« tenjinさん向け | トップページ | あと10センチ、もう10センチだった松井のミドルシュート »

2010年6月28日 (月)

名古屋場所の有る無し自体が賭けになりそうだ

東区の九重部屋、昨日通った時にはノボリの1本も立っていなかったけど・・・ 

名古屋場所、本当に開催できるのか。開催、それとも中止?

問題発覚のきっかけになった野球賭博じゃないが、名古屋場所の有る無し自体が賭けの対象になってしまいそうだ。

いまだゴタゴタ続きの大相撲の賭博問題。

日本相撲協会の特別調査委員会は、大関琴光喜関ら3人の懲戒処分や15力士の出場を認めないことなどを条件に、場所開催を認める方針をまとめたとの報道。

その一方で肝心の番付発表は延期。

人間社会、10人も集まれば1人や2人の悪はいる。でも、残った多数は真面目。

お相撲さんの世界も同じと考えたい。

ただ、今場所だけはケジメをとって中止もやむなしか。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« tenjinさん向け | トップページ | あと10センチ、もう10センチだった松井のミドルシュート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/48740594

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋場所の有る無し自体が賭けになりそうだ:

« tenjinさん向け | トップページ | あと10センチ、もう10センチだった松井のミドルシュート »