« 朝青龍よりも橋下弁護士だ | トップページ | JTの株価と中国製の毒入りギョーザ »

2008年1月30日 (水)

無銭宿泊、ダンナは何してたの?

厚顔無恥な母親家族にも驚くが、呼ばれてお泊りに来たという、別の親類家族も似た者同士。さすがに親類だけの事はある。

家族5人で年末年始の17日間、旅館に無銭宿泊したとして、詐欺の容疑で群馬県富岡市の派遣社員が逮捕された。

捕まったのは、無銭宿泊家族の母親。

年末の28日から正月明けの13日までの17日間、上げ膳下げ膳にスキーに温泉にと、冬の赤倉を満喫したようだ。

宿泊代や食事代は計約106万円、17日分、それを家族5人の頭数で割ってみると、ひとり当たり一泊1万2千円ちょっとの計算になる。

赤倉温泉の中では中の上ぐらいの宿か?

気になるのは17日間もの連泊、一緒に泊まっていた夫、仕事の方はどうしていたのかという疑問。

旅館で朝起き一番、ひと風呂浴びて朝食後、優雅に仕事場に向かっていたのか。

それとも派遣の合間だったのか、ひょっとすると温泉三昧、気分はすっかり湯煙モード、仕事なんて馬鹿馬鹿しくなって勝手に欠勤していたとも考えられる。

管理人が一番知りたいのはこの点なんだが、新聞は伝えていないので不明である。

さすがの連泊に旅館も支払いを求めると、この厚顔スッとぼけの母親、「コンビニで金を下ろしてくる」と言い残して、一家で旅館をトンズラしたらしい。

後に逮捕されたということは、この母親、宿帳には正確な情報を記載していたのか。

そうだとすると、益々、この母親の大胆な不敵な行動、普通の人間では理解するのは無理なようだ。

 

最新の会計ランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 朝青龍よりも橋下弁護士だ | トップページ | JTの株価と中国製の毒入りギョーザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40722006

この記事へのトラックバック一覧です: 無銭宿泊、ダンナは何してたの?:

« 朝青龍よりも橋下弁護士だ | トップページ | JTの株価と中国製の毒入りギョーザ »