« 微笑みの国タイが揺れている | トップページ | バミューダーなになにの日? »

2008年12月 5日 (金)

派遣切りと忘年会の行方

派遣切り」、ここ数日の間に急に新聞やテレビでよく目にするコトバ。

この語の意味するところは字のまんま。

契約期間中にもかかわらず派遣労働者の首を切ること。

理由は単純、景気悪化にともなう消費低迷でモノは売れない。

だから作るのも減らしましょう。

減産するので労働者も要りませんの流れ。

コスト削減に伴うリストラ、あくまでも企業側からみた流れであって、働く労働者らにとっては生きるか死ぬかの大問題。

会社から、「来週から仕事来なくていいよ」なんて会話が普通に交わされる今の世の中。

景気も寒いが心も寒い。

財界トップ、経団連会長の御手洗さんところも、大幅なリストラをやるみたいだし。

先の見えない不景気感、まだまだこれからが先が本番だ。

学校時代の親しい仲間には、車関係のアイシン正社員もいるし小さな会社でバイト掛けもちの仲間もいる。

今年の忘年会、どうしようか?

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋 税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 微笑みの国タイが揺れている | トップページ | バミューダーなになにの日? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/43324999

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣切りと忘年会の行方:

» 派遣切りで困るのは労働者と派遣会社 [かきなぐりプレス]
派遣切りが止まらない。 自動車メーカーの次は家電の番だ。好調にみえるキャノンまでが大分工場の1100人を解雇する。 労働者派遣法が改正されるたびに派遣労働者を増やしてきた。 そもそも派遣は専門的知識や技術を要する特定職種に限られていた。 小泉政権下の2003年に労働者派遣法が改正され、工場などの単純作業まで原則解禁になったことから派遣労働者の数が一気に膨れ上がった。 派遣の解禁は財界からの圧力があった。 日経連は国際競争の中で、日本の企業が生き抜いていくためには、... [続きを読む]

受信: 2008年12月 5日 (金) 10時34分

» 派遣切り問題にも不熱心な崖っぷち太郎 [日本の片隅で「バカ!」と叫ぶ]
自民党の御用メディアがこのような記事 を書くとは思っていなかったが、なんだか福田前総理が最初に辞任を口にしたとされる時の状況を思い出す。麻生総理を擁護するつもりは更々無いが、「100年に1度の暴風雨」を前に政治空白をつくり、自民党総... [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 09時03分

« 微笑みの国タイが揺れている | トップページ | バミューダーなになにの日? »