« 続・いち小沢塾出身の立場から | トップページ | 円高に株安、大丈夫かニッポン »

2007年11月 8日 (木)

今日の東京市場、いやな予感が

7日のNY株式市場のダウ平均、サブプライムローン問題への懸念が広がって急反落、前日比360ドル安の1万3300ドルで取引終了。下げ幅は今年5番目の大きさ。

サブプライム問題関連の損失拡大などの影響から、7~9月期決算が巨額赤字となったゼネラル・モーターズ株の急落をきっかけに、米国銀行最大手のシティグループなど金融関連株も売りが加速。

原油価格が高止まっていることに加え、ドル安の流れでインフレ警戒感が強まったことが原因。

午後は全面安の展開に。

日本では週の頭から民主党小沢代表の報道で一色だったが、外に目を向けると経済が大変な事になっている。

今、これを書いているのは朝の8時45分。もう少しで東京市場が開く。

小沢ショックから一夜明けた今日は、株安ショックが日本を襲いそうな感じ。

 

最新の会計ランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 続・いち小沢塾出身の立場から | トップページ | 円高に株安、大丈夫かニッポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721921

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の東京市場、いやな予感が:

« 続・いち小沢塾出身の立場から | トップページ | 円高に株安、大丈夫かニッポン »