« 心の準備は出来ていましたが | トップページ | まるで喪服姿の時津風親方 »

2007年10月 5日 (金)

今でも、医は算術か?

医師資格を持たない男が、岐阜県北方町で眼科診療所を開設していた事件で、この男が医師法違反の疑いで逮捕された。

小中学校で学校医まで勤め、患者の評判も良かった診療所の先生が、まさかニセ医者だったとは・・・・・・・・。独学で勉強したらしいが、よほど本物らしく振舞っていたのか。

看板を出した診療所があって、そこに白衣姿で聴診器とくれば、誰でも鼻っから本物の医者だと信じて疑わない。

腕の良し悪しは近所で噂になっても、まさか、ニセ医者とまでは誰も考えない。

いくら胆の座った人間でも、診察前に面と向かって、「先生、失礼ですが本物のお医者さんですか?」と、そんな風に訊くだけの勇気もない。

ネットで拾った画像を元に、偽造した書類の提出だけで役所の審査をぶじ通過、堂々とクリニックを開設することが出来てしまう事にも驚く。

さらに驚いたのは、インチキ診療で得た収入が、なんと通算3年8ヶ月の間に2億円。

「医は算術」とのコトワザどおり、このニセ医者、しっかりと稼いでいたのは間違いない。

都市部での医者余りとは裏腹に、地方における深刻な医者不足。

街から少し離れた地域に加えて、眼科という専門性が、このニセ医師の懐を大きく暖める事に貢献したようだ。

一部の新聞で、患者の評判も良かったと記事にあったが、それでもダメなものはダメだ。

管理人の勝手な推測だが、かなり大人数の診察をしてきた手前、誤診や治療ミスが無かったとは考えにくい。大きな間違いやミスが起きていなければ良いが・・・・・・・・・・。

 

               最新のランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

    

|

« 心の準備は出来ていましたが | トップページ | まるで喪服姿の時津風親方 »

コメント

バッキーさま

この様な行為は今も昔もよく遣っている人が多いと見えて報道されます。きっとよほど旨味が在るのかしら???

眼科だと比較的個人営業で出来やすいからなのかなぁ・・・
薬のニセ販売・・・これら医療に関する事はきっと耐えることがないのでしょうね。ナサケナイ・・・

所で私久方振りに小沢民主党の事を書きました見てもらえるとうれしいのですが・・・

投稿: 容子 | 2007年10月 6日 (土) 11時23分

容子さん、こんにちは。

「眼科だと比較的個人営業で出来やすいからなのかなぁ・・・」
そうですね、眼科だと大きな医療設備の初期投資も必要ありませんし、何より、コンタクトレンズを処方する際にも眼科医の検診が必要となってきますから。その辺でうま味があったのでしょうか。

右サイドバー、お気に入りにあるブログは毎日の欠かさずに見てますよ。だから、容子さんのブログも日参しています。

投稿: バッキー | 2007年10月 6日 (土) 12時06分

都市部での医者余りとは裏腹に、地方における深刻な医者不足。

もうすでにご存知とは思いますが、東京・大阪といえど医師は足りておりません。不足しております。

東京では、生理が1週間遅れた段階で分娩予約をしないと生む場所がなくなります。お産難民が大量に発生しつつあります。そして、小児科医療・救急医療は崩壊しております。麻酔科医は壊滅状態になりつつあります。

これから、内科医・外科医が全国の病院からいなくなります。
なぜなら、疲労困憊して、体を壊すか・心を壊すかという瀬戸際に医師たちが来ているからです。

我々患者予備軍は、ことのほか健康に気をつけないと、診てくれる医者を見つけることが非常に困難な現代を生き抜けなくなりますね。

投稿: 崩壊を眺めるもの | 2007年11月 8日 (木) 12時21分

崩壊を眺めるものさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
「東京・大阪といえど医師は足りておりません」
公立病院、大学病院での医師不足、既に限界のようですね。人を助けるという強い信念と意志だけで、自分の身を粉にして勤務につとめているのが実態のようです。

都市部の「開業医」と書くところを、言葉が足りませんでした。ごめんなさい。
どんな症状でも、「カゼですね」、と適当に診断する算術だけのお医者さんは、まだまだ街には沢山いますけど。

公立・大学病院での医師不足は、報道をみるところでは相当に切羽詰まった印象をうけました。

「東京では、生理が1週間遅れた段階で分娩予約をしないと生む場所がなくなります」
凄い話です。東京でも産科はそんな状況なのですか?これでは、冗談話ではなく、本当にお産難民が多く出そうですね。これじゃあ心配で子供も産めないという声も、切実に伝わってきます。

「外科医が全国の病院からいなくなります」
訴訟のリスクも考えると、その可能性も高そうですね。何かの本で読んだのですが、いずれ外科手術はタイとかフィリピンにまで出向かないと受けれなくなるかも、そんな事が書いてありました。

もし、そんな事になったら・・・・・
海外まで行って治療を受けられるのは、何人いるのでしょうか?
考えただけで恐ろしい。うちは行けません。

詳しいコメントありがとうございました。また寄ってくださいませ。

投稿: バッキー | 2007年11月 8日 (木) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721881

この記事へのトラックバック一覧です: 今でも、医は算術か?:

« 心の準備は出来ていましたが | トップページ | まるで喪服姿の時津風親方 »