« ダイハツ KOOZA(クーザ)名古屋公演にいってきた | トップページ | 検索に引っかかりすぎるのも問題だ »

2011年12月16日 (金)

2・テレビの仕事をしてました

Draryutema_2 

過去記事テレビの仕事をしてました」のつづき。

ベタすぎる歌手名、「ジュンとナナ」のネーミングにも痺れるが、曲名がさらに飛んでいる。

「男と女のカットバセ!」とある。

カットバセ!、カタカナ表記に何か意味があるのか?ナゾだ。

さすがは秋元康、20年も前から受け手側へのナゾナゾを忘れていない。

歌手名のジュンとナナ、男の方は元中日ドラゴンズ投手、元国会議員の三沢淳だった。

データ
フォーライフレコード
レコード品番 7K-1001
リリース時期 1988年(昭和63年)7月
価格(当時) 700円

曲名 男と女のカットバセ!  
歌手 ジュンとナナ
作詞 秋元 康
作曲編曲 小泉まさみ

引用 中日ドラゴンズ歴代応援歌/球団歌一覧HPより

確かに先回取材した際、彼女からフォーライフレコードだと聞いていた。

間違いない。彼女の話しは本物だ。

つづく・・・

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« ダイハツ KOOZA(クーザ)名古屋公演にいってきた | トップページ | 検索に引っかかりすぎるのも問題だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/53496267

この記事へのトラックバック一覧です: 2・テレビの仕事をしてました:

« ダイハツ KOOZA(クーザ)名古屋公演にいってきた | トップページ | 検索に引っかかりすぎるのも問題だ »