« 気色の悪いネーミング・自殺に追い込む会 | トップページ | 酒やけなのかゴルフ焼けか?いや地黒なのかもしれない »

2012年7月15日 (日)

名古屋ではコレを泥棒とは呼びません

Sn3p00100001_3

散歩途中、森下に「丸明」のオープン発見。そういえば朝刊にチラシが入っていた。

何年か前、表示偽装で大きく世間を賑わせた、あの飛騨牛の「丸明」だ。

過去記事 飛騨牛の「丸明」に行ってみた

気になったのは店の事ではない。開店祝いの花篭に群がる女性たち。

あれよあれよとキレイに盛られた花篭から、手際よく1本2本と花が抜かれていく。

籠から勝手に花を持ち去るなんて信じられん・・・ コレはヒドイ!

そうお怒りの読者さんもいるかと察する。でも、名古屋では新規開店の際には当たり前に見られる光景。

地元名古屋に伝わる古くからの慣習だ。

行為的には「花ドロボウ」、それでも店側も黙認、抜かれる覚悟もしているので警察沙汰になるような事はない。

そんな地元の背景もあって、今も変わらず続いている。

生粋の名古屋人、ナゴヤめし、ナゴヤ弁が全国区に広まったのは嬉しい。ただ、この「花抜き」だけは地域限定でいいかと思っている。

*人気ブログランキングに参加中。読者さんの応援で順位が上がります。さあ、今日の順位は何位かな。クリックは1日1回だけで結構です*

最新の会計ランキングはこちらから→人気ブログランキング

|

« 気色の悪いネーミング・自殺に追い込む会 | トップページ | 酒やけなのかゴルフ焼けか?いや地黒なのかもしれない »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株投資 | 2012年9月10日 (月) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510950/55198791

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ではコレを泥棒とは呼びません:

« 気色の悪いネーミング・自殺に追い込む会 | トップページ | 酒やけなのかゴルフ焼けか?いや地黒なのかもしれない »