« ワインレッドの心と石原真理子 | トップページ | 虚偽証言とモザイク画像 »

2009年2月28日 (土)

花粉症と戦う税理士その2

コネタマ参加中: 花粉シーズン、どうやって乗り切る?

毎年この時期は2週間に一度、行きつけの耳鼻咽喉科通い。

でも、今年は違う。ある事がきっかけで医者通いを中断している。

前編までのあらすじは  ↓ の記事をお読みください。クリックで各記事に飛びます。

第1話 花粉症と戦う税理士その1

「ある事」とは? 気になった読者も多いはず。

かなり有名なクリニック。花粉症やアレルギー性の鼻炎に苦しむ患者には口コミでも評判の良い医院。

分かる人には直ぐにピーンときそうなので、クレームがきても困る。ここはボケボケに書いておこう。

市内にある人気の耳鼻咽喉科、花粉症がピークのこの時期、2時間待ちは当たり前。

流れをよく知る常連さんは、診察券を出して一旦帰宅、2時間過ぎに再度治療に出向くのが定番スタイル。

管理人も同じ。マチナカ開業医の不振が伝えられる中、ここは対極、行列のできる耳鼻咽喉科。

口コミでの評価、先生の診断、処方される薬もよく効くともなれば人気となるのは当然。

「ある事」、あれは昨年の暮れ季節外れに重症の鼻炎にかかった管理人、いつものようにこの医院まで。

花粉症のオフシーズンとはいえ満員。

待合では長イスに座りきれない診察まち、投薬まちの患者があっちにもこっちにも。

中には立ちながら鼻をかんでる重症の患者の姿も。

狭い待合、受付サイドにまで人が立っている。10人、いやもっといる。

この光景、素直にみれば患者が多くてスタッフも大変ですね。

だが斜め45度の目線でみれば、儲かって儲かって仕方がないといった風にもみえる。

行列も医院からみれば、診察する患者の顔はお札に、鼻の穴は小銭に映っているに違いない。

先生の診断は確かで見立ても良い。

これまで治療で随分とお世話にもなった。感謝はしている。

でも、この事があってからはどうしても足が向かわない。

つづく・・・。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋市 税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« ワインレッドの心と石原真理子 | トップページ | 虚偽証言とモザイク画像 »

コメント

花粉症の具合はいかがでしょうか?

>「診察する患者の顔はお札に、鼻の穴は小銭に」
   ↓
そう見えるのも当然かもしれませんね。
もしかして、足が向かわない理由はここにあるのでは?

私は西三河の某自動車メーカー系の病院もまさしくそうと思ったことがあるのです。
あそこには二度と行きたくありません!

投稿: だんな | 2009年3月 1日 (日) 11時27分

だんなさん、こんばんは。

「花粉症の具合はいかがでしょうか?」

今は薬を飲んでいますので、夜にクシャミで起きる事はなくなりました。本当は薬なんか飲みたくないのですが・・・。

だんなさんの方はいかがでしょうか?
季節に関係のないアレルギー性鼻炎とお聞きしておりましたが、それでもこの時期はやはり大変なのでは。

治療や投薬の待ち時間、公立病院なら理解もできるのですが、民間の、それも大繁盛の医院なら予約制とか、人数制限とかがあっても良いのではと。

ドクターとも親しかったのですが、診察、治療の数を稼ごうとする姿勢に見切りをつけました。

投稿: バッキー | 2009年3月 1日 (日) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/44198603

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症と戦う税理士その2:

» アレルギー発症のメカニズムと対策 [シックハウス診断&解決NAVI]
皆さんはアレルギー反応がどうして起こるのか?もうご存知だと思います。病医院のドク [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 20時44分

« ワインレッドの心と石原真理子 | トップページ | 虚偽証言とモザイク画像 »