« マラソン現場から | トップページ | 初老オヤジが何故モテルのか? »

2008年3月 9日 (日)

今日3度目のQちゃん

今日3度目のQちゃん
前回2回は撮影失敗。 最後のチャンスに何とか撮れた。

ここにも「ドタマ」が3つ。

携帯から。継続を希望の方は応援を→人気blogランキング

|

« マラソン現場から | トップページ | 初老オヤジが何故モテルのか? »

コメント

ずるい~
青森ではテレビもねぇ!ラジオもねぇ!
それなのに生で見れるなんて。
電波の地域格差だあー
仕方なく地味に大相撲名古屋場所を公共放送で見ておりました。

投稿: 村長 | 2008年3月10日 (月) 12時22分

村長さん、こんにちは。

お昼休み中、あれ、コメント数分前ですね。まだお近くか?

「青森ではテレビもねぇ!ラジオもねぇ!」
えっ~そうなんですか!!全国ネットだと信じきっておりました。
それじゃあ、昨晩からのテレビ報道の構成では、「失速とか」のタイトルが無ければ、Qちゃんが優勝なのかと勘違いしてしまいそうですね。

絶対全国ネットだと思ってました。

あっという間に通り過ぎていってしまいましたので、ほんと、一瞬でした。

投稿: バッキー | 2008年3月10日 (月) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/40722043

この記事へのトラックバック一覧です: 今日3度目のQちゃん:

» [名古屋国際女子マラソン]Qちゃんが「過去の人」になった日 [BBRの雑記帳]
女子マラソンは五輪への最後の切符を賭けた名古屋国際。何と言ってもQちゃんがどのような復活レースを見せるか、ということに関心が集中していますが、何しろ後がないものすごいプレッシャー、ケガが続いたここまでの流れで本格的なレース勘を失っていないかと不安は多い...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 14時45分

» [名古屋国際女子マラソン]Qちゃんが「過去の人」になった日 [BBRの雑記帳]
女子マラソンは五輪への最後の切符を賭けた名古屋国際。何と言ってもQちゃんがどのような復活レースを見せるか、ということに関心が集中していますが、何しろ後がないものすごいプレッシャー、ケガが続いたここまでの流れで本格的なレース勘を失っていないかと不安は多い...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 14時46分

» 一時代の終焉?(名古屋国際女子マラソン編) [時評親爺]
優勝したのは、”Qちゃん”こと高橋尚子選手(35)でも坂本直子選手(27)でもそして弘山晴美選手(39)でもなく、大阪国際女子マラソンで2位の健闘をした森本友選手(=2時間25分34秒)と同じ所属の、てんま屋の中村友梨香(21)選手であった(=2時間25分51秒)。期待された高橋尚子選手は、スタート後の8-9km初っ端あたりから、失速と言うよりもエンジンが掛かりきらないままずるずると後退していったようなレースだったと思う。どうやら27位で完走した模様だが(=2時間44分18秒:9日付朝日新聞)、テレ... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 16時00分

» 「最後の1枠は天満屋で」ですか・・・(中村友梨香、初マラソン初優勝) [現代徒然草]
 先日の記事で「※付きの選手の選考会」と書いた今日の第29回名古屋国際女子マラソンでしたが、勝利を手にしたのは、同じ「条件付き」の選手... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 16時32分

» 名古屋国際女子マラソン 高橋尚子選手は27位と惨敗 [つらつら日暮らし]
北京五輪の代表の座をかけて行われた、名古屋国際女子マラソンで、シドニー五輪の金メダリストの高橋尚子選手は、27位と惨敗しました。 [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 22時24分

» 名古屋国際女子マラソン 高橋尚子惨敗 [しっとう?岩田亜矢那]
トップから18分以上の遅れ、正に惨敗である。 レース後に、昨年8月に右ひざ手術をした事を明かしたが 事実上、選考レースには出れるような状態ではなかったと言う事か? 五輪金メダルに国民栄誉賞まで貰った、過去の栄光 そして35歳という年齢を考えると この辺りが引き時か、と傍からは思えたが高橋尚子本人は 「やりたいこともあるので、もう少し走らせてください」とのコメント。 メキシコ五輪の男子マラソン銀メダルの君原健二さんが 「アマチュア選手に引退はない」と 未だにマラソンを走られているように、 (プロ化... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 22時27分

» 中村友梨香が名古屋を制す!高橋尚子はまさかの惨敗 [日刊魔胃蹴]
北京五輪マラソン代表の最終関門・名古屋国際女子マラソンが9日、名古屋市の瑞穂陸上競技場発着のコースで行われました。今大会はシドニー五輪金メダリストの高橋尚子の参戦で注目が集まりましたが、アテネ代表の坂本直子、大阪世界陸上代表の原裕美子、2年前の名古屋を制した弘山晴美なども北京五輪代表を目指して参戦。この大会を優勝することも大事ですが、大阪国際で2位の森本友の2時間25分34秒を上回れば北京行きが決定的となります。土佐礼子、野口みずきはほぼ確定、残る1枚の切符の行方は? レースは最初の1キロが3... [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 02時00分

« マラソン現場から | トップページ | 初老オヤジが何故モテルのか? »