« 人間としてどうよ。「日本の大地震をお祝います」だと | トップページ | 便座の温かさが恋しい季節になってきた »

2011年9月30日 (金)

フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ次世代の液晶テレビ

フルハイビジョン4倍の解像度、アップに自信のないキャスターにとっては厳しい踏み絵になりそうだ。

今でも相当にキレイなテレビ画像が一気に加速しそう。

フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ次世代の液晶テレビを、シャープとベンチャー企業のアイキューブド研究所が共同開発。

早くも2012年度半ばの発売を予定しているらしい。

技術の進歩は冷酷。

大画面のフルハイビジョンでみると、顔面アップ時にはハッキリと素肌の良し悪しが確認できる。

それが要因なのかは知らないが、地デジ化移行でテレビ画面から消えていった女性タレントも多い。

気になるのは、「ワールドビジネスサテライト」のメインキャスター小谷真生子の今後。

ご存知テレビ東京系列で放送されている経済報道番組だ。

番組の性質上アップになることの多いニュース番組。

昨夜のWBSを見ていて妙に気になった。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 人間としてどうよ。「日本の大地震をお祝います」だと | トップページ | 便座の温かさが恋しい季節になってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/52869854

この記事へのトラックバック一覧です: フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ次世代の液晶テレビ:

« 人間としてどうよ。「日本の大地震をお祝います」だと | トップページ | 便座の温かさが恋しい季節になってきた »