« Googleさん経由の読者さんが激減中 | トップページ | 一匹狼からオオカミ中年へ »

2010年4月15日 (木)

日米の株価水準の違い

国をひっばる指導者の力量だけの差とは思わないが・・・

それにしても回復基調にあるアメリカと比べると、まだまだ東証株価は低空飛行中。

米紙ワシントンポストのコラムに、「哀れなハトヤマが最大の敗者」とまで書かれた鳩山首相。

決断力のなさとコロコロ変わるブレブレ政策は、株価回復にとっては大きなマイナス。

世界不況の大元締めであった米国さえ、ひと足お先に株価が回復基調にはいった様子。

昨日のニューヨーク株式市場、ダウ工業株30種平均は企業業績の改善を好感して5営業日続伸。前日比103・69ドル高の1万1123・11ドル。

終値で2008年9月下旬以来、1年半ぶりの高値。

海の向こうの話だが、投資家にとってはなんとも羨ましいかぎりだ。



最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« Googleさん経由の読者さんが激減中 | トップページ | 一匹狼からオオカミ中年へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/48090870

この記事へのトラックバック一覧です: 日米の株価水準の違い:

« Googleさん経由の読者さんが激減中 | トップページ | 一匹狼からオオカミ中年へ »