« PINGが飛ばない不調の件 | トップページ | いかす親父バンドを目指したい »

2009年6月 5日 (金)

髪の毛1本も落とせない

昨日は夕方からこのニュースでもちきり。

栃木県足利市での女児誘拐殺害事件で、再審請求中だった菅家利和さんが千葉刑務所から釈放されたニュース。

予想外の突然な釈放にメディアも慌てたか、17年ぶりと伝えている新聞もあれば、18年ぶりと伝えているところも。

中には中日新聞のように、17年半ぶりと書いている社さえもある。

細かい事をいって申し訳ないが、読者としては1本に統一してほしいところだ。

それにしても、濡れ衣で17年も社会から隔離された事実は大きすぎる。

捜査の決め手、釈放の決めても共にDNA鑑定

裏を返せば髪の毛ひとつ、ヘンな場所で1本でも落としたら、容疑者として疑われる恐れも高いということ。そう思うとチョット怖い。

ただ、今回の釈放決定については、最新のDNA鑑定でシロがハッキリしているのなら、その鑑定に従った判断を下すのは基本かと。

まあ、難しい話は抜きにして会計を見ていて感じた素朴な疑問は3つ。

1 DNA鑑定意外に明確な物証もないのに、どうして菅家利和さんが疑われてしまったのか?

2 会見で菅家さんが再三に渡って口にしていたのは警察と検察への批判。誤判を下し、再審を却下していた裁判所に対しては何故に怒らないのか?

3 個人の刑事事件にしては異常に多い弁護団の人数。

あと、余計な感想だが、会見で見た菅家さん、形のいい「福耳」の持ち主。

それと、菅家さんの右に座っていた弁護士さんが、新党日本副代表でジャーナリストの有田芳生にソックリだったんで、何で有田さんが座っているんだと驚いたことぐらい。

裁判員制度も始まったことだし、人の一生を大きく左右する裁判、慎重にも慎重な審理が望まれるところである。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋市 税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« PINGが飛ばない不調の件 | トップページ | いかす親父バンドを目指したい »

コメント

1 DNA鑑定意外に明確な物証もないのに、どうして・・・・
 → まぁ警察の“勇み足”って事になるでしょうねぇ~。
 
2 ・・・・誤判を下し、再審を却下していた裁判所に・・・何故に怒らないのか?
 → 誤審は検察側からの提出資料に影響されるでしょうから仕方がないとして
   再審の却下についてはもっとお怒りになってもいいと思いました。

3 個人の刑事事件にしては異常に多い弁護団の人数。
 → それだけこの判決や捜査方法に疑問を抱いていた有志がいた。
   という事なのかも知れないですね。
   もっとも、例の少年事件では常識知らずの馬鹿な弁護団の数も多かったですが。ww

>裁判員制度も始まったことだし、人の一生を大きく左右する裁判、
>慎重にも慎重な審理が望まれるところである。
  この事案を見た裁判員予備員は、考えさせられるでしょうねぇ~。((((;゜Д゜)))

投稿: “どん” | 2009年6月 5日 (金) 11時35分

(。・ω・)ノ゙ コンチャ

今はなんでもDNA鑑定が決め手になってますよね。
昔と違って今は99.9%の確立らしいですから
今回みたいに間違いはあってはならないですよね。
たとえばゼシカが裁判員に選ばれて
「DNAで確定してます」とよくわからない
資料を見せられたら、
「この人が犯人やん」と思ってしまうと思います。

この方も大変な思いをされましたけど、
ひき逃げされた女の子のご両親は
とてもお気の毒に思います(´・ω・`)

投稿: ゼシカ | 2009年6月 5日 (金) 19時57分

どんさん、おはようございます。

警察の勇み足、そんな感じですね。当時はDNAによる捜査が本格化し始めた頃、私もスゴイ技術が出てきたんだなと「科学捜査」の言葉の響きに、期待と信頼をしておりました。
本件はコレがアダになってみたいですね。

それにしても長すぎる17年。これから取り戻すといっても、やはりソレは無理な話。そう考えると酷い話です。

私達にも当たる可能性のある裁判員、また当たったらどうしようと悩む事件に、今回遭遇してしまいました。

投稿: バッキー | 2009年6月 6日 (土) 10時46分

ゼシカさん、おはようございます。

事件は既に時効。無実の人間に罪をなすりつけた、今もノウノウと生きているかもしれない「真犯人」。
菅家さんも被害者ご遺族も、きっとコイツを一番憎んでいるのでしょうね。

「DNAで確定してます」とよくわからない資料を見せられたら、

現代の技術ではほぼ100%の確立なんていわれたら、私もゼシカさんと同じで、「犯人に間違いない」とそう判断すると思いますね。
軽い気持ちでタイトルをつけましたが、DNA捜査、本当に逆の意味での冤罪がおきそうな気もいたします。

投稿: バッキー | 2009年6月 6日 (土) 10時54分

お久しぶりです。裁判員制度にいきなり不安な情報が舞い込みましたね。

私は、一般国民がどれだけ事実認定できるのか心配です。まあ、現実は裁判官の誘導に乗るのが殆どなんでしょうね。

投稿: イオリス | 2009年6月10日 (水) 14時09分

イオリスさん、おはようございます。

「裁判員制度にいきなり不安な情報が舞い込みましたね」
同感です。もし17年前に自分が裁判員で参加していたとしたら、DNAが一致してとの鑑定なら間違いなく同じ誤りをしていたかと。

そう考えると、誤審をした場合の事を考えるとゾッとしました。

裁判員制度はよい流れかと思っていますが、誤審の問題についてはソレでも解消できなさそうですね。

投稿: バッキー | 2009年6月11日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/45239954

この記事へのトラックバック一覧です: 髪の毛1本も落とせない:

» 足利事件 菅家受刑者 釈放へ [王様の耳はロバの耳]
菅家受刑者、異例の釈放へ 足利事件で東京高検(共同通信) - goo ニュース 午後の2時頃に釈放されました。夕刻には記者会見の様子もラジオで聞きました。 {/hiyoko_cloud/} 「足利事件」と言われても正確に思い出せませんがTVニュースの取り上げているところから考えると1990年足利のパチンコ屋から行方不明になりその後殺された4歳の娘さんの事件でしょう。 ビデオの映像で繰り返しパチンコ屋で娘さんに近寄る男は菅家容疑者とは一寸違う印象です。 犯行現場近くにあった自転車にも警察は触れたとか... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 10時41分

» 足利事件、菅家さん釈放 [あれこれ随想記 ]
足利事件 無罪濃厚 再審前に菅家受刑者釈放 「私は無実、人生返して」(産経新聞) - goo ニュース 栃木県足利市で平成2年、4歳の女児が殺害された足利事件で殺人罪などに問われ、無期懲役が確定した元幼稚園バス運転手、菅家利和受刑者(62)について東京高検は4日、再審開始を認める意見書を東京高裁(矢村宏裁判長)に提出した。菅家さんは同日午後、千葉刑務所から釈放された。再審開始決定前の受刑者に、検察当局が無罪を見込んで釈放を認めた例は初めて。 足利事件で、再審前に菅家さんが、釈放されました。 判決... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 21時30分

» ■投獄生活17年間?・無罪釈放・・・・償いは誰がどんな形で責任をとるのか? [ 癒(IYASHI)]
90年代初頭に実施されたDNA型鑑定の結果が再鑑定で覆されていた「足利事件」をめぐり、東京高検は受刑者の刑の執行停止という異例の判断に踏み切った [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 21時58分

» 菅家利和さん、17年半を返せ!!あの時の警察官・検察官・裁判官たちよ [ネット社会、その光と影を追うー ]
栃木県足利市で90年、保育園の女児(当時4)が殺害 [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 22時40分

» DNA鑑定で逮捕され、DNA鑑定で保釈の足利事件 [かきなぐりプレス]
最新のDNA鑑定の精度には目を見張るもがある。そんなことをつくづく感じさせられる事件だった。 足利事件で菅谷さんが17年半ぶりに釈放された。DNAが不一致になったためだ。 DNA鑑定で逮捕され、DNA鑑定で保釈され事件でもあった。 90年5月に起こった足利事件。 89年からDNA鑑定が採用されはじめたが、当時の方法は付着した体液から染色体22個のうち1個を目視で判別していた。 その精度は1000人に1.2人の割合だった。当時の足利市の人口は16万人で、足利市だけでもDN... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 23時04分

» 「足利事件」菅家利和受刑者釈放へ [SCRAMBLE-8]
足利事件の菅家受刑者を釈放へ、東京高検が再審容認意見書栃木県足利市で1990年、当時4歳の女児が誘拐・殺害された「足利事件」の再審請求・即時抗告審で、東京高検は4日、無期懲役が確定した菅家利和受刑者(62)の再審開始を容認する意見書を東京高裁に提出したと..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 23時09分

» 菅家さん釈放 「また栃木県警か…」 [RE:SUKI]
「また、栃木県警か…」 1990年5月12日、足利市のパチンコ店ロッキーで父親が遊戯していた中、娘の松田真美さんが渡良瀬川にて遺体で発見されます。 下着に付いていた遺留物(精液)のDNA鑑定の結果、菅家利和さん(62)のDNAと一致したとの発表が警察より出され... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 23時42分

» ★足利事件・・・ [スナフキン・レポート♪]
足利事件 無罪濃厚 再審前に菅家受刑者釈放 「私は無実、人生返して」<栃木県足利市で平成2年、4歳の女児が殺害された足利事件で殺人罪などに問われ、無期懲役が確定した元幼稚園バス運転手、菅家利和受刑者(62)について東京高検は4日、再審開始を認める意見書を東京高裁(矢村宏裁判長)に提出した。菅家さんは同日午後、千葉刑務所から釈放された。再審開始決定前の受刑者に、検察当局が無罪を見込んで釈放を認めた例は初めて。  千葉市内で記者会見した菅家さんは「釈放になり、本当にうれしく思います。わたしは無実... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 23時46分

» 「足利事件」捜査の誤認逮捕で問われるべきはどなた? [休羽捫虱帳]
リンク: 「足利事件」捜査の元県警幹部ブログが炎上 「謝罪しろ」コメント殺到 - 速報:@ni [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 23時49分

» DNA鑑定 [川の果ての更に果てに]
最新のDNA鑑定で違う鑑定結果が出たということで、足利事件の菅家元受刑者が釈放されることになったそうです。おそらくは再審になって無罪ということになるんでしょうか(ということで元受刑者という表現も適切かどうかは微妙ですが、他の呼び方を探すのも難しいのでここでは元受刑者にしておきます)。 90年当時というと、DNA鑑定がちょうど取り入れられた頃だったということで、それで精度にも問題があったとかどうとかまあそういうのが今回鑑定結果が覆った理由なのだそうで。 それをどこまで信用していいのかは疑問です... [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 07時00分

» 足利事件、菅家利和受刑者が釈放? [いい加減社長の日記]
あまり事件そのものの記憶は、残っていないのだが。 足利市で1990年、当時4歳の女児が殺害された「足利事件」で、無期懲役が確定していた菅家利和さんが4日、千葉刑務所から釈放されました。 今後再審が開始され、無罪が... [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 07時15分

» 足利事件 実在する「黙示録」と裁判員制度の危うさ [日本の片隅で「バカ!」と叫ぶ]
「17年間の人生返して」=捜査批判、声震わせ-釈放の菅家さんが会見 テレビ朝日で放送していた「相棒」に「黙示禄」という2時間スペシャル版があった。何度も再放送したので御覧になった方も多いでしょうが、〝彼〟の会見を見ていてそれを思い出した。相棒の中の〝彼... [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 07時27分

» 足利事件の無罪が事実上確定 [時代のウェブログ]
足利事件の菅家受刑者を釈放へ、東京高検が再審容認意見書  栃木県足利市で1990年、当時4歳の女児が誘拐・殺害された「足利事件」で無期懲役が確定した菅家(すがや)利和受刑者(62)が申し立てた再審請求で、東京高検は4日、即時抗告審で実施されたDNA鑑定の結果について、「無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たる」とする意見書を東京高裁に提出した。菅家さんは同日、刑の執行を停止され、千葉刑務所から釈放される。菅家さんの逮捕から約17年を経て、再審が開始され、無罪が確定する見通し。(2009年6月4日1... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 06時43分

« PINGが飛ばない不調の件 | トップページ | いかす親父バンドを目指したい »