« 東海テレビの「ぴーかんテレビ」が打ち切りに | トップページ | 妊婦のお腹を足蹴にするとはサイテーの男 »

2011年8月15日 (月)

終戦記念日に想うこと

今日は66回目の終戦記念日。毎年、8月15日の終戦の日を前にすると必ず見るようにしている動画がある。

「神風特攻隊員たちの遺書」という動画。

内容は敗戦が色濃く迫る中、沖縄や本土防衛の命を受け、爆弾を抱えて敵艦への体当たり攻撃を仕掛けた、「神風特別攻撃隊」の若い隊員らの遺書を綴ったもの。

毎回見るたびに、映像の中の兵士ひとりひとりに自然と手を合わしてしまう。

何度みても何度みても、いつも最後に残るのは重苦しく悲しい思い。

改めて戦争の悲惨さを痛感する。

アジアの国々を巻き込んだ先の戦争で、日本がアジア各国にも多くの犠牲を生んだのは事実。

しかし、かと言って勇敢にも戦って死んでいった私たちの「おじいちゃん世代」、ご先祖らが生きた時代のニッポンを全て否定するつもりはない。

祖国日本の愛する家族や故郷を守るために、己の命をかけて散っていった若い兵士達。

彼ら英霊達の尊い犠牲があっての今の平和なニッポン。

終戦の日、改めて感謝の思いと平和への願いを強く感じる一日としたい。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 東海テレビの「ぴーかんテレビ」が打ち切りに | トップページ | 妊婦のお腹を足蹴にするとはサイテーの男 »

コメント

オイラの思っているような事すべて書いてくれた 次の世代に悲惨な歴史を語り継いで繰り返さないようにしていかなくてはね

投稿: ベンジロウ | 2011年8月16日 (火) 10時03分

ベンジロウさん、こんにちは。

「繰り返さないようにしていかなくてはね」

ほんとそう思う。僕達のご先祖さんたちが命がけで守ってくれた地元やニッポン。
そう思うと仕事も生活も、サボってられません。

投稿: バッキー | 2011年8月16日 (火) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/52478829

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日に想うこと:

« 東海テレビの「ぴーかんテレビ」が打ち切りに | トップページ | 妊婦のお腹を足蹴にするとはサイテーの男 »