« 日経平均株価が約2か月ぶりに1万円割れ | トップページ | まだ泣かないと決めた。ミスタードラゴンズ立浪和義への想い »

2009年9月29日 (火)

ガッツポーズ vs 歓喜の諸手挙げ・朝青龍

こんな事を大きな問題にする方こそ、問題だ。

日曜日の大相撲秋場所千秋楽、横綱・朝青龍と白鵬の優勝決定戦での一幕。

SAで休憩中に車で見ていたが、さすがは横綱同士の優勝決定戦、力の入った実にいい一番だった。

勝負はすくい投げで朝青龍が勝って、久しぶりの優勝を決めたのはニュースのとおり。

その際、土俵上で両手を挙げて喜ぶガッツポーズが、またしても横綱審議委員会のカンに触ったらしい

ヒール役を一身にひき受ける朝青龍とはいえ、これは少し気の毒。

アレぐらい大目に見てやればとも思うが・・・。

カタカナ横文字の「ガッツポーズ」だからカンに触ったか。

歓喜の諸手挙げ」とか、「激戦に安堵」とか、全身で勝利を表現したとかの漢字だったら、何の違和感も無いような気がしてならない。


たまにはカチッとお願いします →人気ブログランキング

名古屋市 税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 日経平均株価が約2か月ぶりに1万円割れ | トップページ | まだ泣かないと決めた。ミスタードラゴンズ立浪和義への想い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/46339859

この記事へのトラックバック一覧です: ガッツポーズ vs 歓喜の諸手挙げ・朝青龍:

« 日経平均株価が約2か月ぶりに1万円割れ | トップページ | まだ泣かないと決めた。ミスタードラゴンズ立浪和義への想い »