« 代表戦、いち小沢一郎政治塾の卒業生の立場から | トップページ | この目で見てきた。和田の通算1500安打 »

2010年9月 3日 (金)

FM局の制作会社から電話がきた

03から始まる電話番号、電話のナンバー表示に見慣れない番号から。

事務所にかかってくる、東京03や大阪06から始まる電話の多くが、だいたい広告代理店か税理士紹介業者かのどちらか。

今日の電話はどっちかなと先読みしてみた。

でも予想はハズレ。

なんでも関東方面でFMラジオ局と出版社をやっているという会社らしい

そんな会社がなんで距離の離れた名古屋の税理士に連絡を?

担当者によれば事務所のホームページを見て連絡したとの事。

受話器片手にナンバー表示や会社名、FM局名に番組名、さらに書籍名でググッてみたら存在する会社であるのは確か。

でも、こんな場合はとりあえず警戒モードで対応するのが基本。

詳しく話を聞けば、毎週土曜日にやっているラジオ番組のコーナーに出ませんかとの内容で、あと書籍とネットでも記事を紹介したいとのことだった。

管理人、縁あって昨年、今年の春先と4回程地元のテレビに出演した。
詳しくは ↓ 過去記事を参照。

ところでテレビ出演はどうなった?

本日、再びテレビに出ます

が、その際テレビ局から貰ったのは1日当たり2千円の交通費だけ。

素人にギャラなど出る筈もない。

収録の長い拘束を考えれば、とても割りは合わないがコチラからの持ち出しはなかった。

でも今回の電話ではコチラがいくらかを支払う形。

この時点で即効で丁重にお断り。

まあ、広告宣伝費を潤沢に使える事務所なら、営業広告の一環と割切ればソレもありですけど・・・ 

うちには全く縁がない。


最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 代表戦、いち小沢一郎政治塾の卒業生の立場から | トップページ | この目で見てきた。和田の通算1500安打 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/49333399

この記事へのトラックバック一覧です: FM局の制作会社から電話がきた:

« 代表戦、いち小沢一郎政治塾の卒業生の立場から | トップページ | この目で見てきた。和田の通算1500安打 »