« 年に一度まじめに考えてみる | トップページ | 北のマスゲームにハイテクをプラス »

2008年8月 8日 (金)

タモリを見る目が変った

「私もあなたの数多くの作品の1つです」。

72歳で亡くなった漫画家、赤塚不二夫さんの通夜で読まれたタモリの弔辞。

7分56秒もの長い弔辞の最後の言葉。

一言で全てを表現した名言である。

今朝の朝ズバッでも、神妙な面持ちで弔辞を読むタモリさんの姿。

手にした弔文に目を落としているものの、見た限り、どうやら何も書かれていない白紙のよう。

それをいかにも読んでいるかのように、淡々と言葉にしていくタモリ。

報道されているように、アドリブでの弔辞だったみたいです。

亡くなった赤塚さんに送る最後のギャグだったのか。

だったとしたら、「天才」と赤塚さんが褒め称えたように、タモリは凄い。

昼間努めている社会人にとって、「笑っていいとも」ぐらいしかテレビで見かけないタモリの印象は希薄。

管理人も同じ。

でも、今回の件で見る目が変った。

芸の無い、使い捨てのお笑いタレントがウジャウジャいる中、その対極にベテラン天才芸人の底力を、改めて知らされた感じがする。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 年に一度まじめに考えてみる | トップページ | 北のマスゲームにハイテクをプラス »

コメント

> 管理人様

芸能界に於ける育ての親というような感じだったみたいですね。全然知りませんでした。そういう立場の人だったからこそ、このような弔辞を述べることが出来たのでしょう。タモリさん、さすがに長年12時台を支配しているのは伊達ではないですね。

投稿: tenjin95 | 2008年8月 8日 (金) 16時22分

tenjinさん、おはようございます。

サックス奏者としての非凡な才能は存じておりましたが、やはり芸人としても一流だったんですね。

「さすがに長年12時台を支配しているのは」
そうですね。確かギネスにも載っていたのでは?

赤塚さんが一目惚れするほどの逸材だったとは・・・・。
今回の訃報があるまで全く知りませんでした。

それにしても、いい言葉でしたね。

投稿: バッキー | 2008年8月 9日 (土) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/42102418

この記事へのトラックバック一覧です: タモリを見る目が変った:

« 年に一度まじめに考えてみる | トップページ | 北のマスゲームにハイテクをプラス »