« 追記・NOと言われる営業手法。青木堅治と桜庭あつこ | トップページ | 経営者としての責任の取り方 »

2007年10月24日 (水)

長渕剛のライブにいって来た

楽しみにしていた長渕剛のライブ、地元名古屋の日本ガイシホール初日に行ってきた。

会場周辺には、成りきり長渕に、ナンチャッテ長渕、ギター片手に長渕剛の曲を歌っている「自称長渕剛」の姿も多い。

それも、どの長渕もみんなギターも歌もかなり上手い。なかなかだ。

中にはぐるっと周りをギャラリーが取り囲んでいる人気者までいる。

開演前の、剛、剛、剛の剛コール。DVDでは観ていたが生だとはるかに想像以上の熱気。

CDも繰り返し聴いたので歌詞の方はほぼ完璧、ライブの流れもDVDの映像を何度もチェックした、ライブは初めてだが頭の中のイメージだけは完璧だ。

オープニングのモニター映像は、日の丸が静かにたなびくシーンから。いよいよ始まる。

一曲目はツアーのタイトル曲から。演奏、そして本人登場でいきなりスタンドアップ状態に。

管理人も乗り遅れないようにスクッと立ち上がる。

もう、ここからは「おっ、おっ、おっ」と右手の拳を上に挙げる挙げるの連続、あとは一緒になって大声で唄うだけだ。

これからライブいかれる読者さんがおみえだと白けるので、中身はこれだけにしておきます。

6時40分スタートで、ラストは9時30分。ほぼ3時間近くのライブ。

大声で唄って声が枯れる、力の入った拍手で手も痛い、疲れた、もう降ろしたいと思う右手、なんだか「生きてる」って素直に実感するライブだった。感動した。行って良かった。

ブログでは見せないが、最近、ほんと仕事に追われる毎日。仕事のストレスでかなり精神的にもプレッシャーを感じていた。そんな時のライブだったので、もの凄いパワーを貰った感じがする。

こちらも充電完了って感じだ。ありがとう剛さん。

今回のライブ、「日本人に生まれて感謝しています」との剛さんのメッセージが、一番、強く印象に残った。

           最新の会計ランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 一日に一度だけで結構です ↑ ↑ ↑

|

« 追記・NOと言われる営業手法。青木堅治と桜庭あつこ | トップページ | 経営者としての責任の取り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721902

この記事へのトラックバック一覧です: 長渕剛のライブにいって来た:

« 追記・NOと言われる営業手法。青木堅治と桜庭あつこ | トップページ | 経営者としての責任の取り方 »