« 河本準一さん、生活保護不正受給の疑惑について何を語ってくれるのか? | トップページ | 女71歳、男55歳はまだまだ旬。明るい高齢化社会の到来です。 »

2012年5月28日 (月)

こんにゃくゼリー訴訟、2審も両親が敗訴

うちのブログの人気シリーズ、「こんにゃくゼリー訴訟」で新たな動きが。

ついに連載も15本超え。そろそろ飽きてきた、そんな読者さんもいそうな感じですが、冷たい事はおっしゃらずお付き合い下さい。

先週25日、大阪高裁でも1審を支持、2審も製造物責任を認めない判決がでたもよう。

参考記事 マンナンライフ社から手紙がきた

       こんにゃくゼリー訴訟、判決結果は妥当か不当か

兵庫県の男児(当時1)が、こんにゃくゼリーをのどに詰まらせ死亡したのは、安全性に欠陥があったためだとして、両親が製造元のマンナンライフ社を相手に、約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が大阪高裁であった。

裁判長は、「窒息の危険性は一定程度認識されていた」と判断。

さらに、「安全性を欠いていたとは認められない」と結論づけ、両親の請求を退けた一審の神戸地裁姫路支部判決を支持して、控訴を棄却した。

素人目にみても、かなり突っ込んで明白にシロクロの認定をしている。

この判決理由、心穏やかに真っ直ぐよめば、「食べさせた方が悪い」とも読めてくる。

裁判における三審制度は国民平等の権利。

やはり、最高裁まであがるのか?

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 河本準一さん、生活保護不正受給の疑惑について何を語ってくれるのか? | トップページ | 女71歳、男55歳はまだまだ旬。明るい高齢化社会の到来です。 »

コメント


亡くなった幼児の冥福を祈るとしてもねぇ~。

両親の怒りの矛先はやはり違うと思いますねぇ。

投稿: “どん” | 2012年5月28日 (月) 23時43分

どんさん、おはようございます。

「怒りの矛先はやはり違うと思いますねぇ」

同感です。ましてや1歳の子供に。悲劇は確かですが、与えた婆ちゃんもどうかと。

投稿: バッキー | 2012年5月29日 (火) 08時19分

上告は確かに権利ですが、誰かこの両親を止めてほしいですね。

言ってはなんですが、こういう親だから子供は死んだのでしょうね。

自分の失敗に向き合えない人間は親になってはいけない、と言う良い例です。

投稿: イオリス | 2012年5月29日 (火) 14時31分

イオリスさん、おはようございます。

相変わらず手厳しいですね(笑)
亡くなった子供さんも不幸ですが、怒りの矛先を勘違いしているご両親も不幸なのかなと。三審制は権利なので個人的には、まあどうぞご自由にと考えています。

投稿: バッキー | 2012年5月30日 (水) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/54797146

この記事へのトラックバック一覧です: こんにゃくゼリー訴訟、2審も両親が敗訴:

« 河本準一さん、生活保護不正受給の疑惑について何を語ってくれるのか? | トップページ | 女71歳、男55歳はまだまだ旬。明るい高齢化社会の到来です。 »