« 騒動は秋のモンゴル場所へ朝青龍 | トップページ | 当たり前だが健康が一番だ »

2007年8月31日 (金)

企業の時価総額、中国に抜かれました

報道を一概に鵜呑みにする訳にもいかないが、英国の経済紙で有名なフィナンシャル・タイムズによれば、株式市場に上場する企業の時価総額で、香港を含む中国が日本を上回ったらしい。

28日の終値ベースで、中国市場の4兆7200億ドル(約542兆円)に対して、日本市場は4兆7000億ドル(約540兆円)。あらっ、ちょっと抜かれたか。

同誌では、米国での「サブプライムローン」問題で日本市場が動揺、株価が大幅に下落したのに対して、中国市場は好調な企業業績を背景に、株価を上げてきていることなどが要因としている。

北京五輪、上海万博と大イベントが続く中国、企業が元気なのは当然といえば当然。

が、それとは裏腹に、このところ世界的な規模での中国製品への風当たりの強さ。

その原因はどこにあるのか?たぶん、「儲けが全ての体質」にあるのではと。by管理人

ハイペースで成長を続ける中国経済、この企業体質を変えないと、いつか大きなしっぺ返しとなって返ってきそうな感じも。成長に応じた、成熟する社会になって欲しいものです。

 

               最新のランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋 税理士 柳和弘税理士事務所 一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

|

« 騒動は秋のモンゴル場所へ朝青龍 | トップページ | 当たり前だが健康が一番だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721853

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の時価総額、中国に抜かれました:

» 北京五輪:米国選手団の宿泊先が韓国に!? [中国ニュース]
米国五輪代表チームが来年の北京五輪の期間中に利用する宿泊施設を韓国に構える可能性がある、と米国のブルームバーグ通信が2日に報じた。 米国は自国の選手団を北京の光化学スモッグから守るため、このような計画を進めているという。韓国でトレーニングを積み、試合があるときだけ飛行機に乗って北京に移動するとの構想だ。 今年4月に米国五輪組織委員会が忠南道天安市を訪問し、「ここは米国サッカー代表のトレーニング場所として最適で、陸上の中・長距離選手たちのトレーニング場所としても格好の条件を備...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 20時44分

» 五輪、万博大型イベントに商機 中国市場へ地場攻勢 天井内幕材や高圧開閉器 技術、ブランド力活用 [中国ニュース]
中国で開催される来夏の北京五輪や2010年の上海万博などを商機ととらえ、中国での事業展開を活発化させる地場関連企業が相次いでいる。独自技術やブランド力を生かし、会場設備やインフラ整備を受注する企業が目立つ。各社とも、世界的なイベントを足掛かりに、今後も成長が見込める巨大市場での事業拡大を目指している。 福岡県発祥のフッ素樹脂加工メーカー中興化成工業(東京)は、北京五輪のメーン会場で「鳥の巣」の愛称で呼ばれる国家体育場の天井の内幕材約6万平方メートルの生産を受注。上海でも、今...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 20時53分

« 騒動は秋のモンゴル場所へ朝青龍 | トップページ | 当たり前だが健康が一番だ »