« 今年の漢字、「不」なんてどうでしょう | トップページ | 一発屋じゃなかった高原兄 »

2008年11月18日 (火)

国籍法の改正で日本国籍も安売りか?

国会議員は勿論のこと、閣僚ですら法案の中身をしっかり理解していない、そんな危なっかしい国籍法の改正案が審議中。

ニッポンの行く末に極めて重要な法案が、新聞やテレビでの報道もないまま、私たちの目にも耳にも届かないうちに、僅か数日間の国会審議で改正されそうな流れ。

政治ネタ、仕事の上ではマイナスなので避けたいところだが、放ってはおけない案件。

今日は書こう。

未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ、出生後に認知された子の日本国籍取得要件から「婚姻」を外す国籍法改正案が、14日から審議入り。

同法案、なんと明日18日にも本会議で賛成多数で衆院を通過する見通しとのこと。

伝えているのは産経新聞社と読売ぐらい。あとは全マスコミ、何故か見事にスルー。

現行の国籍法では、未婚の日本人男性と外国人女性の間に生まれた子供が出生前に認知されなかった場合、国籍取得には出生後の認知」と「父母の婚姻」の要件が必要。

しかし、改正案では結婚していなくても父親が認知すれば、届け出によって日本国籍を取得できるようになるらしい。

法律や規制の大幅な緩和で、インチキ商売が出てくるのは社会の流れ。

例えば、斡旋業者が生活に困ったホームレスのおっさんに幾らか握らせて、子供に日本国籍を与えたい外国人女性も適当に口裏合わせ。

あとは虚偽の届出をするだけで、ハイ、日本国籍が取れましたも可能となる。

いくら人口が減少する時代になってきたといっても、こんな形で容易にニッポン人が増殖していくのは困る。

マズイのと違いますか。

オンラインでの反対署名活動もされているようです(匿名表示も可)。私も署名しました。
http://www.shomei.tv/project-401.html

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋 税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 今年の漢字、「不」なんてどうでしょう | トップページ | 一発屋じゃなかった高原兄 »

コメント

> 管理人様

なんとも恐ろしい話ですね。
なんだか、小泉政権以降、こういうワケの分からない重要法案が、一気に通過していくという事態になっているようですね。

投稿: tenjin95 | 2008年11月19日 (水) 07時27分

tenjinさん、おはようございます。

「こういうワケの分からない重要法案が・・・」
新聞、テレビで全く伝えないこの異常さは何か怖いですね。
それも僅か数日での審議で可決。
ますます怪しい感がいたします。

先例の欧州、特にドイツあたりの現状をみれば法案の欠陥が分かると思うのですが。

投稿: バッキー | 2008年11月19日 (水) 08時10分

ご無沙汰です┏○ペコ

そんな簡単に国籍が認められるんですか( ̄□ ̄;)!!
日本はいつからこんなクサレビッチばかりに。。

バッチ外して議院辞めて欲しいですヽ(`Д´)ノ

投稿: ゼシカ | 2008年11月20日 (木) 07時21分

ゼシカさん、こんにちは。

「そんな簡単に国籍が認められるんですか( ̄□ ̄;)!!」
そうなるみたいですよ。せめてDNA判定だけでも必要かなとは思いますが。

投稿: バッキー | 2008年11月20日 (木) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/43126727

この記事へのトラックバック一覧です: 国籍法の改正で日本国籍も安売りか?:

» 「国籍法改正案」?! [SCRAMBLE-8]
国籍法改正案審議入り 不正認知横行の懸念も未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ、出生後に認知された子の日本国籍取得要件から「婚姻」を外す国籍法改正案は14日、衆院法務委員会で趣旨説明が行われ、審議入りした。自民、民主両党は同法案を30日の会期末までに成..... [続きを読む]

受信: 2008年11月18日 (火) 01時58分

» 改正国籍法 日本人とは誰なのか [RE:SUKI]
かなり寒くなり風邪など引きながら暮らしています、こんばんは。 今日は自民・公明・民主党が、共に推進している「国籍法の改正」についての話を書いておきます。 平成20年6月4日、最高裁判所大法廷にて1つの判決が出ました。  「原判決を破棄する。被上告人の控訴を... [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 01時50分

« 今年の漢字、「不」なんてどうでしょう | トップページ | 一発屋じゃなかった高原兄 »