英雄・朝青龍であり、現大統領とも親しい関係と聞きます。

1ケ月近くも毎日この問題にマスコミが関わっていたこと自体異常であり、後はこの問題児の横綱がどう振舞うかだと思います・・・

投稿: 容子 | 2007年8月30日 (木) 09時47分

容子さん、こんばんは。

マスコミにとって8月はネタ枯れの季節。そんな時期に降って湧いたような朝青龍騒動、テレビも週刊誌もかなり儲けたようです。

「モンゴル国にとっては英雄・朝青龍であり・・・」
仮病騒ぎで帰国した際に、すぐに御免なさいの会見をしておけば、こんな騒ぎにはならなかったであろうに残念です。

土俵への復帰は難しいのでは?

投稿: バッキー | 2007年8月30日 (木) 20時55分

こんばんは。いつもTBでしかお世話になっていませんが、初の書き込みかと思います。

本件TBでは、受信サイトなどが承認制であったり、本文リンクのないTB拒否などの場合、こちらのブログ管理画面では、送信済みリストに出ないことが往々にしてあるため、そうした場合に当方のポリシーとして、2度ほど送信することがあり、その結果今回は重複してしまいました。余分な分についてはご遠慮なく削除頂ければ幸甚です。

ところで最近、バッキーさんのブログを当方の「茶飲み先リンクリスト(2・・・おおむね登録順になっていますので現在は2段のプルダウンメニューに入っています)に登録させていただきました。

厚かましいお願いではございますが、バッキーさんのご了解とともに、相互リンクなどをしていただければ幸甚です。

なお当方では、VISTA版のIEがRSSリーダー内蔵ですので、「茶飲み先リンクリスト」のリンク先ブログは購読登録もしています。これにより、TB一番乗りに結構役立つようになりました(笑)。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 時評親爺 | 2007年8月30日 (木) 23時39分

こんばんは。
朝青龍の夏巡業休場は、ケガのための静養だったわけですが、そんな朝青龍がサッカー!?・・・ということで、それが仮病のように受け止められ、日本相撲協会から処分がくだされたわけですよね。
ここで素直に悪いと思う心があれば謝罪し、そして処分を全うすることで反省をすれば、日本の伝統でもある「相撲道」を歩むものとして認められたのだと思います。それをかたくなに引きこもって対処しないこと自体謝りだと思います。
高砂親方も、せっかく育てあげた弟子に肝心の「相撲道」の伝達ができていなかったことを悔やんでいることでしょう。
きちんとモンゴルで治療と反省することで、お世話になった日本相撲協会との溝が埋まればいいんですけどねぇ・・・。

投稿: おーちゃん | 2007年8月31日 (金) 02時00分

時評親爺さん、おはようございます。

リンクの件、了解いたしました。時評親爺さんのブログ、私もよく拝見させていただいておりますので、ありがたく思います。帰宅後に早速こちらからもリンクさせて頂きます。

あと、重複TBの件についてはお気遣いなく。

今朝のワイドショーでみましたが、高砂親方、もう今日にも帰国するとの事でしたが・・・・これでは単なる引率ですね。

投稿: バッキー | 2007年8月31日 (金) 08時43分

おーちゃんさん、おはようございます。

「素直に悪いと思う心があれば謝罪し、・・・・」
全く同感です。騒動勃発の直後の帰国で、ちゃんと謝罪すれば済んだものなのに。結局、自らの言葉で釈明をする訳でもなく、ブスっとした表情で母国へ帰国。せっかく、ここまで築き上げた強い横綱の印象が、完全に消えてしまったことが残念です。

弟子が師匠を越してしまうと、こんな状況も生まれるのでしょうかね?

投稿: バッキー | 2007年8月31日 (金) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721852

この記事へのトラックバック一覧です: 騒動は秋のモンゴル場所へ朝青龍:

» 朝青龍問題番外編(モンゴル語の聞こえ方) [時評親爺]
横綱朝青龍がモンゴルへ、ストレスによる「解離性障害」とか言う疾患で、「温泉保養地でモンゴルの伝統的な治療を受温泉療養」するために帰国したらしい(=29日付エキサイトニュース・共同配信より)。到着した空港が「チンギス・ハン空港」とかで「フビライ・ハン空港」でないとか、高砂親方や「知人の本田医師が同行」したとか(=以上29日付エキサイトニュース・毎日配信他)、同行した高砂親方が「機内に乗り込んだタイミングは別々」だったとか、それが「希薄な師弟関係を象徴するかのような場面」だったのか、本田医師が横綱の肉体... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 12時40分

» 朝青龍問題番外編(モンゴル語の聞こえ方) [時評親爺]
横綱朝青龍がモンゴルへ、ストレスによる「解離性障害」とか言う疾患で、「温泉保養地でモンゴルの伝統的な治療を受温泉療養」するために帰国したらしい(=29日付エキサイトニュース・共同配信より)。到着した空港が「チンギス・ハン空港」とかで「フビライ・ハン空港」でないとか、高砂親方や「知人の本田医師が同行」したとか(=以上29日付エキサイトニュース・毎日配信他)、同行した高砂親方が「機内に乗り込んだタイミングは別々」だったとか、それが「希薄な師弟関係を象徴するかのような場面」だったのか、本田医師が横綱の肉体... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 12時41分

» 朝青龍モンゴルへ帰国 [ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす]
朝青龍がモンゴルへ帰国した。いろんな報道の通り、療養のためである。古都ハラホリン(昔のカラコルム)のキャンプ場へ向かい、そこで領するみたいだ。そして今、テレビでそのハラホリンから生中継でワイドショーが中継していた。なんだか、中継のリポーターが上着にジャンパーを着ていてすでに寒いらしい。ところで、この朝青龍、本田医師と高砂親方も引き連れてのモンゴルへの帰国ではある。飛行機の中でテレビ局がその朝青龍の様子をとらえ�... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 15時02分

» この人の量刑はどのくらいが妥当?横綱朝青龍問題 [D.D.のたわごと]
ひどい事件や世間を騒がせる騒動がいろいろ起こっていますが, その当事者に与える罰は,どのくらいが妥当なんでしょう? 今回はモンゴルに帰国した横綱・朝青龍問題について。 [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 21時00分

» バイバイ〜朝青龍 もう帰って来なくていいよ!! [ひとりの独り言]
朝青龍の思惑通りとなったようだね。作戦勝ち。 日本相撲協会も朝青龍に振り回されただけ。もう不要だろう。こんな横綱なんて....... 満足に食事を受け付けないと言われていたが別に痩せたようにも見えなかったし、 解離性障害という割にはフラフラすることもなく車に乗る姿。 そんな朝青龍でも医師の診断があるし、モンゴルとの問題もあり帰国を認めるしかない協会。 もう帰って来なくていいからさ。モンゴルで馬にでも乗って遊んでなよ。 高砂親方は懸命にやったと思う。大ちゃんはモンゴルまで同行する必要はない。 行け... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 21時06分

» 朝青龍、モンゴル帰国! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
朝青龍ことドルゴルスレン・ダグワドルジがモンゴルに帰国しました。久しぶりに見る朝青龍は、ヒゲを蓄えうつむきがちで終始無言でしたが、思ったより元気そうです。 モンゴルで歓楽街に行ったらアウトなど言われてますが、もう充分罰を受けている気はします。朝青龍のプライベートまで全部縛ろうというのは土台無理な気もします。 角界では定期的にスキャンダルがありますが、洗脳問題・花田勝氏・八百長・ミッチーサッチーなど、相撲人気回復のため意図的にやっているわけではないのでしょうが、本場所よりも場外戦の方が盛り... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 21時37分

» 朝青龍 帰国決定 [王様の耳はロバの耳]
飲んだらクビだ朝青龍 親方連係監視(スポーツニッポン) - goo ニュース 昨日昼前後「朝青龍の帰国問題」で臨時理事会が開かれ、そこで結論が出る。と言う事で若いキャスターが国技館か協会の前で待機している場面がTVで流れている。 ついで「朝青龍が何で帰国したいか」を解説していた。 既に引退した旭鷲山がモンゴルで新進ビジネスマンとして大成功をしているそうだ。朝青龍はそれに習い様々なビジネスをやっているらしい。勿論横綱の兼業は禁止されているから実務は親類・縁者に任せている。新規ビジネスの展開や契約の問... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 06時49分

» [朝青龍問題]結局何もわからず、解決せず [BBRの雑記帳]
ウランバートルの空港って、まさに草原の中ですね。ここに降り立った横綱は、果たして日本への便に再び乗って行くことがあるのでしょうか。 朝青龍がモンゴル帰国 地元ファンらに姿見せず療養先へ(asahi.com) (元ニュースはこちら) (記事引用) 大相撲...... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 07時24分

» 朝青龍 帰国中は繁華街禁止 [zara's voice recorder]
<朝青龍>帰国中の生活に「制約」…繁華街への外出認めず 2場所連続の出場停止処分などを受けた横綱・朝青龍が母国モンゴルに帰国し、療養することを認めた日本相撲協会。朝青龍は11月25日の九州場所千秋楽まで謹慎の身。28日緊急理事会を開催した協会はモンゴルで..... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 07時40分

» 朝青龍がモンゴル到着 [あれこれ随想記 ]
朝青龍がモンゴル到着 温泉保養地で治療へ(共同通信) - goo ニュース ストレスに起因する「解離性障害」と診断された大相撲の横綱朝青龍(26)=高砂部屋=が29日、ウランバートル郊外のチンギスハン国際空港に到着した。朝青龍は同日午後、無言のまま成田空港から離日。師匠の高砂親方と本田昌毅医師も同行した。朝青龍はウランバートルから約400キロ離れた温泉保養地でモンゴルの伝統的な治療を受けることになる。 朝青龍の希望がかない、会見も開かないまま、モンゴルに帰国することができたようです。 同情票を獲得... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 22時01分

» 朝青龍モンゴルでの温泉治療、続報 [温泉@至高の湯]
朝青龍関が9月12日からモンゴルでの温泉治療を開始したことについて、師匠の高砂親方(元大関朝潮)のコメントによると、最低でも1週間は温泉治療を行うようです。 朝青龍関はハラホリンの保養施設に滞在しており、そこからホジルトの温泉施設に毎日通い温泉治療を行うと....... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 00時40分

« 第4の男と闇の職安、千種区の拉致事件 | トップページ | 企業の時価総額、中国に抜かれました »