« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

こんにゃくゼリー訴訟、遺族が控訴

追記 予想をはるかに超える反響

    マンナンライフ社から手紙がきた

地裁、高裁、最高裁と裁判での三審制度は国民平等の権利。

うちのブログの人気シリーズ、「こんにゃくゼリー訴訟」で新たな展開へ。

兵庫県で1歳の男児がこんにゃくゼリーを喉に詰まらせて窒息死した事故をめぐり、製造会社である「マンナンライフ」に約6200万円の損害賠償を求めた訴訟で、遺族側は請求を棄却した神戸地裁姫路支部判決を不服として大阪高裁に控訴。

まあどうでもいいニュースですが、シリーズ化した手前、書かない訳にも。

前回、「こんにゃくゼリー訴訟、判決結果は妥当か不当か」と、一審判決についての感想をお聞きしたところ、10日間ちょっとで300越えと予想外の高回答を頂戴。

そんな訳で、読者さんの大切な意見、せっかくなんで少しは有効利用を考えてみた。

回答数が500になったら、マンナンライフと遺族代理人の弁護士の双方にお伝えしようかと。

そこで管理人からのお願いを。下のアンケートをご自分のブログに貼ってくれる読者様、または本記事を紹介して頂ける読者様がおみえでしたらご協力を。 

*なお、同一PCからの投票は1度だけしかカウントされません。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

三重のトンネル火災事故に思う

お昼のニュースをみてビックリした。

まさにこの事故現場、昨日の那智、熊野詣での行き帰りに通ったトンネルだ。

紀勢自動車道、暫定的な開通で対面通行がほとんど。

さらにトンネルの数も多い。

管理人も昨日、ふと怖いなあと感じていた矢先の事故。

対面通行、それもトンネル内、車線を飛び出してきたら避けようがない。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。合掌。

29日午前9時40分ごろ、三重県大台町下三瀬(みせ)の紀勢自動車道上り線の三瀬トンネル出口付近で、大型トラックと軽自動車、ワンボックス車が絡む事故があり、3台が炎上した。紀勢地区広域消防組合消防本部によると3人が死亡、4人が重軽傷を負い病院に搬送された。 引用 中日新聞社

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0.001ミリメートルでも侵入すれば

小学生時代、2人がけの教室机に引いた、隣席女の子との熾烈な陣地バトルを思い出した。

0.001ミリメートルでも侵入すれば打撃を与えるって、国境線なら確かにそうだ。

なんでも、時々ニュースでみかける北朝鮮女子アナ、ピンクか薄紫のチョゴリを着て重々しくニュースを読んでいるいつものおばちゃんが、こう呟いたらしい。

「韓国がわが国の領海に0.001ミリメートルでも侵入すれば、わが国はわずかばかりの躊躇(ちゅうちょ)もなく軍事対応し、打撃を与えるだろう」と。

これが金正日総書記の意向なら、物騒な話にも聞こえる。

ニュースを読んだリ・チュニさん、御年67歳になるベテランの女子アナ。

北の国ではアナウンサー最高ランクの「人民アナウンサー」につくお方らしい。

まあ、どうでもいい話なんだが、ところで0.001ミリの侵犯入って、肉眼で確認できるのか?

管理人的には一番に気になるところだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

熊野古道はやっぱり遠かった

Ts3l0202_2

高速降りてからが長い。

紅葉の山並みは綺麗だが、それにしても長すぎる

熊野の道は修行への道。

那智の滝は平成の今でも、やっぱり遠かった。

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

衝撃的すぎる汚れだ

本格的な冬に入る前にエアコン掃除をしなくてはと、思い立ったのは先週の事。

正面のフィルターとフィンの掃除はなんとか、続けて吹き出し口も綺麗にしようと洗濯屋さんのハンガーにスポンジ絡めてお掃除続行。

キレイになったかと吹き出し口を下から覗いてみたら、あらっ!!

今まで全く気がつかなかったが、ナンだか回転するローラを発見。

それもよく見てみると真っ黒に汚れている。

埃か、カビ?

いや違う、これは埃とカビの最悪のコラボだ

こんなに汚れていたとは・・・

ここを通った空気を吸っていたとは・・・

掃除法はないかと散々とネットで調べてみたが、自分でここを掃除するのは難しいようす。

そんな訳で朝一から、エアコンクリーニングの業者さんに来てもらっている。

数ある業者さん、熱心に調べた甲斐があって仕事がもの凄く丁寧。

当たりだ。

丁寧なうえに手際もいい。

高圧洗浄で積年の汚れもスッキリ、代わりに出てきた排水は ↓ こんな感じ。

Img_1081_2

作業の写真も何点か撮ったし、エアコンクリーニングの流れも、後日記事に上げようかと。


最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

ナゴヤ秋の陣が終了。名古屋市議会のリコール署名は法定数に達せず

名古屋市議会のリコール署名数、十二分に足りたと思ってイザふたを開けてみたら、やっぱり少し足りませんでしたではシャレにならない。

マジ、なんだったんだこの二ヶ月間。

有効署名数が法定数に達せずで、「ナゴヤ秋の陣」があっけなく幕切れに。

名古屋市の河村たかし市長が主導する市議会の解散請求(リコール)で、市選管による審査の結果、有効署名数がリコールに必要な数に届かないことが明らかになった。
無効署名数は全16区で11万1811人にのぼり、有効署名数が35万3791人と解散を問う住民投票の実施に必要な36万5795人分に達しなかった。審査結果の異議申立期間を経て12月中旬までに確定するが、リコール不成立の公算が大きくなった。引用 中日新聞社

管理人のところにも区選挙管理委員会から、確認の調査票が届いていたんで直ぐに返信しておいたが。

どうやら返信しなかった人の分は無効にされてしまった様子。

下は記事用にと撮っておいた画像。クリックすると拡大します。

Ts3l0188

余計なお世話だが、問3の「あなたは、どなたから署名を求められましたか」って聞かれても、そんなの知らないって。

過去記事

土曜日の割りアクセス数がやけに多すぎると思って

河村VS議会・議会解散の署名30万人超す

名古屋市内全駅リコール署名

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月24日 (水)

たった1日で忘れ去られた男

北朝鮮と韓国の砲撃戦が影響したようだ。

22日の辞任劇には、ネットもマスコミも揃って大人気となっていた柳田稔前法相

それが一夜明けたら全く報道からは蚊帳の外

マスコミの扱いは既に過去の人。

「僕のことを忘れないで・・・」

柳田前大臣のそんな嘆きが聞こえてくるようだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北朝鮮の砲撃に戦場のカメラマンは動くのか

韓国西方沖で起きた北朝鮮と韓国との武力衝突。

韓国軍合同参謀本部によれば、北朝鮮から韓国側の延坪島(ヨンピョンド)が砲撃を受け韓国軍も応戦、南北間の砲撃戦にエスカレートしたらしい。

紛争と聞くと気になるのはあの男、スロー過ぎる話しぶりで一躍人気者となった、細身のベレー帽こと「戦場のカメラマン」、渡部陽一だ。

渡部さん昨日も夜の番組、「紳助社長のプロデュース大作戦!」に宮古島の元気なおじい、おばあの笑顔を撮りにと番組に出ていたが。

本業は激戦地をめぐる戦場のカメラマン、今の人気が水物なのは本人も自覚済み。

この人気、来年はどうなるか分からない。

スローな話しぶりとは違って、きっと心中は穏やかではなさそうだ。

そんな矢先、突然降って沸いた北朝鮮の砲撃戦。

ひょっとして今頃、本業はコレだとばかりに羽田から韓国入り、延坪島でカメラ片手に取材でもしているかもしれない。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2010年11月22日 (月)

ヤスデでいこうか柳田法相かと悩むところだ

辞任するのしないだの、週末からニュースになっていた、自称「二言だけ大臣」の柳田法務大臣が、どうやら辞任の意向を伝えたようす。

柳田法相辞任の記事は他のニュース系ブロガーに任せて、うちは体当たりで列車を止めたヤスデの話しでいこう。

鹿児島県南九州市頴娃(えい)町のJR指宿枕崎線で、線路にヤスデが異常発生して普通列車が徐行になったらしい。

なんでもJR九州によれば、異常発生したのは台湾原産のヤンバルトサカヤスデ

線路上でつぶされ液状化、それに車輪が空回りしてノロノロ運転になったらしい。

新聞では異常発生としか書かれていなかったので、どの位の数がいたかは不明。

ムカデとヤスデとゲジゲジ、管理人的には区別不能。

体の大きさ順かな? 

なんとなくムカデはデカイのイメージでゲジゲジは小さい感覚。

だとすると中ぐらいのヤツがヤスデか? 

この手のニュース、また各局コメンテーターが深刻な顔して知ったかぶりに「地球温暖化の影響」とか「異常気象」とかを口にしそうだ。


 

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月21日 (日)

時代はやっぱり名古屋。ドラに続けてグランパスエイト優勝

管理人、サッカーの試合といえば野球と違って、WCと日韓戦、日中戦ぐらいしか見ることもない。

サッカー試合、ルールも難しいし一瞬も見過ごせないので、中日ナゴド参りのようには熱心ではない。

グランパスのホーム、瑞穂競技場まで観戦に行ったのも一度だけ。

そんな程度。

それでも地元ナゴヤ人としては苦節18年目での名古屋グランパス初優勝は大いに嬉しい。

スーパーでは早くも優勝セール。

管理人宅でも早くから嫁が買い出しに参戦中だ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

昨日の医龍3を見損ねた

業界の研修会、続けての懇親会。呑むのも控えめに早めに帰還したのだが・・・

痛恨の居眠り、ホットカーペットの心地よさに負けていた。

ああ~、楽しみにしていたドラマ医龍3、昨夜の分を見損なってしまった。

瀕死の朝田(坂口憲二)は助かったのか?伊集院の執刀で助かったのか?

録画もしていない、ワンセグ携帯をジップロックで防水、風呂場で医龍を見ていた嫁もバッテリー切れでほんの数分しか見れず。

普段なら気分も軽めの金曜の朝だが、今日は夫婦そろって重苦しい朝だ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2010年11月18日 (木)

こんにゃくゼリー訴訟、判決結果は妥当か不当か

マンナンライフ社のこんにゃく入りゼリーを食べた1歳児の死亡事故をめぐり、損害賠償を求めていた裁判で神戸地裁姫路支部が初の司法判断

注目された判決は、「商品に欠陥は認められない」として棄却。

うちのブログでも3年半近く記事に書いている「こんにゃくゼリー」の話題。

振り返れば結構な記事数にもなっていた。

過去記事 日付の新しい記事から

こんにゃくゼリー訴えたもん勝ちか?  

ココログで紹介されてるぞ  

こんにゃくゼリーが製造停止 

こんにゃくゼリーよりお餅の方が危険では 

訴訟社会とこんにゃくゼリー  

続・こんにゃくゼリー、自ら食べてみる 

こんにゃくゼリー、自ら食べてみる  

そんな訳でこんなん作ってみました。

読者の皆様にずばりお聞きいたします。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年11月17日 (水)

死刑判決にちょっと安心、でも裁判員の方たちのフォローは必要だ

今頃反省したってねえ。

これほどの残虐事件で死刑判決が出されなければ、殺人事件、ふたりまでなら死刑はなしになる。

判決言い渡しの後に、裁判長が発した「控訴の申し立てを勧めたい」の説諭。

今ひとつ真意がどこにあったのかが理解不能。

また、会見に応じた裁判員のひとりの方が、 「すごく悩んだ。何回も涙を流した」とのコメントを出されていたが、こっちのコメントと流した涙の意味もよく分からない。

営利目的で男性2人の首を生きたまま電ノコで切断、遺体を切断して遺棄。事実認定については相違なく、冤罪のおそれも無い。

普通に考えれば極悪人の所業、極刑以外の選択はないようにも思いますが。

凄惨な事件、法廷にだされた証拠写真も容易に想像がつく。

裁判員たちの精神面でのフォロー、是非ともお願いいたします。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年11月16日 (火)

就活やめて一発人生賭けてみるのも悪くないか

命までとられる訳ではない、やってみる価値はありとみた。

大学生の新卒就職難が騒がれている昨今、今朝の朝刊にこんなニュースが。

市民講座で会計を学ぶ通信制高校2年の少年が、今年の公認会計士試験に合格したらしい。16歳での合格は歴代記録18歳を更新しての史上最年少の速さ。

ここ数年深刻な状況になってきた、会計士の就職難を考慮して今年は特に合格者数を減らした中での快挙。

岐阜にもすごい少年がいたもんだ。

なんでも、「数字を眺めるのが好き」という彼に対し父親もフォロー、中学3年の秋から簿記を勉強、高校受験はせず公認会計士を目指して市民講座「各務原シティカレッジ」の会計プロフェッショナルコースへ。

その中で社会人経験者らと机を並べて毎日10時間近くも勉強、頑張った甲斐もあって晴れて合格に。

大学生の就職難、「内定が取れない」、「これで何十社目の訪問か」と就活苦労にため息つくのも分かります。

だったら一発、人生賭けてこんな選択は如何でしょうか?

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

初ボートレース、ブロガーイベントに参加してみた

時代は「競艇からボートレースへ」。水上の格闘技、ボートレースを観戦、そして初めての舟券購入へ。

センバツから、「常滑でボートレース&焼き物陶芸体験」なるブロガーイベント開催の連絡あり。

せっかくの機会なんで参加してみた。以下すべての画像はクリックで拡大します

Img_1052_2

駅で集合の後、歩いてレース場まで。

10分ぐらい歩くと屋上に縦に伸びた「とこなめボート」の文字発見。

Img_1039

ここか? えらく横に長い大きな建物は5階建て。

正面入り口ではなく関係者用の扉から中にはいる。

Img_1058 

水上の熱いバトルを眺め易いようにと、コース正面側は巨大なガラス張り。

座席の段差がいい感じでついているので、後ろの席からでもレース展開がよくみえる。

Img_1045

入場料は100円。1階2階は席料無料、3階以上はプラス席料が必要な有料席となっていた。

驚いたのは飲み物の自販機。

Img_1051

カップスタイルのやつなんだが、なんと3階以上の自販機についてはオール無料、加えて回数の制約もない。要するに何杯飲んでもタダ

今回はイベントという事で特別に来賓席へ案内され、その席で「6艇での勝負」、「左回りで3周」、「独特なスタート方法」など、ボートレースの基本ルールの説明を聞くことに。

Img_1057_2

なんでもスタートが厳しいようで、0から1秒以内でスタートラインを通過しないと失格及びペナルティーとなるらしく、そうなると一ケ月間の出場停止プラス無収入の厳しい現実が待っている。

話を聞けば買いたくなるのが人の常、モノは試しに早速4Rから買ってみる。

意味不明な数字が並ぶ予想紙、理解できるのは○と×ぐらい。

仕事柄、数字の羅列には抵抗はないがコレはダメだ。

Img_1062

買い方は1・2・3着の艇を当てる3連複をチョイス、的中率は1/20。

舟番1-3-5で金額はセコク300円。

マークシートのマス目を鉛筆で黒塗り、発券機にお金を先、マークシートが後の流れで買う仕組み。

結果はハズレ、当たり前だ。

気分転換にお昼ごはんでもと階を降りる。

1階にはどて煮に串焼き、おでんにラーメンと今ハヤリのB級グルメのお店群

どのお店も順番待ちの人、ナニを食べようかと迷う。

Img_1053

選んだのは一番奥のラーメン屋さん。注文は「しょうゆラーメン」、スープの色は少し濃い目だが味は見た目ほど濃くはない。

なにより400円は安い。

食べ方は中央に置かれた共用食卓へ各自が器を運んでのセルフスタイル。

Img_1055

どの店も500円以下がメイン、レースに負けてもサイフには優しい価格帯となっていた。

昼食後はもうひとつの体験、焼き物への絵付けに挑戦。場内に作られた「陶芸ルーム」に移動して素焼きの作品に思い思いに絵をいれる。

素焼きの種類は定番の湯飲みや丸皿のほかに、徳利やお茶碗、グイ飲みなど。

指導員さんから、皿が一番書き易いとのワンポイントがあるも管理人は茶碗を選択。

Img_1059_2

素直にアドバイスを聞くべきと後悔、カーブする茶碗曲面は直線を書くのさえ難しい。

絵付けと言うには程遠い難作業、画像を載せられるレベルではない。

焼き上がりは2ヵ月後、怖いものみたさに待ってみよう。

なんだかんだで絵付けを終了、帰り際、記念にと携帯ストラップやキャラグッズ何点かを入れた紙袋をお土産に頂戴する。

Img_1060

なんとなく貰いっぱなしも気にかかるので、解散までの残り時間に3レースほど舟券を購入してチャラに。

結果は全部ハズレ、それでも1000円弱の出費、遊び時間と金額のコストパフォーマンスは悪くなかった。

今回、取材の機会を与えてくれた、センバツには感謝だ。

詳しくは ↓ 下記サイトにて

ボートレース初心者サイト『ビギナーズボイス』
みんなのボートレース場体験談(PC)
みんなのボートレース場体験談(携帯サイト)

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

昨日の医龍3、まさか朝田先生だったとは!!

昨日のテレビドラマ医龍3にはビックリだ。

番組エンディング近く、危篤で救命処置、頭から血を流していたのがまさか朝田先生(坂口憲二)だったとは。

てっきり屋上に上がっていった自殺間近の少年かと思っていた。

ありえない展開に、医龍マニアの管理人でさえも想定外。

それにしても今回の医龍3、患者を助ける方の医者が立て続けに受難、初回の麻酔医荒瀬に続けて主役の朝田まで生きるか死ぬか

どうなっているんだ。まったく予想不可能。

この流れだと、次は内科医の藤吉(佐々木蔵之介)あたりが危ないか?

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投稿者と流失者、報道姿勢に違和感あり

今朝も新聞朝刊、テレビのワイドショーはアノ話題から。

尖閣諸島沖でおきた中国漁船との衝突映像のビデオを公開した、神戸の海上保安官の続報ばかり。

まあ、関心のあるニュースには間違いないが、新聞各社、テレビ局が判でついたように「尖閣尖閣」、「映像流失事件」とお揃いの報道には、ナントナク違和感あり。

まだ事件になるのか否かも判断できないうちから、自宅の玄関まで伝える必要性があるのか?

仮に事件とならなければ、この神戸の海保主任さんは貴重な映像記録を公開した単なる投稿者。

まだまだ捜査も進まぬ中で、マスコミ報道が一斉に「映像流失事件」と海保主任さんを流失者呼ばわりはヘン。

「流失」と「投稿」、結果は同じであっても受ける感覚には大きな違い。

そもそも当たってきた方の中国漁船の乗組員は速攻で、船長はVサインでの帰国。

それも何のお咎めなしでのお帰りだ。

片や事件化する前からマスコミあげての準犯人報道。

公平性に大きな問題あり、亡くなった大沢親分なら間違いなく「喝」だ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

大阪市が先か、それとも国か。財政破綻の危険性?

増え続ける国や地方自治体の借金。

財政破綻、国が先かそれとも大阪市が先?  冗談抜きの話になってきたか?

大阪市の平成21年度一般会計決算をまとめたところ、歳出総額は生活保護費などの増加で前年度比7.4%増の1兆6964億円と8年ぶりのプラスに。

一方の歳入は過去最大の減少幅となるものの、それでも地方交付税などの大幅増もあって総額はトントンの1兆6982億円。数字的には黒字。

貯金にあたる内部留保の合計額(21年度末)も想定を上回った数字に。

しかし、ホッと一息入れるには厳しい試算も。

歳出は生活保護費が13.9%増で過去最高に膨張するも、歳入は減るばかり。

このペースでいけば、市の貯金は平成24年度には底をつくとの悲観的な予想もあり。

さらに悪化が進めば27年には「財政再生団体」に転落、お笑いの街大阪から、市民の笑い顔がなくなるおそれも。

財政破綻、「大阪市に先を越されては国の恥、負けてたまるか」、まさかそんなプライドはないとは思うが、国の借金も負けてはいない。

財務省は10日、国債や政府短期証券、借入金の残高を合計した「国の借金」が9月末時点で908兆8617億円と発表。

人口で割ってみると、国民1人当たり約714万円の借金を負っている計算になるらしい。

逆にとらえれば私達ニッポン人のひとりひとり、赤ちゃんからじいちゃんばあちゃんまで結構な金貸しだ。

管理人      「金貸しと聞けば武富士もつぶれたしなあ」

頭のきれる役人 「こうなったら景気よく国債も市債も刷りまくって、お隣の大国中国にたくさん買って頂いて・・・・・」

管理人      「でも、返せなくなったら・・・」

頭のきれる役人 「そんなの返せないんだからしようがないでしょ」

いかがでしょうか?

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

見たい動画と見たくない動画

片や本当は何があったのかと、多くの国民が関心をもっている投稿動画もあれば、他方ではそれだけは勘弁、見たくないの投稿動画もあり。

ネット社会も実社会と同じでアレもあればコレもありです。

見たい動画はモチロン、現在、「映像流出、映像流出」と、声高にマスコミ&警察&検察が必死に大騒ぎ中の話題の動画、Youtubeに流れた尖閣諸島での中国漁船衝突の映像の続き部分

迫力満点の衝突映像のあと、ウソかマコトかの噂じゃなくて本当のところが見たいかと。

反対に見たくないのはこんなの。

仙台市青葉区内のアパートで、この部屋に住む男性が首をつって死亡しているのを宮城県警の警察官が発見。

なんでもこの男性、動画サイトの生中継で自殺予告を公表して実行、本当にあの世に逝かれてしまったらしい

ネット上で現場映像が流されたことから視聴者が警察に通報、それがきっかけでニュースになったようす。

管理人はニュースで知っただけなので詳細はわかりません。

記録映像として残したかっただけのか?

それとも投稿した以上、やっぱり多くの人に見送ってもらいたかったのか?

亡くなられた投稿者がどんな気持ちで動画を配信したのか?

真意がどこにあったのか気になるところです。

合掌。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年11月 8日 (月)

現場から。竜の叫びナゴドに届かず

Ts3l0187

まさか目の前で千葉ロッテ西村監督の胴上げを見るとは・・・

こんな筈じゃなかったんだが・・・

日本シリーズ第7戦、満員のドラファンの願いは届かず。

前日に続いての延長戦、スタンドから応援する両チームのファンも限界だ

日本シリーズはロッテ日本一でエンド。

ロッテファンの皆様おめでとうございます。

それにしてもロッテファンの応援、間近に見ると結構コワイ。

以上。ナゴドより。

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (34)

2010年11月 7日 (日)

最長試合に解説の野茂英雄も疲れきっていた

まるで高校野球を見ているかのようなバンド失敗。

それも中日、ロッテの両チームとも2度3度。

あと1本もう1本が打てずにズルズルと延長、史上初めて延長15回まで、もつれにもつれて結果2-2の引き分け。

試合時間は広島と阪急による1975年の第4戦での記録、4時間49分を大幅に上回る史上最長の5時間43分と記録だけは更新。

それにしても長すぎる日本シリーズ第6戦であった。

テレビ中継のスペシャル解説に来ていた野茂英雄も疲れてコメント少なめ。

最長試合の結果に、今夜の第7戦でナゴドで向かえるはずだった、優勝美酒に歓喜と涙する予定も第8戦におあずけに。

管理人も今夜はナゴドに参戦。

今年のナゴド参り納めも兼ねて、今夜は思う存分26人目の選手として戦ってくる。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2010年11月 6日 (土)

ナゴヤドームに参戦決定。日本シリーズ戦

今朝の名古屋は快晴の秋晴れ、雲ひとつない。

今夜からの逆転勝利を予感させるような、まさにドラゴンズブルーの空色。

ロッテの3勝2敗で迎えるプロ野球日本シリーズ第6戦、我らドラファンの聖地ナゴヤドームに舞台を戻しての仕切り直し。

ロッテが勝てば5年ぶり4度目の日本一、我々にとっては絶対に負けられない一戦となる。

管理人もナゴヤドームに参戦決定、ただし最終の7戦目。

という事は、今夜ロッテに負けたら戦わずしての不戦敗となる。

今夜せり勝って、明日のドームで夢を見るというのが管理人のシナリオなんだが・・・

予想される先発投手は、中日チェンとロッテ成瀬の両左腕が有力。

井端ブランコの奮起に期待したいところだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

心臓に悪すぎる。日本シリーズ第4戦、中日の延長勝ち

高橋ありがとう、大島もよく打った。

こんなにヤキモキした試合は久しぶりだ。

あと1本、あと1点が取れない我らがドラゴンズ。

どこまでも勝ち越し点が決められない中日の攻撃に、テレビの前の管理人もイライラ指数が最高潮。

負けたら、まさかまさかのロッテに王手をかけられる今夜の一戦。

我らがドラファンにとっては絶対に負けられない。

延長11回、それにしても長い長いシリーズ初めての延長戦だった。

これで名古屋に戻れるナゴドに帰れる。

ナゴド、参戦するぞ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (15)

2010年11月 1日 (月)

万博おばさんの息子さんが気になる

40度近い高熱が出たって、他人様からモノ好きだと後ろ指さされようが、万博おばさんをとおり越して「万博おばあちゃん」だと中国メディアに持ち上げられたって、そんなの山田さんには関係ない。

来場者が7300万人を超えたとも言われる中国での「上海万博」に、184日間の会期全てに通い続けた愛知県瀬戸市の主婦が、上海万博184日間皆勤の記録を達成。

愛知県瀬戸市に住む万博おばさんこと、山田外美代(とみよ)さん

このおばちゃん、2005年に地元で開催された愛知万博で毎日会場に足を運んだ皆勤賞がきっかけで、一躍、時のおばさんとして有名人に。

山田さん、愛知万博での感動が忘れられなかったのか、今度は海を渡った上海で記録に挑戦したようだ。

6月には疲れからか40度近い高熱が出たこともあったが、夫とタクシーで会場を訪れ20分余り会場内に滞在、あくまでも皆勤にこだわる勝負師。

気になったのは母の万博皆勤賞を手助けするために、勤めていた中学教諭の職を辞め山田外美代さんと一緒に上海に渡った長男の和弘さん(37)。

今どき珍しい孝行息子?、それともアレッ?な息子さんなのかは意見の分かれるところ。

まさか、「残念ですが、先生は上海万博を見るために今日で学校を辞めます」とは言ってないと思うけど・・・

生徒に向けての退職挨拶、どんな話で締めくくったのかが実に気になるところである。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »