« 見たい動画と見たくない動画 | トップページ | 投稿者と流失者、報道姿勢に違和感あり »

2010年11月11日 (木)

大阪市が先か、それとも国か。財政破綻の危険性?

増え続ける国や地方自治体の借金。

財政破綻、国が先かそれとも大阪市が先?  冗談抜きの話になってきたか?

大阪市の平成21年度一般会計決算をまとめたところ、歳出総額は生活保護費などの増加で前年度比7.4%増の1兆6964億円と8年ぶりのプラスに。

一方の歳入は過去最大の減少幅となるものの、それでも地方交付税などの大幅増もあって総額はトントンの1兆6982億円。数字的には黒字。

貯金にあたる内部留保の合計額(21年度末)も想定を上回った数字に。

しかし、ホッと一息入れるには厳しい試算も。

歳出は生活保護費が13.9%増で過去最高に膨張するも、歳入は減るばかり。

このペースでいけば、市の貯金は平成24年度には底をつくとの悲観的な予想もあり。

さらに悪化が進めば27年には「財政再生団体」に転落、お笑いの街大阪から、市民の笑い顔がなくなるおそれも。

財政破綻、「大阪市に先を越されては国の恥、負けてたまるか」、まさかそんなプライドはないとは思うが、国の借金も負けてはいない。

財務省は10日、国債や政府短期証券、借入金の残高を合計した「国の借金」が9月末時点で908兆8617億円と発表。

人口で割ってみると、国民1人当たり約714万円の借金を負っている計算になるらしい。

逆にとらえれば私達ニッポン人のひとりひとり、赤ちゃんからじいちゃんばあちゃんまで結構な金貸しだ。

管理人      「金貸しと聞けば武富士もつぶれたしなあ」

頭のきれる役人 「こうなったら景気よく国債も市債も刷りまくって、お隣の大国中国にたくさん買って頂いて・・・・・」

管理人      「でも、返せなくなったら・・・」

頭のきれる役人 「そんなの返せないんだからしようがないでしょ」

いかがでしょうか?

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

名古屋の税理士 柳和弘税理士事務所 ↑ ↑ ↑一日に一度だけで結構です

|

« 見たい動画と見たくない動画 | トップページ | 投稿者と流失者、報道姿勢に違和感あり »

コメント

> 管理人様

とりあえず、対中国の決め技は、「浴びせ倒し」というところでしょうか?うっちゃりが恐いですけれども・・・

投稿: tenjin95 | 2010年11月11日 (木) 17時32分

tenjinさん、こんにちは。

決め技ですがやはり、「浴びせ倒し」か「ねこだまし」かの選択になろうかと?

ただ、その後の審議、「もの言い」で大荒れの予感も。

投稿: バッキー | 2010年11月12日 (金) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/49996015

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市が先か、それとも国か。財政破綻の危険性?:

« 見たい動画と見たくない動画 | トップページ | 投稿者と流失者、報道姿勢に違和感あり »