« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

愛の形を「見える化」してみた

Photo_2 
画像引用 衆議院議員 相原史乃オフィシャルブログより

久しぶりに知人のブログを拝見。

ボヨヨヨーン!

不意にも、一瞬で心が奪われてしまった。

これはきっと、今ハヤリの「見える化」に違いない。

ピンクのスーツを着ているが林家パー子とは違う。

史乃さんへ。
画像の利用がNGなら、お手数ですが携帯までご一報を願います。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

女71歳、男55歳はまだまだ旬。明るい高齢化社会の到来です。

71歳のお婆ちゃんと55歳のオッサン。JR奈良駅の駅前広場に忽然と現れた、2人あわせて126歳の元気なカップル逮捕のニュース。

目撃し警察に通報した人も悲劇です。

奈良の熟年カップル、これは飛ばしすぎでしょう。

最近ハヤリの、胸くそ悪い生活保護費の不正受給のニュースよりは幾分マシなんで記事にした。

なんでもJR奈良駅の駅前広場で、公然わいせつの容疑で奈良県大和郡山市の会社員の男(55)と、奈良市の飲食店店員の女(71)が捕まったらしい。

奈良署の調べでは、この熟年カップルは初対面の間柄。

話をしていたら仲良くなった」がエスカレート、駅前広場のベンチで男が下半身を露出し女性が・・・。書いてるこっちまでトロそうに見られるので自主規制。

どうでもいいニュースなんだが、気になったのは2人の大胆すぎる行動力。

どっちが言い出したんだろう? 

71歳女性が想定外の若作りだったのか、

それとも55のオッサンが性欲に負けたのか。

あまりに深すぎるナゾだ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

こんにゃくゼリー訴訟、2審も両親が敗訴

うちのブログの人気シリーズ、「こんにゃくゼリー訴訟」で新たな動きが。

ついに連載も15本超え。そろそろ飽きてきた、そんな読者さんもいそうな感じですが、冷たい事はおっしゃらずお付き合い下さい。

先週25日、大阪高裁でも1審を支持、2審も製造物責任を認めない判決がでたもよう。

参考記事 マンナンライフ社から手紙がきた

       こんにゃくゼリー訴訟、判決結果は妥当か不当か

兵庫県の男児(当時1)が、こんにゃくゼリーをのどに詰まらせ死亡したのは、安全性に欠陥があったためだとして、両親が製造元のマンナンライフ社を相手に、約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が大阪高裁であった。

裁判長は、「窒息の危険性は一定程度認識されていた」と判断。

さらに、「安全性を欠いていたとは認められない」と結論づけ、両親の請求を退けた一審の神戸地裁姫路支部判決を支持して、控訴を棄却した。

素人目にみても、かなり突っ込んで明白にシロクロの認定をしている。

この判決理由、心穏やかに真っ直ぐよめば、「食べさせた方が悪い」とも読めてくる。

裁判における三審制度は国民平等の権利。

やはり、最高裁まであがるのか?

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

河本準一さん、生活保護不正受給の疑惑について何を語ってくれるのか?

今やお笑い界の次長課長から、実母の生活保護不正受給疑惑をバネに、「生活保護需給のカリスマ伝道師」として、華麗なるキャラクター変身に挑戦中のお笑いコンビ、次長課長の河本準一さん。

収まらない騒動と拡大する疑惑、ついに本人が弁明の会見を開くらしい。

週刊誌による「高年収人気芸人の母に生活保護不正受給疑惑」との報道がきっかけで、ネット社会に飛び火。さらに、疑惑の目は国会議員さんにまで到達。

自民党の片山さつき議員、世耕弘成議員を中心に不正疑惑解明への調査が行われるまでに進展した。

日増しに強まる、そんな疑惑報道も意に介せず「沈黙は金なり」を徹底してきた河本準一さんだったがついに決断。

本人が今日、会見を開くらしい。

ナニを語るのか、泣きはあるのか。

伝家の宝刀、「プライバシーに関わることなのでコメントは控えさせていただきます」は発せられるのか。

興味あるところだ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

竹中平蔵の講義はすでに芸の域か

縁あって大村秀章愛知県知事の勉強会で、竹中平蔵さんの講演を聞く機会を得た。

竹中さんといえば小泉政権下での主要閣僚のひとり。そう、あの竹中平蔵さんだ。

話の中身は抜きに、「立て板に水」の諺のごとくスラスラと詰まることなく分かり易い講義内容。

時間がまったく気にならない。恐るべし竹中節。

竹中平蔵(たけなか へいぞう、1951年3月3日)は、日本の実業家、経済学者。慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授・湘南藤沢キャンパス総合政策学部教授。株式会社パソナグループ取締役会長、アカデミーヒルズ理事長。参議院議員(1期)、経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣(第6代)などを歴任した。引用 Wikipediaより。

今はパソナグループ取締役会長さんなんだ。

まったく関係ないけど、そういえばパソナグループの南部靖之社長の元秘書、イチキ姉さん知り合いだったわ。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

ヤクザは高級車に乗っているは過去のことなのか?

プップーって、クラクション鳴らさなくて助かった。真剣、マジやばかったかも。

だらっと窓から出した右腕に絵柄不明のワンポイント。

つや消しの緑と朱色。

あれは!・・・ 

車の窓越しにチラッと見ただけで一瞬で固まった。 

橋下大阪市長の市職員へのアンケートがきっかけで、最近話題となった「入れ墨」の問題。

入れ墨を「タトゥー」と呼んで個性のひとつだとする考えもあるが、良い悪いは抜きにしても、他人様に与える印象は本質的には変わらない。

ヤクザは高級車に乗っているの先入観は過去のこと。

古っるい国産車の場合もあり、気をつけよう触らぬ神に祟りなし。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

いい感じで歳をとってる。JUN SKY WALKER(S)、16年ぶりの新譜CDを聴いてみた。



Jsw_2

なかなか良いじゃない。いい感じで歳をとってる感じ。

再結成後、本格的に活動を再開した90年代前半を代表する人気バンド「JUN SKY WALKER(S)」。

16年ぶりにリリースした新譜CD。早速、聴いてみた。

CDタイトルは「LOST&FOUND」。24%オフに加えてDVD付きだったんで、お得な初回限定盤の方を購入。

個人的には5曲目の「NO FUTURE」と8曲目の「青春」がアルバムの中では1番2番のお気に入り。

買おうかやめようか、判断基準にしているアマゾンの購入レビュー、今回は当たりだったようだ。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

支部の定期総会

今日は午後から、税理士会の支部定期総会と政治連盟の総会。

ちゃんと会務はこなしたつもりだが、それでも朝から気が重い。

これまで前の方には、司会で2度ほど経験したが、今日は執行部の立場。

プレッシャーの質が違う感じ。

なんで自分がそんなとこに座っているのか、1年経った今でも実感がない。

定例会とか総会とか大勢の場だと、突然、張りきって質問しだすようなのもいるし・・・

しゃんしゃんと、無事に終わってほしい。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

節電通報窓口なんて、かの国のようだ

間近に迫った暑い夏。「デンキが足りない足りません」と、電力不足が懸念される関西圏にとっては深刻な問題だ。

そんな状況下、大阪府市エネルギー戦略会議で示された独自の節電策が飛んでいる。

関電管内の役所が先頭に立って行う節電や、節電に積極的に取り組む企業や店舗をホームページで紹介する「節電チャレンジSHOP」なんてのは良案かと思う。

ただ、同時に示された市民による「通報制度」には違和感あり。

なんでも、照明が明るすぎるオフィスや店舗を住民が見つけて通報し、中小事業者に節電を促す「節電通報窓口」の設置を予定しているらしい。

ひょっとして、「もしもし市役所さん、ミナミのあのお店、少し明るすぎません」なんて、市民からの電話を想定してるのか?

ここはニッポン、密告が制度化されているかの国とは違う。

節電チクリ窓口設置の意義は分かっても、やはり違和感も残る。

結局、原発が止まったままだと本当に電気は足りないのか、それとも足りるのか。

そこが一番重要な情報だ。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2012年5月13日 (日)

生きているならソレでいい

ひとつの人生は生ききり
あるはずのない時間を生かされているのですから
余計なことはしたくないんです

引用 まちづくりを、心づくりから岐阜市議会議員 大西たかひろのブログより

こんな風に書かれたら誰だって心配するに違いない。

管理人もその1人だ。

先日書いた下の記事、
謎の検索キーワード

 
続・謎の検索キーワード の続報。

失踪、行方不明だと新聞で伝えられていた岐阜の市会議員さん。

不思議と失踪との報道後も、ご自身のブログが更新されている様子。

どうやらお元気のようだ。

余計なお世話だが、勝手に少し心配していたのでホッとした。

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

続・謎の検索キーワード

今さっきアップした記事、「謎の検索キーワード

投稿後、大西隆博さんご本人のブログの他にも何点かの関連記事を読んだところ。

ご本人のブログを何記事が読んだ限りではマジメそうな印象。

と、同時に少し心配にも思える記事内容。

こうして記事にしたのも何かのご縁。

大西隆博さん、もし、この記事を見つけたら右サイドバーの中段にあるフォームからご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の検索キーワード

ブログで記事にした事もなければ失礼だがお名前にも記憶がない。まったく原因不明。

昨日から「大西隆博」さんのキーワード経由で、ブログへのアクセスが増加中。

気になったので「大西隆博」でググってみた。

岐阜市議の大西隆博氏(46)が先月25日頃から行方不明となり、1日、渡辺要議長あてに辞職願が郵送で提出された。引用 読売新聞

どうやら岐阜市の市議さんらしい。

ソレはそうとして、この市議さんとうちのブログ、どうにもアクセスの因果関係が不明だ。

まあ、なんでもいいが新聞記事だけ読むと少し心配になってきた。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

俺にはお前が最後の女。木村祐一が4度目の結婚

お笑いタレントの木村祐一さんと女優の西片凌さんが晴れて結婚へ。

昨年、記事にも書いたが、ナゼこのオッサンがそんなに女性にもてるのか?謎だ。

木村祐一のことはよく知らないがイメージ的には、芸風キレキャラのコワモテ、料理が上手な「オッサン」ぐらいにしか見えない。

あと、とってつければ往年の名プロレスラー、同姓のラッシャー木村に顔が似ているぐらいのもの。

そんな中年オヤジが続ける結婚遍歴。

まさか料理が美味しいだけの理由ではないはず。

そろそろ新規の都市伝説に加えても良さそうな気がする。

4度目の結婚となる木村祐一、「これで最後でございます」と打ち止め宣言らしいが・・・。

♪俺にはお前が最後の女・・・」、山本穣二の 「みちのく ひとり旅」の歌のようになるかは予測不能だ。


*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

たちあがれ吉野家。4月の売上高・客数ともに低調

年齢の影響か、管理人の食の嗜好もお肉からお魚へと変わってきた。

そう言えば吉野家の牛丼もここ何年も食べた記憶がない。

ただ、同じ牛丼でも「すき家」は今でも釣り帰りに時々寄ったりするので、牛丼がキライになった訳ではない。

ナントナク「すき家」の方が味の嗜好に合っているからだけの理由。

ともに牛丼界の両横綱だが、一方の吉野家ホールディングス、売上高が低調を続けている。

7日の発表でも牛丼チェーン「吉野家」の4月の売上高は、既存店ベースで前年同月比8・3%減と1・7%増だった前月から一転してマイナスに。

客数も7・4%減で4カ月連続の前年割れ。

どうやら4月に行った110円引きのキャンペーンも効果が出なかった模様。

売上高、客数減少の原因はハッキリしないが、ニッポンが世界に誇るファストフード「牛丼」の発展拡大のためにも、吉野家さんには頑張ってもらいたい。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

ついに首に

連続ドタキャン、うちのオヤジバンドのベース担当がついに首へ。

45過ぎの社会人、連絡なしのドタキャン、それも連ちゃんではメンバーのテンションも下がる。

悲しいがレッドカードの退場も仕方がない。

3年近くいっしょに練習してきたがダメなものはダメ。

そんな訳であっさりメンバー入れ替え。決めたら即行動は仕事も遊びも同じ姿勢。

新メンバーは大学時代の友人、思いがけず突然のバンド活動、本人も何十年ぶりかに楽器にさわると言っていた。

まずはGW中にベースを買いに楽器屋さんを回るらしい。

現メンバーでの曲ストックがフタ桁を超えたのに・・・

また一からのReスタート。

まあ、いっかあ。

ストーンズのように歳がいっても続けるのが第一。ガムシャラにやらないところがオヤジ達の余裕だ。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

どうしても超えられない壁がある

黄金週間も真ん中あたり、「GWに近場で釣りでも」、そんな読者さんもいる筈。管理人もその一人。

春の一日、頭ん中をカラにして海を眺めてボンヤリ釣りっていうのもナカナカ乙なもの。意外と費用もかからないし。

でも、どうしても超えられない壁がある。イソメとかゴカイとかエビさんとか、グニュグニュ動く生きエサを針に付けることができない。

お箸で掴んでとか専用のエサ付け器とかも使ってみたが、あのグニュグニュな感触とニオイが超えられずにいる。

なによりエサと言っても生きてる虫だ、なんの抵抗もなく針に付けることじたいがやっぱり無理。

ヘタレ釣り師と言われればそれまでだが、出来ないんだから仕方がない。

そんな理由からいつも釣りエサは、ミンチにされたパック入りのアミエビか人工のニセモノを使っている。

新しく何か良いのはないかなあ・・・ 

まずはいつも使っている餌メーカーのHPに。

「生の集魚成分の力でガンガンあたる!」の目をひくキャッチコピー。

釣り餌の分野で有名な会社のマルキユーさんの製品で、先月半ばに発売になったばかりの「海釣りイソメ」という名の人工エサを試しに買ってみた。

どうやらキャッチコピーに釣られて、魚を釣る前に管理人の方が先に釣られてしまったようだ。

気になったのは海への環境負荷について。

本物だと思って食べた魚に害はないの? 海に残ったら環境に影響はないのか?

なによりコレで釣った魚を人間が食べて大丈夫なのか?

自称・環境系税理士、色々と気になってくる。

結論から書けばどうやら問題ないらしい。

会社のホームページによれば、主原料は天然タンパク質と手術用の糸に使われている生分解の水溶性ポリマーなど。水中に残ったとしても微生物に分解されるそうで、魚や人が飲み込んだ場合でもまったく害はないとの事らしい。

大きく書いてることだし素直に信用しておこう。あとは実際に釣れるかどうか。

ぜひGWの連休中に試してみたい。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »