« 捜査能力はCIA並か? | トップページ | iPhone、iPad、スマートフォン、どれも持っていないが・・・ »

2012年7月11日 (水)

NHKドラマ10「はつ恋」7話。潤の演技が怖すぎた

展開速すぎ!昨夜のNHKドラマ10「はつ恋」の7話。

NHKだし、まさか三島(伊原剛志)と緑(木村佳乃)があーなるとは読めなかった。

NHKが不倫容認とは・・・ 

予想を裏切るドラマの進行に時間を忘れて見てしまった。

高校時代の「はつ恋」相手との奇跡的な再会、それをきっかけに平穏な家庭生活が一変していく。そんな内容のドラマ。

つい見いってしまう点は、韓流ドラマにハマルおばちゃん達にも近い感覚で悔しい。

公民館で一緒にいる三島と緑の姿を見て、逆上する緑の夫、潤(青木崇高)の演技が怖すぎ。

まさにブチ切れ状態で緑にビンタ炸裂かと思ったぐらいだ。

「はつ恋」、出演者の演技がいい感じ。特に緑役(木村佳乃)の表情がタマラナイ。

残念だったのはラストの息子、健太がバスを必死で追いかけるシーン。あれは余分。尖ってた内容が一気にレトロな演出に逆戻りした。

来週が最終回、どんなラストが待っているのか?

NHKドラマ10「はつ恋」から目が離せない。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 捜査能力はCIA並か? | トップページ | iPhone、iPad、スマートフォン、どれも持っていないが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/55167886

この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ10「はつ恋」7話。潤の演技が怖すぎた:

« 捜査能力はCIA並か? | トップページ | iPhone、iPad、スマートフォン、どれも持っていないが・・・ »