« 真空飛び膝蹴り | トップページ | 過度な競争は足元をすくう »

2008年2月22日 (金)

阿部四郎レフリーを思い出した

重慶での日本対中国のサッカー試合をネタにした昨日の記事タイトル、「真空飛び膝蹴り」。

改めて写真でみても決して大げさな表現ではなかった。

Photo 写真、スポーツニッポンさんから。

テレビを観ていて、試合中に流されたスロー映像から、率直な感想をタイトルに付けましたが、こうして静止画でみてみると、「飛び蹴り」の表現は間違っていなかった気もする。

ただし、「真空」は余分か?

遠く離れた日本でみてもハッキリと分かる反則ワザ。

なんで、間近にいた主審にコレが見えないのか。大きく疑問だ。

先日の日中戦主審、ひょっとして、80年代女子プロレス界で一世を風靡した、あの悪役レフリー役で有名だった阿部四郎?いや違う、憎まれるだけで愛嬌のかけらも無い。

日中戦の主審、彼は単なる偏ったジャッジをするだけの男。審判たるプライドもない男。

ヒール役を演じたあの四郎とは、似ているようで全く違う。

昨日のネタに貰ったコメントから、またネタにさせてもらいました。

最新の会計ランキングはこちらから→人気blogランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 真空飛び膝蹴り | トップページ | 過度な競争は足元をすくう »

コメント

こんにちわ

サッカー日中戦・・・本当にひどかった。
あの時どんな気持ち(つもり)で中国選手が戦っていたのか
聞いてみないとわからないけど、ある意味本気で
あれほどのラフプレーをしたんだろう。
そして何をやっても大丈夫だと・・・。
そうでなけりゃ、あんな事できないよなあ。
中国選手はあの試合を世界中が見ていること
世界の皆がどう考えるかぐらい予測できないのでしょうか。
あの一試合で「中国サッカーは・・・」と、ず~っと言われるハメになってしまったんですよ。

昨日のニュースでは、中国国内でも批判的意見も高まっているようですから、今後は「普通のサッカーの試合」が出来ることを切に願います。

しかし・・・子供に言ってるみたいで、何とも・・・。

それにしても、とび蹴りをくらった選手は
大した事なかったみたいで良かったです。

投稿: ささ舟 | 2008年2月22日 (金) 10時14分

こんばんは。

記事のネタに使っていただけたので、コメントした甲斐がありました。

この阿部四郎、私よりも一世代以下の人間には「はぁ??」と言われる存在でした。

こういう現実を目の当たりにすると、わが身の歳を感じさせられますね。

投稿: くりむ翔 | 2008年2月22日 (金) 20時39分

ささ舟さん、おはようございます。

あの一試合で「中国サッカーは・・・」と
毒入りギョウザで風向きの悪い中、日本人の対中感情に決定的な
悪いひと押し、この場合は「ひと蹴り」をしてしまったみたいですね。

あと、この一件、他の多くのブロガーさんも書かれていたようで、笑えたのは記事やタイトルの中に、映画「少林サッカー」を引っ掛けたものが多数あったこと。

投稿: バッキー | 2008年2月23日 (土) 07時51分

くりむ翔さん、おはようございます。

阿部四郎、・・・・一世代以下の人間には「はぁ??」と言われる」
そうですね。25年以上も前に人気になったヒール役ですから。
シローの説明、もう少し書いた方が良かったでしょうかね。

阿部四郎、どんな顔だったか興味が湧いてきましたので、またネタに書こうかな。

投稿: バッキー | 2008年2月23日 (土) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40722026

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部四郎レフリーを思い出した:

« 真空飛び膝蹴り | トップページ | 過度な競争は足元をすくう »