« 速報でのりピーに覚醒剤所持の疑いで逮捕状を請求と伝えているが | トップページ | テスト送信 »

2009年8月10日 (月)

失速感が顕著になってきたセントレア

テレビのワイドショーもネットブログも、のりピー逮捕の話題でいっぱいなんで全然関係ない話を。

先日公表された経営数値が最悪状態の日本航空が、中部国際空港-パリ、中部-ソウル・仁川の2路線を10月25日で廃止することを決めた。

バンコク便だったか、少し前にも路線廃止のニュースが出ていた地元セントレア、相次ぐ国際便の廃止で失速感が顕著になってきた。

愛・地球博、いわゆる愛知万博の開催にあわせて開港した中部国際空港(通称セントレア)だが、原油価格の高騰やリーマンショック以降、どうもダメだ。

トヨタこけたら皆コケたの状態が続いている。

中部空港の国際線就航便数も、07年夏の週354便をピークに徐々に減少。

現在、週287便。ざっと2割も減便してしまったところ。

早い会社ではもう、普通の会社でも今週中ぐらいからのお盆休み。

この不景気、時間はあっても金はないというのが社会のトレンド。

うちも同じ。

さらに、景気後退と空港利用者の減少傾向、同様に海上に作られた関西国際空港も似たところ。

関空、空港自体が沈んでいく地盤沈下も止らないようだし。

どっちの空港も視界不良の改善には、まだまだ時間がかかりそうだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋市 税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 速報でのりピーに覚醒剤所持の疑いで逮捕状を請求と伝えているが | トップページ | テスト送信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/45885282

この記事へのトラックバック一覧です: 失速感が顕著になってきたセントレア:

« 速報でのりピーに覚醒剤所持の疑いで逮捕状を請求と伝えているが | トップページ | テスト送信 »