« 就活やめて一発人生賭けてみるのも悪くないか | トップページ | こんにゃくゼリー訴訟、判決結果は妥当か不当か »

2010年11月17日 (水)

死刑判決にちょっと安心、でも裁判員の方たちのフォローは必要だ

今頃反省したってねえ。

これほどの残虐事件で死刑判決が出されなければ、殺人事件、ふたりまでなら死刑はなしになる。

判決言い渡しの後に、裁判長が発した「控訴の申し立てを勧めたい」の説諭。

今ひとつ真意がどこにあったのかが理解不能。

また、会見に応じた裁判員のひとりの方が、 「すごく悩んだ。何回も涙を流した」とのコメントを出されていたが、こっちのコメントと流した涙の意味もよく分からない。

営利目的で男性2人の首を生きたまま電ノコで切断、遺体を切断して遺棄。事実認定については相違なく、冤罪のおそれも無い。

普通に考えれば極悪人の所業、極刑以外の選択はないようにも思いますが。

凄惨な事件、法廷にだされた証拠写真も容易に想像がつく。

裁判員たちの精神面でのフォロー、是非ともお願いいたします。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 就活やめて一発人生賭けてみるのも悪くないか | トップページ | こんにゃくゼリー訴訟、判決結果は妥当か不当か »

コメント

お久しぶりです。イオリスです。
私が裁判員制度に反対な理由の一つがこれなんですよ。裁判員の場合、精神的なフォローをする必要が裁判官より大きいからです。もちろん、精神的におかしくなるような裁判員はさっさとおかしくなるがよい、と言っていい訳ではありませんし。


しかも、量刑は大体判例通り。「耳かき店員殺人事件」は2人でも単純な殺人だから死刑は回避されたのでしょう。今回は、強盗や残虐性の問題で死刑になった。

私は、国民に量刑判断させるのは反対ですね。裁判員の精神的負担が大きすぎる。

投稿: イオリス | 2010年11月18日 (木) 10時11分

イオリスさん、おはようございます。

国民の社会参加、言い換えれば義務ともいえますが、今回の裁判員だけは出来れば当たりたくなかったというのが、今回担当された裁判員の方たちの本音かもしれませんね。

報道で伝え聞く事件の概要だけでもホラーの世界、証拠書類に目を通すのは一般人にとってはトラウマものかと。

なんらかの精神面でのフォローは必要ですね。

「私は、国民に量刑判断させるのは反対ですね」

この点だけは少し相違です。私は酷であっても量刑判断までに賛成しております。

投稿: バッキー | 2010年11月19日 (金) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/50053176

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑判決にちょっと安心、でも裁判員の方たちのフォローは必要だ:

» いずれ出ることですが(裁判員裁判初の死刑判決) [現代徒然草]
裁判員裁判の厳しい点、それは(ランダムに選ばれた)市民が死刑判決にも関与することでしょう。今日、その死刑判決が初めて裁判員裁判で出されま [続きを読む]

受信: 2010年11月17日 (水) 20時47分

« 就活やめて一発人生賭けてみるのも悪くないか | トップページ | こんにゃくゼリー訴訟、判決結果は妥当か不当か »