« タイガーマスクのエンディング曲が寂しすぎる | トップページ | 我慢がならねえ »

2011年1月13日 (木)

久しぶりに泣いた

テレビドラマを見て泣くのは本当に久しぶりだ。

昨日みていたBSジャパンで再放送中の「俺たちの旅」、馬鹿がひとりで死んだのです

ヤクザあがりの玉三郎(石橋正次)が、カースケ(中村雅俊)たち親友の誰一人にも告げず、ひとり抗争で死んでいくという回だ。

「俺たちの旅」と言われても、若い読者さんにはイマひとつピンとこないかも。

ひと言で書いてしまえば今から35年も前にやっていた青春ドラマの傑作。

デビューしたて若かりし日の中村雅俊とか田中健が出演、社会に縛られずに自由に生きていく姿を描いた青春ドラマだ。

管理人も40代半ばに差しかかる歳になったが、子供心に見ていたこのドラマから受けた影響は極めて大きい。

「ナントカなるか」とか、「それじゃあまたね」なんて考え方は、まさしくドラマに基因する。

きっと同じ思いの40代50代は少なくない筈。

面白い番組もなくテレビ離れが加速する毎日だが、「俺たちの旅」のような、あんな番組なら録画してでも見てみたい。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« タイガーマスクのエンディング曲が寂しすぎる | トップページ | 我慢がならねえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/50573125

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに泣いた:

« タイガーマスクのエンディング曲が寂しすぎる | トップページ | 我慢がならねえ »