« 今年も当ブログをご贔屓にお願いいたします | トップページ | 一息ついたら派遣村から出て働こう »

2009年1月 3日 (土)

年越し派遣村の対象者とは

炊き出しや宿泊場所の支援をしていた「年越し派遣村」、約20団体の有志が日比谷公園内で開設していたが、予想以上に人が集まってテント数がパンク。

結局、主催者側が厚生労働省に助けを求めたらしい。

講堂の床、下から冷えるが暖房はあるらしいのでテントよりは随分マシ。

まあ、100年に一度とも言われる不景気、5日午前9時までの期限付きなら緊急避難的な使用も仕方がないか。

このニュースひとつ気になったのは支援を受ける対象者。

前からホームレスだった人たちはどうなの?

派遣切りで住まいを失った人たちと区別されてるの?

遊びすぎで帰宅できずに泊り込んだ奴とかはいないのだろうか?

新聞やテレビの報道を見ただけでは、このヘンがよく分からない。

細かいこと言うな「支援」だと言われればソレまでですが。

ミニストップだったかセブンだったか、年末に寄ったコンビニのカウンターにはバイト募集って目立つ位置に貼ってあった。

不況不況といっても仕事のひとつやふたつ、選ばなければ何か見つかりそうな気もしますけど。

5日午前9時までの期限、派遣を切られた切られただけでは何も前には進まない。

とにかく先ずは職探し。灯台元暗し、大都会東京、探せばきっと何か見つかる筈。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋 税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 今年も当ブログをご贔屓にお願いいたします | トップページ | 一息ついたら派遣村から出て働こう »

コメント

> 管理人様

> このニュースひとつ気になったのは支援を受ける対象者。

本当に、ここが重要ですね。今回の派遣切りと、是まで既に職を失っている人、この両方がどうなっているのか?気になっています。

投稿: tenjin95 | 2009年1月 3日 (土) 11時05分


しかし、本当に困窮している人ばかりなのか疑問ですね。インタビューを見たのですが、タバコをプカプカしながら答えていた人が・・・・・・。タバコを吸う余裕があるじゃんかっ。とツッコミたくなりました。( ̄□ ̄メ)
それにバッキーさんのご指摘の通り、意外と仕事ってあるんですよねぇ~。┐(´д`)┌

投稿: “どん” | 2009年1月 3日 (土) 11時20分

tenjin95さん、こんばんは。

10日が期限の仕事が年末より積み残し、新年早々もう仕事です。

「今回の派遣切りと、是まで既に職を失っている人」
やっぱり気になりますよね。既にの人たちも含めて支援だとしたら、この先多くのホームレスの人たちが日比谷を目指しそうです。

今回の講堂開放、今後の展開に影響を与えそうですね。

投稿: バッキー | 2009年1月 3日 (土) 16時30分

どんさん、こんばんは。

昨年に引き続き今年も宜しくお願いいたします。

「タバコをプカプカしながら答えていた人が・・・・・・」
それはカチンときますね。(#゚Д゚)y-~~イライラ

関連のブログを何記事か読みましたが、「飲酒も可」との話しも出ていました。
そうだとすると・・・・何だかねぇの気持ちにも。

仕事、経験とか希望とかを外せば見つかるような気がします。人に文句ぶつける前にまずは職探しが大切かと。

投稿: バッキー | 2009年1月 3日 (土) 16時38分

31日にこのニュースを聞いた時は、「あっ、ただ飯が・・・。」と一瞬思いました。
まあ、実家に帰省していたので、無理なわけですが。
しかし、こんなに製造系派遣社員は多かったのですね。

投稿: イオリス | 2009年1月 6日 (火) 22時36分

イオリスさん、おはようございます。

「あっ、ただ飯が・・・。」
ずばっとストレートに来ましたね。
昨日のテレビニュースでしたか、講堂から都の施設に移動する際に手配したバス映像。あれを見て、

「あっ、移動もタダ?」、そう思ってしまいました。

投稿: バッキー | 2009年1月 7日 (水) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/43620237

この記事へのトラックバック一覧です: 年越し派遣村の対象者とは:

» 【年越し】感謝の心なくも、タバコ賃はあり(怒)【派遣村】 [サラリーマンやってる猫の一匹集会所]
時事ドットコムより http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009010200175 「声届いた」「月曜以降は…」=喜びと不安-講堂開放の「派遣村」・厚労省  「声が国に届いた」「月曜以降はどこで…」-。厚生労働省が2日、日比谷公園(東京都千代田区)の「年越し派遣村」に集まった元派遣社員らに講堂を開放したことに、派遣村の人たちからは喜びと不安の声が漏れた。  同日午後8時前、「年越し派遣村」の湯浅誠村長が増え続ける宿泊希望者に対し、徒歩で5分ほど離れた同省講堂の開放... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 10時02分

» 【雇用対策】Case By Case で、自分の道を切り開いて [夏の空は、時に気まぐれだ]
>「15年前に脊髄(せきずい)を損傷してから仕事探しが難しい。空腹や寒さで『死んだ方が楽だ』と思うことが何度もある」 上記のような人は、生活保護の対象にすべきだとは思うが、派遣村代表の主張は、おかしいと感じる。 私だって、いつ契約を切られるかも知れない、個人事業主です。 派遣契約を突然切られた方には、同情はするけれども、なんで自分の生活の拠点まで、派遣先企業に頼ったのですか? 蓄えをしなかったのは、何故ですか? 挙句に、厚労省講堂に継続して住まわせろと、甘えていませんか? 私はITバブルが弾けたと言... [続きを読む]

受信: 2009年1月 4日 (日) 23時30分

« 今年も当ブログをご贔屓にお願いいたします | トップページ | 一息ついたら派遣村から出て働こう »