« 私的ネタ。今日から復帰いたします | トップページ | 大荒れの天気と大掃除 »

2007年12月30日 (日)

いくら何でも大盛り過ぎる

写真のざる蕎麦、量はあるが決して2人前ではない。

Ts330291 注文したのは普通のざる蕎麦。

何故か蕎麦の下には薄くウドンも敷いてある。

外回りの際、月に1、2度お昼に利用するスーパー内のウドン屋さん。年内最後の食べ納めに昨日寄ったところ。

食後にご馳走さまと挨拶するのが気に入りられたのか、いつも決まって勝手に大盛りをサービスしてくれる。

ありがたい。

大将、つけタレが絶対に足りなくなるのを見越して、タレもスペアーを用意してくれたようだ。

ありがたい。

でも

さすがにこの量は多すぎる。周りに座っている他のお客さんも、蕎麦とウドンの組み合わせ、何のメニューのを注文したのかと不思議顔。 
 
同じざる蕎麦を頼んだ斜め向かえにいる親爺さん、その目は自分の皿と管理人の皿とを見比べている。
 
何となく気まずい。それ以上にここまでされると、食べ切れずに残す訳にもいかない。

ギャル曽根ではない、管理人、むしろ少食の方だ。正直、ちょっと辛い。
 
徐々に(涙)め。ウッときた。かなりきている。

それでも食べている。
 
結び  頑張ってちゃんと完食しました
 
会計系に復帰しました。最新の会計ランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 私的ネタ。今日から復帰いたします | トップページ | 大荒れの天気と大掃除 »

コメント

私は、かるくいけそうです。(笑)
昼は、毎日麺ばかりで、トリプルです。
「ごちそうさま」と言う人は、いいですね。
客の目から見ても、気持ちいいですね。

投稿: ぜん | 2007年12月30日 (日) 23時22分

ぜんさん、おはようございます。

「かるくいけそうです。(笑)」
結構ありましたよ。写真は少し食べてからのものです。これブログのネタにしようと思いつき、食べてる途中に写真を一枚。

蕎麦の下にウドンがあったのには笑いました。お盆をセルフで上げ下げするお店なので、いつも帰り際には「ごちそうさま」の一言を。

たったの一言ですが、これだけで両者がいい関係になっているようです。挨拶、大切ですね。

投稿: バッキー | 2007年12月31日 (月) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40721980

この記事へのトラックバック一覧です: いくら何でも大盛り過ぎる:

« 私的ネタ。今日から復帰いたします | トップページ | 大荒れの天気と大掃除 »