« ナントナク似ているような | トップページ | 1人で勝手に »

2012年6月 8日 (金)

こんな奴まで助ける必要なし

「窓口で待たされて腹が立った」と、生活保護費の受給時に激高、市役所の壁を壊した男が建造物損壊容疑で捕まった。和歌山市に住む45歳の男だ。

賛否はあるものの生活保護制度は最後のセーフティーネット。

管理人、不正があるから一律に無くせとは思っていない。

それでもこの手の受給者まで助ける必要は感じない。

昨日も仕事で区役所に行ったけど2階の生保窓口、何人か座っていた。

栄養が良いのか食べ過ぎか、血色良好、体型プクプクのおばちゃんまで居るし。

区役所の生活保護窓口、2階じゃなくて市民目線のチェックがはいる1階に移した方が良いんじゃない。

早くも今年の流行語大賞の呼び名も高い、上半期の人気キーワードとなった生活保護費の「不正受給」。

幾らかの現金支給は必要だが、不正受給を減らすためにも衣服や食料品、生活雑貨など現金支給から現物支給に変えた方が良さそう。

民主党が掲げたスローガン「コンクリートから人へ」はすでに瓦解、次の選挙、生活保護費の「現金から現物へ」を訴える政党が出てこれば選挙が面白くなる。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« ナントナク似ているような | トップページ | 1人で勝手に »

コメント


食料に関しては現物支給にすることに賛成ですね。後は、生活雑貨などは使用目的範囲限定の地域振興券<ふ・古い((((;゜Д゜)))>
そして、僅かな現金。

地域振興券は、ナンバリングをしておいて配布者と使用者が一致しているかをチェックできるようにするとさらに良いかも?

投稿: “どん” | 2012年6月 8日 (金) 15時41分

どんさん、おはようございます。

「使用目的範囲限定の地域振興券」

地域振興券、何年ぐらい前でしたかありましたね。
物ではなく引換券という手は確かに使えそうです。
使用目的に加えて期限も切ると、更に良いかも。

あと保障費予算の半分を支出している医療費の無料化は廃止して、一般市民と同じ負担割合に。
消費増税の前に生活保護の見直しを望みます。

投稿: バッキー | 2012年6月 9日 (土) 09時23分

生活保護についてですが、これは是非見直しすべき。
医療費よりも、水道料金、公共交通機関の利用費、NHK視聴料、出産費、葬儀費、教育費なんかを有償化すべき。

特に、生活保護を受けているのに出産するのはおかしい。

今の生活保護はまさしく、「生活過保護」です。

投稿: イオリス | 2012年6月11日 (月) 14時44分

イオリスさん、おはようございます。

生活保護の見直しには賛成です。怠け者や不正需給者へは厳しく対処すべきですね。

ただ、「生活保護を受けているのに出産するのはおかしい」については、イオリスさんと分かれます。
それでも、生活の基盤のないままに無責任無計画な子作りには反対です。

投稿: バッキー | 2012年6月12日 (火) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/54905273

この記事へのトラックバック一覧です: こんな奴まで助ける必要なし:

« ナントナク似ているような | トップページ | 1人で勝手に »