« 素晴らしい試合だった。アジア杯日韓戦、日本PK勝ちだ!! | トップページ | マンナンライフ社から手紙がきた »

2011年1月27日 (木)

朝日新聞社の社旗と旭日旗

見た目似た魚の、左ヒラメに右カレイの見分け方じゃないが、

22_2  画像 インターネット検索より

21  画像 インターネット検索より

朝日新聞社の社旗も旭日旗に似ているが、分かり易い「朝」の字が左に寄っている(笑)

旭日旗を見たからって、そんなサルのまねしなくても・・・

守護神GK川島が守り抜き、宿敵韓国を撃破した25日のサッカー・アジア杯準決勝での日韓対決。

せっかく素晴らしい試合だったのに・・・残念だ。

サッカー韓国代表のMF奇誠庸(キ・ソンヨン)選手、日本戦でPKを決めた後に旭日旗を見て感情的になったとかで、カメラに向かってサルのものまねポーズ?

「日本人をばかにした」との批判が出て、韓国のネットで論議を呼んでいるらしい。

まあ、サルのまねした奇選手もひとりの成人男性、どういう考えを持とうが勝手。

でも、こういうニュースを聞くと一気に感動が冷めたのも確かだ。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 素晴らしい試合だった。アジア杯日韓戦、日本PK勝ちだ!! | トップページ | マンナンライフ社から手紙がきた »

コメント

> 管理人様

ちょっと、「旭日旗」について、試合中継時確認できていなかったので、この一件についても、良く分からないのですが、「旭日旗」と聞いて、拙僧も真っ先に「朝日新聞社社旗」を思い浮かべました(笑)

投稿: tenjin95 | 2011年1月27日 (木) 11時12分

tenjinさん、おはようございます。

「旭日旗について、試合中継時確認できていなかったので・・・」

私も同じで未確認です。また問題となったサルマネのポーズも全然気がつきませんでした。

それにしても朝日新聞社の社旗、朝の字が左に寄っているのはシャレなんでしょうかね。

投稿: バッキー | 2011年1月28日 (金) 08時56分

「撃ちてしやまん」を標語にした朝日新聞だもの、とにかく勇ましいのが好きなんでしょうね。

投稿: ニルス | 2012年8月18日 (土) 19時57分

ニルスさん、こんばんは。

先の戦争まではイケイケだった朝日新聞、いくら反省といえどもココまで反日に逆ブレしなくてもと思っています。

「欲しがりません勝つまでは」も朝日でしたかね?

投稿: バッキー | 2012年8月18日 (土) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/50699178

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞社の社旗と旭日旗:

» 韓国・奇誠庸の「サルセレモニー」について [つらつら日暮らし]
極めて残念なニュースですね。 [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 11時11分

» サッカー韓国代表奇誠庸(キ・ソンヨン)選手の日本蔑視の「猿セレモニー」に賛否両論 [しっとう?岩田亜矢那]
AFCアジアカップ2011準決勝で 昨夜、歴史に残る激闘を繰り広げた サッカー日本代表と韓国代表 その試合での韓国代表の行動が 韓国のネット上で議論を呼んでいる。 “奇誠庸(キ・ソンヨン)選手が見せた行動。 奇選手は前半23分にペナルティーキックを決めた後...... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 12時39分

» 韓国の奇誠庸が猿の物まね、日本人蔑視? [あれこれ随想記 ]
韓国の奇誠庸 ( キソンヨン ) がPKで先制ゴールを挙げた後、カメラに向かって猿の物まねをました。 韓国では、「日本人蔑視」だと問題になっているようです。 PK先制で猿の物まね「日本人蔑視」と物議(読売新聞) - goo ニュース 25日にカタール・ドーハで行われた...... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 21時56分

» 腹立つのならしっかり言いなさい [田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)]
延長までもつれ [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 23時17分

» 韓国、奇誠庸「猿マネ」は是か非か [りゅうちゃんミストラル]
アジアカップ準決勝の日韓戦でPKを決めた後、奇誠庸が見せたポーズ。「猿マネ」が話題になっている。   【取材日記】危険な民族主義か、奇誠庸のパフォーマンス(中央日報)こ... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 17時58分

« 素晴らしい試合だった。アジア杯日韓戦、日本PK勝ちだ!! | トップページ | マンナンライフ社から手紙がきた »