« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | ビッグダディの子供たち、どうして父親のことを「きよしさん」って呼ぶんだろう? »

2012年1月 4日 (水)

今年も池上解説は外せない

あっという間のお正月、三が日終了でブログも本日より平常運転に。

年明けのツマラナイ番組が多い中、今年は結構テレビが楽しめた。

見たのは新春スペシャルの3本。どれもこれも1本が長い。

2日はテレビ東京系、新春ワイド時代劇 「忠臣蔵~その義その愛~」

主役で堀部安兵衛を演じた内野聖陽と吉良役の柄本明の演技はナカナカ。それに比べて舘ひろしの大石内蔵助は微妙。

どうしても「あぶ刑事」のイメージがついて回ってかナニかが違う。

3日午前は、NHKのBSプレミアム「地球テレビ エル・ムンド」の「自転車探検部」。

世界各国を自転車に乗って見て回るベタな紀行番組にもかかわらず、妙な演出がない分かえって感動的な仕上がりに好印象を。

3日夜はテレビ東京系の「池上彰の世界を見に行く!」。

年の瀬からまたかの池上さんだったが、やはり今年も池上解説は外せない

そんなこんなで久しぶりにテレビを。

マジメに作った番組なら、まだまだテレビの魅力も残っているようだ。


最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | ビッグダディの子供たち、どうして父親のことを「きよしさん」って呼ぶんだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/53650193

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も池上解説は外せない:

« 今年もよろしくお願いいたします | トップページ | ビッグダディの子供たち、どうして父親のことを「きよしさん」って呼ぶんだろう? »